CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« ストリートの部品!? | Main | 北風の猛威から身を守る »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
〜第3回景観ワークショップ〜【戸田町・小浜町】[2012年12月17日(Mon)]
 景観ワークショップもいよいよ最終回を迎えました!

    12月15日(土曜日)
      『漁村の生活景を守る』をテーマに開催しましたが…

        心配されていた天候は・・・やっぱり雨小雨
        
会場の様子.jpg

 しかし!!

 そんな悪天候にもかかわらず、地元からも地域外からも沢山の方が参加してくださって、総勢34名でのワークショップとなりましたわーい(嬉しい顔)

 


まちあるき中.jpg



 まちあるきに出発したのは、折悪しく、雨も風も一番ひどい時間帯…

 それでも、戸田町・小浜町ならではの「いいところ」を探して、グループごとにまちを歩きながら、「ここ、いいね!」「これ、どうかな??」というところで立ち止まっては、額縁越しに写真撮影カメラ

 中には、
「いいところと、直したらもっとよくなるところが並んでるから、一緒に写してみよう」
 という発案をされる方もあり、回を重ねて、ワークショップのスタイルが浸透してきたことを感じました。
 
 まちあるき中2.jpg
 小浜海岸も、まちあるきのコースに入っていたのですが…

 海岸沿いは、雨と風に波しぶきが加わって、もう大変!

 そして、寒さもひとしおです。


 でも、参加者のみなさんは、終始笑顔でしたよわーい(嬉しい顔)






 
話し合いの様子.jpg
 まちあるきから戻ってこられたみなさんは、どなたもずぶぬれでしたもうやだ〜(悲しい顔)
 それでも、グループでの話し合いに入ると、寒さも雫も吹き飛ばす勢いで、熱心に話し合われていました。

 各グループからの発表の際には、
○女性をターゲットに衣比寿神社をパワースポットとして売り出そう
  キャッチコピーは、
 「山陰のモン・サン・ミッシェルぴかぴか(新しい)
○空き家を、赤瓦やまち並みの資料館として活用家
○格式のある家が多いので、次の世代に残していこう

 …などをはじめとした、沢山の提案がありました。

 近畿大学 脇田教授からは、
「よく“何もないから”という言葉を耳にするが、実は足元に素晴らしいものがある。
 ここには、もともと家屋に統一感があるので、今後の取り組み次第では、かつての美しいまち並みを再現できるかもしれない。
 この地区には、すごく美しいまち並みになれる可能性がある。」
  というまとめの言葉を頂きました。

 益田市景観ワークショップ史上、はじめて最初から最後まで雨に降られてしまいましたが、参加者のみなさんからは、「雨ならではの景観を見ることができた」という前向きな言葉も頂き、無事に終えることができました。

 参加者のみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました!
 みなさん、風邪を引いたりしていないか心配ですが… 

Posted by 景観担当 at 15:15 | 景観WS | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/472

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント