CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2/17 重要 「降雪に伴う明日の登校について」 [2020年02月17日(Mon)]
保護者の皆さまへ

『降雪に伴う明日(2月18日)の登校について

 
 残寒の候、保護者の皆さまにおかれましてはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。また、平素より本校の教育活動について、多大な御理解と御支援を賜り、誠にありがとうございます。
 さて、報道によりますと、今晩から降雪予報が出されていることではありますが、授業の実施は可能であると判断し、明日(2月18日)も、通常通りの方向で考えています。 つきましては、今後の気象情報や周辺状況等に十分留意していただき、下記の事項についての対応をお願いします。



 1 通常通りの登校をお願いします。
 2 場所によっては、積雪や路面が凍結している可能性があります。
   登校については、安全面を留意の上、ご家庭の判断によりお願い
   します。
 ※登校時間までに登校が厳しい場合
  1 8:10までに、学校へ連絡をお願いします。
  2 その後、登校が可能となった段階で、安全に留意の上、登校さ
   てください。その際に登校することを学校へ連絡ください。
  3 今後、状況の変化により、対応が変わる場合は、安心・安全メ
   ールや学校連絡網等で連絡します。


2/5 「今月のお薦めの本」図書室から(^^)/ [2020年02月05日(Wed)]
 今月の「お薦めの本」の紹介者は、養護教諭のK先生と1年生Kさんです。K先生お薦めの本は、名越康文監修 学校では教えてくれない☆ピカピカ☆『自分みがき術もうふりまわされない!怒り・イライラ』です。保健室に置いてあります。他に『スッキリ解消編』などあります。ぜひ!読んで下さい。
 1年生Kさんのお薦めの本は、『ほんとうにあった!世界のミステリー4 未確認 動物UMAの謎』です。世界のいろいろなUMAがたくさんいるよ、どこにいるか、どんなことをするのかなどいろいろと短い文章にまとめられています。ぜひ!読んで下さい。

2-5tosyo.jpg
1/29 「新入生入学説明会」を行いました。 [2020年01月29日(Wed)]
 1月28日(水)5〜6校時に4月に溝辺中へ入学予定の溝辺小と竹子小の6年生32名を対象に数学の「体験授業」と「入学説明会」を行いました。
 体験授業では、3桁の数の割り算を行いました。入学説明会では、生徒会による学校紹介などが行われました。
1-29nyugaku1.png

1-29nyugaku2.png
1/22 「春の祭典」を終えて♪ [2020年01月22日(Wed)]
 惜しくも3年連続「金賞」ならず(>_<) 
 1月18日(土)に行われた第53回鹿児島県中学校音楽コンクール「春の祭典」へ2年生が出場しました。担任のw先生の熱い指導の下、『光が射す方へ』で3年連続「金賞」を目標に朝昼の練習に取組みましたが、今年は惜しくも銀賞でした。しかし、力を出しきった2年生はみんな満足した様子でした。
1-22 harusai.png
 (1月21日の生徒朝会にて)

 「春の祭典」を終えて 2年 I・N
 私はこの「春の祭典」をとても楽しみにしていました。なぜなら、私は習い事として合唱をやっていて、歌を歌うことがとても好きだからです。また、このクラスの仲間と「宝山ホール」という立派なホールで歌えることにとても“ワクワク”した気持ちでいっぱいでした。
 2学期から練習が始まりました。もともとは、「My Own Road」という文化祭で歌った曲を歌う予定でした。私はこの曲を歌っていて、とても好きになりましたが、春の祭典では歌わないことになりました。そして「光の射す方へ」を歌うことになり、2学期後半から練習にクラス一丸となって頑張りました。でも・・・練習では男子の多くがふざけたりしていたので「大丈夫かなぁ!?」と不安でいっぱいでした。そんな感じの練習が続き、3学期になっても本気で練習に取組む人はわずかでした。今まで、先輩方が2年連続で"金賞”をとっていたので、3年連続がかかっていたので、私にとっては大きなプレッシャーでした。本番が迫ってくるうちに「もうダメだ」とか「金賞をとれなかったらどうしよう。」という不安と焦りの気持ちがありました。でも、本番では声をそろえて楽しく歌うことができました。結果は、銀賞でした。私は「一生に一度の春祭だったから“金賞“をとりたかったなぁ。」という悔しいと今思えば、本番までがあっという間で「もう 終ったのか。」という悲しい気持ちになりました。合唱をしている私にとっては、一番いい金賞がとりたかったという気持ちがすごく強いです。もっと早く練習すればよかったなぁと後悔の気持ちはあります。でも、この「春の祭典」で仲間とともに得た経験は大きいと思います。これからも合唱を楽しく続けていきたいです。  
1/21 「感謝を胸に」〜若い目〜へ掲載 [2020年01月21日(Tue)]
2020年(令和2年)1月18日土曜日 南日本新聞〜若い目へ掲載〜

