CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« ひとまろビジョン | Main | 益田の貴婦人 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
景観シンポジウム企画中です[2011年01月17日(Mon)]
 このブログの設置以来、アクセスの多さにビックリ! です。
 しかも、皆さんのブログやtwiiterで、紹介してくださっているようで、ますます情報発信に“やる気”がでます。打ち上げ花火のように、一発で終わらないように頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 さて、今年度は、多くの方は「益田市の景観」について、一緒に考えるきっかけを持ちたいと思っています。その目的に沿って、「まちづくり景観賞」「ワークショップ」を行っていますが、今年度の総まとめとして、「景観シンポジウム」を開催します。

 プログラムの詳細は、まだ練っている段階ですが、大筋は・・・・

    平成23年2月19日(土)13:30〜17:00
    場所 島根県益田市駅前町 益田市立保健センター大ホール
    第1部 まちづくり景観賞贈呈式
    第2部 シンポジウム(公開討論)
     基調講演 近畿大学理工学部建築学科 脇田祥尚准教授
     研究発表 近畿大学の学生のみなさん
     ワークショップ
      一般的なシンポジウムとは違って、会場のみなさんとの
      意見交換を重視してワークショップを取り入れようと考え
      ています。単に聴くだけではないシンポジウムにご期待
      ください!

  詳細情報は、後日、お伝えしますので、まずは、参加をご検討ください!お待ちしています。

 [予定講師陣]
脇田祥尚氏

近畿大学理工学部建築学科准教授
1969年広島市生まれ
京都大学工学部卒
島根女子短期大学、広島工業大学を経て現職に至る
主な著書:「みんなの都市計画」




(写真:ご本人提供)



澄川喜一氏

第1回益田市まちづくり景観賞選考委員会長
島根県芸術文化センターグラントワ センター長
1931年六日市町(現吉賀町)生まれ
元東京芸術大学学長
日本芸術学院会員に就任
文化功労賞に選出される
東京スカイツリーデザイン監修


(写真:グラントワ提供)


記事:益田市建設部都市デザイン課





Posted by 景観担当 at 12:45 | シンポジウム | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/29

コメントする
コメント