CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 益田の景観形成事業に関わって【其之壱】 | Main | 蟠竜湖の桜 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
益田の景観形成事業に関わって【其之弐】[2013年03月26日(Tue)]
 私は、大学院の2年間、研究室で益田市の景観事業に関わってきました。
 はじめて益田に来て集落を歩いた時に、関西では見慣れない赤瓦の屋根が載った蔵に少し違和感を感じたことを覚えています。

 私が主に関わったことは、景観ワークショップと景観情報誌です。
 はじめてのテーブルリーダーは益田の地域別景観ワークショップでした。
講座にて、ファシリテーション・グラフィック中

 今年度はリーダー育成講座もあり、ますますプログラムが盛り沢山となり、市役所の皆さんには何かとご迷惑をおかけしたことと思います。

 景観情報誌では、わかりやすく、少しでも景観に興味をもっていただける文章になるよう心掛けました。

 益田に限りませんが、学校を卒業してしまったら、関係が終わりになってしまいがちですが、できれば今後もみなさんとの関係が続けられたらなと勝手に思っていますわーい(嬉しい顔)

 ひとまず、2年間ありがとうございました。

近畿大学大学院
渡辺尚見

Posted by 景観担当 at 09:34 | 近畿大学 寄稿 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/526

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント