CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 小道 | Main | 視察 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
オブジェで親近感[2012年11月14日(Wed)]
ここは、福岡市美術館。
館内で展示物を鑑賞して外に出ると・・・・
福岡の南瓜

どこかで、見たことある!

  それは・・・・
  グラントワの南瓜
益田市内の島根県立芸術文化センター「グラントワ」にあるオブジェと同じなんです。
草間彌生先生の「南瓜」のオブジェ。
聞くところによると、この「南瓜」は、アートの島として有名な「直島」にもあって、全国3つのうち一つがグラントワにあるということなのですが、ということになると、福岡でも発見したから・・・

   直島・福岡市美術館・グラントワで、3つexclamation&question

同じオブジェを通じて、町がつながっているように感じませんか?わーい(嬉しい顔)

MP

Posted by 景観担当 at 13:35 | ランドマーク | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

スカイツリー(^_^)/[2012年05月28日(Mon)]
先週火曜日にオープンしました。東京スカイツリー!

※澄川喜一さん監修(グラントワセンター長・第2回 益田市まちづくり景観賞 選考委員)

P5250035.JPG

東京に、行かれた方からのお土産でした。ただ今旬exclamationなお土産ですね。

皆さん、東京に行かれた際には、是非眺めてみましょう。

Posted by 景観担当 at 13:50 | ランドマーク | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

広葉樹ではない!?[2011年08月11日(Thu)]


秋の彩りとしての印象が強いイチョウ。
このシーズンは、こんなに濃い緑をしているんですね。
樹齢を重ねた樹木は、その地域のシンボル的な存在で
その地域をずっと見守ってくれている・・・そんな大きな存在感がありますね。

都会では、イチョウ並木として整備されているところも多く、
県や市町村など、その自治体の「木」として指定されているところも多いようです。

ところで、落ち葉をイメージするこのイチョウ、
  実は、広葉樹ではないということをご存知でしょうか?
広葉樹は=被子植物なので、裸子植物に属するイチョウさんは・・・・
  広葉樹には該当しないそうです。


  それでは、葉っぱが広いけど、、針葉樹なの?

 そこは、針葉樹は、「葉が針のように細長いもの」を指すようですので、イチョウは、針葉樹には分類されないそうです。

 結局、イチョウは、広葉樹でも針葉樹でもないということだそうです。(ウィキペディアより)


それにしても、この暑い夏を乗り越えたら、
黄色に衣替えしたイチョウさんが、秋の雰囲気たっぷりに、和ませてくれることでしょうね。

Posted by 景観担当 at 09:25 | ランドマーク | この記事のURL | コメント(0)