CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 屋根より高いです。 | Main | 街路樹 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
益田東高校美術部から絵画が寄贈されました![2012年04月27日(Fri)]
 第1回まちづくり景観賞では「準グランプリ」を受賞、第2回まちづくり景観賞では「選考委員特別賞」に輝いた「益田東高等学校美術部」から、部員のみなさんが製作された絵画6点が益田市へ寄贈されましたわーい(嬉しい顔)

寄贈の様子 


 市長に作品を手渡しているのは、美術部部長の正田さんです。
 
 美術部顧問の寺井先生と来庁され、お二人から

  “「古の里」益田”

 を描くことになったきっかけや、今ある益田の景観や風景・遺構そのものを絵画として描くことで残し伝えていこうという「想い」、また、絵画の寄贈に至るまでの経緯などについて、お話を聞くことができました。



 
ちなみに、手渡されている絵画を正面から見たショットは、こちら!
赤い吊り橋(安富橋)
 

 描かれているのは、安富橋です。
 作品名は「赤い吊り橋」

 額に入っているのは、写真じゃないですよ!
 絵なんです!!

 庁内でも、

「絵なんよ」
「え〜っっっ!!目絵なん!?」

 というベタなやり取りが、何度繰り広げられたことか…

 そのくらい、精巧に描かれています。



 寄贈された6点の作品については、4月27日(本日)から5月18日(金曜日)まで、市役所玄関ホールで展示します。
展示.jpg



















展示2.jpg




展示3.jpg

 以降は、市役所内、各総合支所内での展示や、イベント時にブースを設けて展示することを企画しています。

 また、本日の絵画寄贈の様子は、ひとまろビジョンでも放送されますTV
 正田部長さんの独占インタビュー映画もあるとか…



 放送初回は、4月30日(月曜日)17時から!!
それ以降、19時、21時、23時と連続して放映されます。
 お見逃しなく!

 

Posted by 景観担当 at 18:25 | 第2回景観賞 | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/326

コメントする
コメント