CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 春告草(はるつげぐさ) | Main | 大谷町にて »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
長沢2号トンネル[2013年01月31日(Thu)]

 1月31日 長沢2号トンネル貫通式が行われました。
 その流れを少しご紹介します。

長沢2号トンネル (4).JPG


 益田中心部から、匹見町を結ぶ国道488号の長沢の工事現場です。

DSCF4802.JPG


 この様な流れで行われました。

長沢2号トンネル (3).JPG


 いよいよ貫通発破です!!爆音がトンネル内に響きます。

長沢2号トンネル (6).JPG


 幕が開き、皆さん前に進み、代表者が両サイドから1名ずつ上がり、握手!をされ交差します。

長沢2号トンネル (11).JPG


 御神輿も登場しました。

長沢2号トンネル (9).JPG


 そして、鏡開き、万歳三唱などを行い御祝いされました。

 このトンネルが開通しますと、益田中心部からの道のりが約3キロ短くなるということです。

長沢2号トンネル(5).JPG

 そして、この貫通式で頂いた記念品、貫通石です。
 貫通石は、安産の石とも言われているそうですよ。
 最近では、「難関突破・初志貫徹」の意味から、受験生の合格祈願としても珍重されています。

長沢2号トンネル (2).JPG


 完成は来春予定です。                        A☆

Posted by 景観担当 at 13:58 | 公共施設 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/491

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント