CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 夜景 | Main | ランドマーク »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
津田を探検…[2012年08月24日(Fri)]
 木部に続いて、津田も歩いてみました足足
津田



 こちらも、家と家の間を縫うように、生活道が張り巡らされています。


 
津田
























海沿いの集落の特徴であり、魅力の一つでもあります揺れるハート

津田






 細く狭い道沿いには、
 

 
  ブロック塀の外構が多く見られましたが、




  少し大きな通りに面した家では、




    このように…




      和を感じさせる板張りの外構も!

            ↓
            ↓
            ↓

津田

 こちらは、外壁もほとんどが板張りで、何というか…存在感を感じさせる雰囲気の家です。

 
 歩いてみて、海沿いの家屋には、外壁が板張りや漆喰のものが多いように感じましたが、調べてみると塩害対策のひとつなのだとか。


 今では建築技術が発達しているので、海沿いであっても色々な建材が用いられ、様々な様式の家が建築可能となっているそうですが、塩害に対処した建築様式が限られていた頃の名残で、家並みに統一性があるのかもしれません。


 海風を防ぎながら、海と一緒に生活してきた先人の知恵から生まれた「生活景観」といったところでしょうか。


 
 そして目!!
津田 
 こんな素敵なデザインの住宅が!


 もとは、蔵だったのではないかと想像させる外観です。
(今でも蔵なのでしょうか?通りがかった時には住宅にも見えましたもので…)


 斬新ですが、昔ながらの建築素材を選ぶことで違和感を感じさせませんねわーい(嬉しい顔)


 色々と勉強になった「ひとりまち歩き」でした。

Posted by 景観担当 at 11:53 | 小道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

木部を探検…[2012年08月16日(Thu)]
 木部町をてくてく…足足
 ひとりまちあるきを実施してみました。つばめ

 軒先で、つばめが羽を休めていましたわーい(嬉しい顔) 

 おや。
 こちらの玄関先は、なんだかおしゃれな工夫がされていますね!
 
 郵便受けを兼ねているのでしょうか…?
 木が使われていると、柔らかい印象を受けます。

 













生垣
 


 こちらは、敷地に沿って生垣が整えられています。


 道路にも沿う形になっており、緩やかな曲線を描いています。

 集落自体が海岸線に沿っているからでしょうか。
 集落の中を通る道は、少し曲がりくねっていて先が見通せないため、次々に現れる家並みが、新鮮に映ります。













 さて。
 木部町も海沿いの集落なので、小道が多くあります。

           あっちを見ても…
小道
 

                  こっちを見ても…
小道

       
       生活道を兼ねた小道が、家々の間を網羅しています。

                そして…
海へ…
 
             小道は海へと続いているのでしたわーい(嬉しい顔) 

 

Posted by 景観担当 at 10:41 | 小道 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ヒミツの…[2012年04月16日(Mon)]
 こちらは、美都町笹倉のとある小道です。
さくら(笹倉) 


 ここの桜が好きで、毎年お花見に来ていますわーい(嬉しい顔)



 
 木の本数はそんなに多くないのですが、谷側の枝の姿がとてもキレイなのですexclamation(と、個人的には思っています)






さくら(笹倉2)






 この時期は、桜の色が山々の緑に彩りを添えて、どこを見ても『春爛漫』という独特の穏やかさが感じられる季節だと思います。


 市街地では、あっという間に桜前線が通過してしまいましたが、山間部ではもうちょっと楽しめるのではないでしょうか。

 見逃した人は、匹見方面へgo! 


 B

Posted by 景観担当 at 11:19 | 小道 | この記事のURL | コメント(0)

こ〜こはど〜この♪[2012年03月08日(Thu)]
細道じゃ〜るんるん
。。。というほど、細道でもないのですが、気になる道を発見目tuda6.jpg

 こちらは、津田川沿いの上津田地区でのひとコマですカメラ

  曲がっている道だけに、ちょっと気になるその先には…

    こんな風景が!!       
         tuda5.jpg

          冬に撮影したものなのですが、
           陽光に照らされて、あたたか味を感じる農村風景でした晴れ

Posted by 景観担当 at 08:55 | 小道 | この記事のURL | コメント(0)

まち歩きin幕張[2012年02月16日(Thu)]
 このところ、若干外部ネタが頻繁な当ブログですが、またしても…汗

 千葉市花見川区の幕張駅周辺でのまち歩きに参加しました。
 
  天候は、「雪雪
  デジカメを持つ手も、かじかむ寒さです困った

 
 小道を発見!!
 
 こちらの地区は、もともと海沿いの町だったそうで、細い路地がたくさんあるそうです。
 益田の漁村も「どこへ続くのか!?」と思わせる、先の見えない路地が多いのを思い出しました。

            
 

 ここでも、飯浦地区のように「かくれんぼ大会」ができるでしょうか笑顔
 



 しばらくまち歩きを続けると…


 路地の先に
 赤瓦の屋根を発見びっくり
     

 でも、やっぱりこちらでは赤い瓦は珍しく、黒瓦や洋瓦、スレート屋根が主流の様子です。。。


 
 益田との相似点と相違点を発見し、土地それぞれの文化や歴史を考えたまち歩きでした。 
 

Posted by 景観担当 at 22:48 | 小道 | この記事のURL | コメント(0)

かくれてみますか?[2011年11月22日(Tue)]



     ほとんどの家の横にはこのような小道が走る

 ついつい通ってみたくなります。




そして、かくれて“わあっ”と驚かしてみたり・・・
                    
                    してみたいですね笑顔



この小道は、人が通るだけではなくの通り道として


あるのだと聞きました。なるほど〜暴風対策ですね。





そして、このようなトンネルがありました。トンネルを抜けると・・・何があったのでしょうか・・・




この続は・・・次回で・・・

Posted by 景観担当 at 16:37 | 小道 | この記事のURL | コメント(0)

水音を聞きながら[2011年11月11日(Fri)]
 三宅町で、水路に並走する小道を発見カメラ

 生活に密着した水路なのでしょうか。
   階段が設置されていました。



    
 昔は、ここで野菜を洗ったりとかもあったのでしょうか???






 









道なりに進んで行くと…



 年月を感じさせる土蔵が!



 こちらにも、水路に橋が渡してあったり、水路へ降りる階段があったりと、水に親しむ生活の一部を垣間見たように感じました。
 




 それに加えて、
 水路に沿って庭木が植えてあって、
 季節を感じさせる彩りがあり、素敵な印象を受けました笑顔

Posted by 景観担当 at 13:35 | 小道 | この記事のURL | コメント(0)

風にそよぐ秋の花[2011年11月07日(Mon)]
 幸町のとある小道に、きれいな紫色の花が咲いていました。
 
 
 ハーブの仲間で、「アメジスト・セージ」
  または、「メキシカン・ブッシュ・セージ」  という名前の花なのだそう笑顔
 
    ビロードのような花が、ひっそりと秋の訪れを告げていました。。。

 
 

Posted by 景観担当 at 17:10 | 小道 | この記事のURL | コメント(0)

柿につられて…[2011年10月31日(Mon)]
     水分町でのひとコマです。






  ここにはあまり写っていませんが、柿の色が目に鮮やかだったので、柿の木付近まで歩いて、振り返るとこんな景色でした笑顔











 道の向こうに、赤瓦の屋根が多く見えます。


 この角度だと、赤瓦ばっかり(!?)に見えて、ちょっとびっくりしました。
     

Posted by 景観担当 at 15:34 | 小道 | この記事のURL | コメント(0)

道なりに進むと…[2011年09月20日(Tue)]
         水分町には、こんな道が多くあります。


 それぞれが、枝分かれしてつながっているので、思いもかけないところに辿り着いたりします。

 この先には。。。





「水分神社」がありました!



 地元の人には何でもないことかもしれませんが、知らない道の先で出会う風景には、少なからず驚かされます。

 新しい発見をした気分になったりして笑顔




 この辺りは、きっと空から見ると迷路みたいに見えるのでは…?

 と、思わず道草を食ってしまいました。

Posted by 景観担当 at 17:07 | 小道 | この記事のURL | コメント(0)

| 次へ