CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 担当者から | Main | 海沿いの景観 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
万葉公園[2011年08月23日(Tue)]
万葉公園を、少しウォーキングしてみました足跡



万葉公園には、いろんな場所に万葉集の歌が書かれている歌板が設置されています。


そして、四季折々の植物があちこちに・・・、またそれに関する歌が書かれていました。





 やぶらん・・・根っこが強く複雑に張り巡らされてることから
「思い乱れる」とか、「乱れ恋」とかそういった思いを伝える時に
出てくる植物だそうです。



                    そして、ウォーキングはつづく・・・

Posted by 景観担当 at 15:00 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0)

修復完了![2011年06月16日(Thu)]
  西公園(通称:SL公園)に展示してある蒸気機関車に、落書きがあったことをお伝えしていましたが、この度、無事に修復作業が完了しました!


  作業は、職員が錆止めの塗料を刷毛で塗って、30分くらいで終了しました拍手

  Before ダメ  → → → → → → → → → → → → After まる

 










  落書きは、犯罪行為です。
  建造物損壊罪や、器物損壊罪(3年以下の懲役又は30万円以下の罰金)、軽犯罪法違反などに問われることがあり、ものによっては文化財保護法違反、内容によっては名誉棄損罪や侮辱罪などに問われることもあります。
 
  落書きは、人の財産に傷をつけることです。
  それに、目を顰めるような落書きは決して芸術ではないし、見ていて気持ちのよいものではありません。
  
  このような残念なことが続かないように、誰もが考えることができるといいな…と、思いました。

Posted by 景観担当 at 16:21 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0)

SL公園で![2011年06月06日(Mon)]
 
 公園巡回中に、西公園(通称:SL公園)の蒸気機関車C57156号機に落書きがされているのを発見しました。








 落書きは、このように・・・
 (※個人を特定できるものは削除しています。)





 
 この蒸気機関車は、1975年(昭和50年)3月に当時の日本国有鉄道(現在JR西日本)から借り受けて保存展示しているもので、現在山口線で運行され、“貴婦人”の愛称で親しまれている「SLやまぐち号」と同形式のものです。


 車体の老朽化に伴い、昨年度、修復工事を行ったばかりでした。。。
 
 益田市にやってきて西公園に展示されること35年あまり…
 せっかく美しい“貴婦人”の姿でよみがえったところなのに、とても残念です。

 人は、ちょっとした出来心や軽い気持ちで落書きをするのかもしれませんが、それによって失われたり損なわれたりするのは、物だけではないと思います。
 周囲の景観との調和が損なわれることはもとより、物を大切にする心も失われてしまうのではないでしょうか。

 “貴婦人”は、地域にとっての財産でもあるので、大切にしてください!
 

Posted by 景観担当 at 16:56 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0)

緑の中で、プレイボール[2011年06月06日(Mon)]


2011年6月4日・5日に 日本女子ソフトボールリーグ2部の大会が開かれました。
場所のひとつは、久々茂コミュニティ広場で、
日ごろ、市民の憩いの場として親しまれている多目的な広場です。





日本のトップ選手のみなさんは、近代的なスタジアムで試合することが多く、
きっと、このような会場での試合は、経験が少ないのではないでしょうか?
でも、この自然豊かな緑輝く会場で、力の限りプレイしていただけたようです。


益田の自然いっぱいの会場で、
観戦する側にとっても、白熱した試合が、とても身近で、一体感あふれる大会でした。
選手、役員のみなさん、
 そして、地元で大会誘致に奔走されたみなさん、素敵な大会をありがとうございました。

Posted by 景観担当 at 09:07 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0)

UFO!?[2011年04月27日(Wed)]
益田市の市街地から国道191号を広島方面に向かっていくと・・・

 トンネルを抜けたすぐ左側に・・・・・ちょっと目をひく建物を見ることができます。




 こう遠目に見ると、まるでUFOが着陸したような錯覚・・・?

 “さくらドーム”と命名された施設で、ドームの中では、テニスやフットサルなどを楽しむことができる地域のスポーツの拠点です。周囲には、サッカー場もあり、様々な大会に活用されています。

 山間に突如出現したようなイメージですが、春は、その名のとおり桜に囲まれたり、菜の花とも相性がよく、不思議と田園風景に馴染んで見えます。ここに、スポーツなどのイベントを通じた地域の賑わいがあるからかもしれません。

Posted by 景観担当 at 14:32 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0)

人にやさしい施設を・・・[2011年04月14日(Thu)]


運動公園に整備されている野球場。
このたび、スタンドを改修し、模様替えです。
スタントの座席は、ゆったりめのバリアフリー設計です。このスペースは、「思いやりスペース」と命名され、誰もが使いやすい場所となるようイメージされています。

 






































 スタンドへの通路もスロープ化され、車いすの方や階段での昇降を苦手とする方もらくらくと観客席に入ることができます。さらに、施設の色合いも周囲に配慮し、“一際目立つ”ということがなく周囲に溶け込んだ雰囲気も持ちました。
 運動公園でスポーツに参加して汗を流すだけでなく、新しい球場で野球観戦することも楽しみの一つに加わり、また、模様替えした施設を巡るのも楽しいかもしれません。

Posted by 景観担当 at 15:32 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0)

石州壁瓦[2011年03月08日(Tue)]
2011年2月28日付 日本屋根経済新聞に、今春開局するケーブルテレビ「ひとまろビジョン」の局舎に関する記事が掲載されました。以前、このブログでも紹介していますが、瓦の活用方法も多様化し、屋根から壁へとその用途は広がっているようです。


             =2011年2月28日 日本屋根経済新聞=

Posted by 景観担当 at 09:06 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(4)

公園が泣いている!?[2011年03月04日(Fri)]
都市公園など、利用されている方々が、いつでも安全で安心して立ち寄ることができる憩いの場となるよう定期的に巡回して安全確認を行っています。また、地域の方や事業者に、清掃をお願いし、異常があった場合は、すぐご連絡をいただき、迅速に対応しています。

ある日、この清掃管理をお願いしている事業者からの連絡・・・・。

    園内のトイレが壊れています!!

確認に行ってみると・・・



  陶器の破片あり!









中に入ってみると・・・


   見た目、どこに異常があるのか(・・?

   あの陶器の破片は、何?と思いたくなるのですが、
   やっぱり・・・・こんなことに・・・・




洗面台が二重構造になっているため、上から見た時点では気付きませんでしたが、下部分が、スッポリ抜け落ちた状態でした。これは、どう見ても、普通に使っているうちに、いつの間にか壊れたとは考えにくいのですが・・・・悲しい

 故意に破壊されたと思われるため、警察に被害届を出しました。



このままでは、安全性が損なわれるため、修繕対応中ですが、こんな事件が発生するたびに、本来なら支出することがない修繕費が発生します。加害者が見つからない以上、全額公費対応(つまり税金)です。つまり、施設の破損、公費の支出と二重に大切な財産が損なわれることになります。

景観に配慮しながら造った公共施設。
みなさんに使っていただいて、その価値も大きくなり、
まちの賑わいや活性化の拠点になっていきます。
でも、一部の人の心ない行動が、その機能を損なわせてしまうこともあります。
今一度、みんなの財産であることを思い浮かべていただければと思います。
それが、みんなの笑顔につながる第一歩ではないでしょうか笑顔

Posted by 景観担当 at 10:00 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0)

前へ