CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る


 益田市では、豊かな自然や風土、そして、長年、培われてきた伝統や歴史、文化などを活かして特色ある景観が形成されています。さらに、それらを美化・保全し、次世代に伝承するための活動も行われています。
 このブログでは、「益田市の魅力ある景観」「景観の形成や保全」「次世代への伝承のための活動」「景観に関する各種イベント」などの情報をお伝えし、身近すぎて、見落としがちなまちの魅力について、様々な視点で再発見したいと考えています。

« 普通のBBQではない? | Main | 漁火 »

プロフィール

景観担当さんの画像
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
テストコメント
狛猪 (07/13) 観ちゃん
漁火 (08/17) のんきゃ
漁火 (08/16) 観ちゃん
益田道路・県道久城インター線 (05/19) のんきゃ
益田道路・県道久城インター線 (05/18)
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/mkeikan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mkeikan/index2_0.xml
QRコード
月別アーカイブ

ジオターゲティング
リンク集
関心の高いキーワード
ご意見、ご質問は、こちらにお寄せください。  toshi@city.masuda.lg.jp
景色の切り取り[2011年08月03日(Wed)]
美しい赤瓦の家並みが、より美しく見えるポイントを探して散策すると・・・

  屋根を見ながら、歩くことになり、
  目に飛び込んでくるのは・・・・

     


            乱立する電柱
            空を遮るように無秩序に張り巡らされた電線
            昔ながらの家並みにそぐわない近代的な建物

困ったどれも、今の生活には欠かせないものであるけど・・・・

ところが、同じ場所でも、見る位置を変えると・・・



こんなにも整然とした町並みに見えるんです。まる

      景観資源を、どの方向から見るとその魅力を引き出すことができるのか
      これが、景観保全の第一歩ではないでしょうか。
      建造物の新設は、私達の生活を充実させるためには、
      欠かせないものです。
      長年培われてきた生活環境と新しいものの調和が重要ですが、
      それぞれの共存を考えるとき
      みんなが守りたいと思う景観資源が、
      一番素敵に見える方向を大切にし、その方向から見たときに
      邪魔と感じるものを配置しないことが、調和につながるのではないでしょうか。


      

Posted by 景観担当 at 16:03 | 赤瓦 | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mkeikan/archive/117

コメントする
コメント