CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« UFO!? | Main | 竹林にて »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
鏝絵をご存知ですか?[2011年04月27日(Wed)]
  鏝絵[コテ・エ]とは、左官職人が壁を塗る「こて」で絵を描いたものです。

  蔵などにくっついている、あの「レリーフ」のことですね。
 
 みなさんも、どこかで見かけたことがあるのではないでしょうか。


 福を招く物語をはじめ、説話や伝承の登場人物、花鳥風月などが多く描かれる傾向があり、漆喰を着色して用いたカラフルな鏝絵や、白一色のものもあります。

 


 古くから富の象徴として描かれてきた鏝絵。
 益田市には、平成21年度 第17回しまね景観賞で特別賞を受賞した鏝絵があります。



 
  喜阿弥町にあるこの鏝絵は、真っ白な土蔵の壁から、龍が浮き出るように仕上げられています。
  益田市内に現存する鏝絵は、「石見左官」と呼ばれる左官職人によって手懸けられ、現在も約70〜80点の作品が残されているそうです。






 全国的にも、後継者不足は深刻な問題だそうで、ともすれば『幻の技』となりかねない鏝絵の技術ですが、左官の塗り壁が建築物として再評価されるとともに、技術を継承する若者も現れてきているそうです。

 白い壁と赤瓦とが緑の山々と青い空に映えて美しい農村風景の中に、鏝絵の精巧さが光ります。


 石見左官と鏝絵の詳しい情報は、こちらのホームページから

  「鏝なみ・はいけん」  http://www.kotenami.jp/index.html
【中山間地の景観の最新記事】

Posted by 景観担当 at 16:20 | 中山間地の景観 | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/68

コメントする
コメント