CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« ・・・雪・・・ | Main | ストリートの部品!? »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
おおきな赤瓦屋根[2012年12月14日(Fri)]
 空から、(少し前の写真です)
 今見えていますのは、島根県立芸術文化センター(グラントワ)です。
全国でも珍しい美術館と劇場が一体となった施設です。敷地面積36,000u 延べ床面積19,000u コンクリート32,500㎥ 鉄筋4,400tと膨大な建物です。おおきな(グラン)屋根(トワ)フランス語だそうです。
 建物を光彩を放って覆っているのは石州瓦です。屋根瓦12万枚 壁瓦16万枚使用されています。石見地方では、多くの屋根で赤瓦が使用されていて、地域の特徴でもあります。
 赤瓦の光彩は、赤茶で見える時もあるし、光の角度によっては金色に輝きます。青空が広がれば薄いブルー色、夕暮れ時にはわずかに緑色になります。不思議な体験は益田ご来場の際お寄りください。
 中庭は45m四方で、中央には25m四方の水盤があり、先日ブログで紹介しましたが、季節がら今はクリスマスツリィーが飾り付けてあります。
P2240403 - 1.JPG


 ズームインし地上に降りると、正面玄関前に御影石のモニュメント「おろち」君が出迎えてくれます。石見神楽の演目にあります大蛇(おろち)をテーマとされたようです。「おろち」の「おろ」は、古語で、高い峰や丘を意味し、「ち」は神をあらわす、竜、蛇形の鬼、神は地上、水中、空中に住み、宇宙を自在に支配する力を持つというから、マンガ「ドラゴンボール」にでてくる神龍(シェンロン)みたいなものかな?(内容はグラントワHPより)
P325039-2.JPG

もう一か所瞬間移動し、御影石のモニュメントを紹介しましょう、東京のスカイツリーの足元光景です。

P11132-3.JPG

どちらのモニュメントも共通しているのは、スカイツリーのデザイン監修された、グラントワのセンター長でもあります、島根県吉賀町出身で、彫刻家で澄川喜一先生(元東京藝術大学学長)の作品です。    k


 

Posted by 景観担当 at 12:28 | 赤瓦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/470

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント