CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«12/12溝辺小PTAの協力に感謝!野球部参戦の「門松づくり」 | Main | 12/23(水)教育講演会「ことばの勉強会」行われる!»
12/23人権週間を終えて「生徒会からの校内放送」 [2020年12月23日(Wed)]
◇ 初のこころみ! 声を届ける生徒会 ◇
 今日は、2学期最後の給食ですね。
 今日は、生徒会からの放送です。
 12月4日から12月10日までは人権週間でしたね。1学期には、生徒会による「いじめ僕越宣言」を行い、一人一人にその思いを書いてもらい、2階の廊下に張り出してあります。
   〜 略 〜
 この人権週間に合わせて、各学級の学活の時間に「誰かに言われてうれしかった言葉」を書いてもらいました。
 今日は、各学級で書かれた「誰かに言われてうれしかった言葉」の一部を発表します。
P1260785.JPG
  【緊張の中、思いを届ける生徒会】

◇ 放送内容の抜粋 ◇
【1年生】
 誰かに言われてうれしかった言葉は、「一人で抱え込まなくてもいいんだよ。話したいことがあればいつでも言って。相談にのるから」という言葉です。自分は、一人じゃないんだなと思い、心が軽くなりました。
【2年生】
 今までかけられてうれしかった言葉は、「頑張れ!」「大丈夫!」という言葉です。ネガティブになっていても「頑張ろう!」という気持ちにさせてくれます。他にも「ありがとう」と言われると、とてもうれしくなります。私は、2年生となり、後輩ができたので、喜んでくれるようなことばが言えるようにしたいです。そして、ケンカをした時には、「ごめんね」と素直に言えるようにしたいと思います。
【3年生】
 これからも大切にしたい言葉は、「ありがとう」や「大丈夫」「すごいね」とか、日ごろのあいさつです。どれも相手も自分もうれしくなる言葉であり、その場の雰囲気が明るくなる言葉です。他にもこのような言葉はたくさんあると思います。たくさんあるとても素晴らしい言葉を大切にしたいです。今までの経験から、自分の言葉に対する考え方や気持ちを見直すことができました。この経験を、今後に生かせるようにしたいです。そして周りの人を笑顔にできるようにしたいです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント