CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 景観シンポジウム2012A | Main | まち歩きin幕張 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
景観シンポジウム2012@[2012年02月13日(Mon)]
今年度、益田市が景観行政団体となった節目として「景観シンポジウム」を開催しました!

       拍手
       平成24年2月11日 13:30〜16:10
       島根県芸術文化センター(グラントワ)小ホールにて音符

 平成24年2月11日建国記念の日に、この記念イベントをセッティングです。
 今回のシンポジウムでは、まちづくり景観賞最終選考を兼ね、入賞10団体のプレゼンテーションを核としてプログラム構成しています。しかも、会場は、グラントワ小ホール。400人もの人が入れるホールで、そのステージで発表となると、かなり緊張されるかと思います。そこで、事務局と打合せをしながら当日を迎えました。

そんな皆さんの頑張りを、スタッフがぶち壊してもいけませんから、スタッフも綿密な打ち合わせを重ね、当日もリハーサルして本番に備えました。










会場の外側(ホワイエ)では、各団体の活動状況の展示コーナーも用意し、各団体の方々も早朝から展示ブースづくりに大忙しです。そして、皆さん、「賞がどうこうというより、この活動を知っていただく機会となって、感謝しています」とおっしゃっていました。こちらこそ、皆さんの活動に支えられてこその「益田の景観」を実感しています。

さあ、いよいよ受付開始です。
どれくらいの方にお越しいただけるのでしょうか?























      最終的に180人の方々にお越しいただき、
      プレゼンされた方々を含めると200人規模のシンポジウムとなりました。

Posted by 景観担当 at 22:36 | シンポジウム | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/278

コメントする
コメント