CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« ここには・・・ | Main | 景観シンポジウムに向けて… »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
景観視察の旅[2012年01月30日(Mon)]
高速バスで中国山地を横断し、いざ出発とはよかったのですが、
中国山地や山里は、すっかり厚い白化粧ふうの大雪でした。
東北や北海道はこんなもんじゃないでしょうが。
中国道も圧雪状態で、除雪車が一生懸命頑張っていました。
さすがに、某バス会社の運転手さんは、雪道に慣れていますよね。バンバン走ってもスリップせずに、無事新幹線口に少し遅れての到着です。予定の新幹線で乗車することができました。運転手さんに感謝です。








 山陽側の天気は快晴で別の世界にきたみたいです。
 街路樹も気持ちよさそうです。












一路、山陽新幹線で大阪までそれから東海道本線で滋賀県近江八幡市まで
7時間乗り物を乗継滋賀の近江八幡市に到着です。腰がギシギシ悲鳴をあげそうです。
初日は、あまり時間もないので「エコ村」という新しい街を散策しました。上記の写真は団地内の幹線道路です。舗装面になにやら立体に見える模様が描かれています。横断歩道の手前で減速させようとしているのでしょうかね。
新しい団地でほとんどの画地は埋まっていました。300戸ぐらいで一戸建てで統一されています。少し注意深く見てみると、屋根の樋から雨水を軒先の円筒形の入れ物に貯水できるようなものが、どこの家にも設置してあります。また、菜園付きの家がほとんどです、ちょっとした野菜は雨水を利用して作られているのでしょうか。こうゆうところが「エコ村」といわれる由縁かもしれませんね。
 明日は、近江八幡市で風景づくりの研修が予定されています。今夜は、近江牛でも食して明日に臨みます。          明日の様子は、またの機会につづく     kotarou

Posted by 景観担当 at 10:24 | 視察 | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/272

コメントする
コメント