CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« こちらも・・・ | Main | 夜桜 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
益田の景観形成事業に関わって【其之参】[2013年04月01日(Mon)]
 私はこの二年間、益田市の各地域で開催した景観ワークショップに参加していきました。

 各地域でおこなったまち歩きやグループディスカッションの中で、地域の人たちと景観について考える機会ができたことは、私自身の大きな経験になったと思います。
 大学の授業だけでは学べないことが多くあり、それを益田市の住民の皆さんと一緒になって、地域の自然や建物、生活の風景など、それぞれの地域の良い景観を発見していく楽しさを学ばせていただきました。
美都町にて.jpg

 二年目は、益田市へ足を運ぶ機会が減ってしまいましたが、私にとって益田市のまちは、建築・景観の素晴らしさを教えてもらった素敵なまちであり続けると思います。

 4月から大学を卒業して、社会人になりますが、また、益田市に立ち寄って、それぞれの地域の景観や風土に触れ、今よりもっと益田市を知りたいと思います。
 二年間という短い間でしたが、益田市役所職員ならび、景観ワークショップに参加していただいた住民のみなさまと活動ができ、感謝いたします。

 ありがとうございました。
近畿大学都市計画研究室
 かわいい近藤かわいい

Posted by 景観担当 at 08:38 | 近畿大学 寄稿 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/534

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント