CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 景観シンポジウム2012B | Main | 景観シンポジウム2012@ »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
景観シンポジウム2012A[2012年02月13日(Mon)]
シンポジウムの開幕です。
最初は、主催者を代表して、市長 福原慎太郎がご挨拶申し上げました。



既に、景観賞選考委員の方々は、着席され、資料を片手に、それぞれの団体のプレゼンをお待ちの様子。

入賞団体からは、それぞれ5分程度のプレゼンを行います。合計で、50分にも及ぶプレゼン。しかも、この最終選考は、会場の皆さんからも投票していただく仕組みのため、その真剣さが伝わってきます。


今回プレゼンされる方々です。




パワーポイントを使って発表することが初めての方もいらっしゃいましたが、どの活動も、「知ってほしい」という熱意が伝わる素敵なプレゼンでした。
















さあ、プレゼンテーションが終了し、選考委員による選考会議開始です。その間、会場では基調講演とさせていただきました。

Posted by 景観担当 at 21:40 | シンポジウム | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/279

コメントする
コメント