 『感謝を胸に』 溝辺中3年 S・M 
 「お母さん、大嫌い」「まじ、うざい」
 学級でふと聞こえてきた会話だ。まるで自分に言われているようで、胸にぐさっと1本の矢が刺さった。とても苦しくなった。私もこれまで何度となく母に反抗して、同じような言葉を発してきた。その言葉でどれだけ母を傷つけてきたか、考えただけで涙が出てきた。
 今、進路について不安だらけの日々を過ごしている。勉強すればするほど自分の足りない部分が見えてきて、焦ったり落ち込んだりして母に当たってしまう時がある。しかし、そんな時でも母は温かい食事を準備し応援してくれる。
 駄目なことは駄目と叱ってくれ、つらい時は支えてくれる家族がいるからこそ今の私がいる。家族だけではなく友人や学級、先生方など周りの全てに支えられて、安心して学習に集中できる環境がある。それを忘れずに全力で目標に向かって進みたい。卒業と同時に、これまでの感謝の気持ちを言葉で表したいと思う。
1/14 竹箒10本の寄贈していただきました(^^) [2020年01月14日(Tue)]
 ありがとうございます。2年生の祖父が手作りされた竹ぼうきを10本寄贈していただきました。寄贈された竹ぼうきは、丁寧に手作りされたものです。大事に使わせていただきます。このように周りの人に支えられていることに感謝です。
1-14houki.png
 (寄贈していただいたほうきと生徒会整美部部長、副部長)
1/14 「BT(国語)」の様子 [2020年01月14日(Tue)]
 おはようございます。今朝のBT(朝学習:ベーシック・タイム)は、国語の基礎基本問題に取組みました。1・2年生は、物語文、3年生は古文の問題にチャレンジしました。
11-12bt3.png
 (3年生の様子)
11-12bt2.png
 (2年生の様子)
11-12bt1.png
 (1年生の様子)
1/10 「新学期の目標」生徒会代表 [2020年01月10日(Fri)]
「新学期の目標」 生徒会代表 N・T 
 みなさんは、冬休みをどのように過ごしていましたか?!家族でゆっくりと過ごしたり、勉強や部活動、スポーツに励んだりと充実した時間を過ごすことができたでしょうか。
生徒会の新学期の目標は、主に二つあります。一つ目は、「二分前着席、一分前黙想」の徹底です。一人一人が時間を見て行動できれば、それが一番いいのですが、それができていません。ついつい休み時間のおしゃべりが盛り上がったり、
移動教室の後などは準備などが大変だったりして間に合わないときがあります。
しかし、私たちの行動しだいでは、それができると思うからこそ、「二分前着席、一分前黙想」の徹底を目標にしたいと思います。委員長や副委員長の声かけだけに任せず、一人一人が時計を見て行動し、声かけも積極的に行いたいと思います。
 二つ目は、「スタートの時間を守る」という事です。二学期後半は、朝作業やあいさつ運動、朝読書などのとりかかりの時間がしっかり守れていませんでした。時間を守ることはとても大事なことだと思います。生徒会での声かけをして、朝のスタートを気持ちよく始め、落ち着いた雰囲気にしていきたいです。
 この三つの目標はどちらとも「時間」に関わっています。少しずつでも取組を積み重ねていけば、習慣になっていくと思います。生徒会のこの三つの目標を達成できるように、一人一人が考えて行動できるような雰囲気づくりを目指したいと思います。

1-10 seitokai.png
1/9 「冬休みの反省と三学期の目標」 二年生代表 W・S [2020年01月09日(Thu)]
みなさんは、冬休みをどのように過ごしましたか。
 僕はこの冬休みを振り返り反省することが大きく二つあります。一つ目は、生活面です。僕は冬休み初日から熱を出してしまいました。その後は風邪を引くことはありませんでしたが、ついつい夜更かしをしてしまい、早寝・早起きをすることができませんでした。二つ目は、勉強です。冬休みの宿題は計画的に終わらせようと考えていましたが、まだ明日があると思いなかなか勉強を始められませんでした。気がつくと一月になっていてとてもあせりました。それから僕は集中して勉強に取り組みました。
 三年生の0学期といわれる三学期が今日から始まります。この冬休みの反省を生かして三学期の目標を立てました。それは、勉強を毎日コツコツすることです。授業ではしっかりと先生方の話を聞き、毎日少しずつ受験へ向けて今から準備を始めたいと思います。また、冬休み中だらだら過ごしてしまったので、三学期は規則正しく過ごしたいと思います。早寝・早起きを心がけ、風邪を引かないように生活リズムを整えたいと思います。
 みなさんも充実した三学期にしましょう。
1-9sigyo2.jpg
1/9 「三学期の目標」 3年生代表 I・Y [2020年01月09日(Thu)]
皆さん、新年明けましておめでとうございます。今日から三学期が始まります。三学期は僕たち三年生にとって中学校生活最後の学期であり、人生の岐路に立つ大切な時期ででもあります。
 僕は、この三学期を“笑顔”で終われるように三つの目標を立てました。
 一つ目は、「今を戦える人間になること」です。『今を戦えない者に未来を語る資格はない』有名なサッカー選手のロベルト・バッジョ(Roberto Baggio)の名言です。僕はその言葉を初めて知って、「“はっ”(T_T)」としました。僕は何事も「明日から頑張る」と目の前のことから目を背けてしまうことがありました。だからこそ・・・
この言葉が胸にグサッと突き刺さりました。僕は自分のそういった所を見直したいと思い、この冬休みは、「朝から頑張る!!」などとできることを後回しにせずに、一瞬一瞬を大切に一日一日を過ごしてきました。これからも、胸を張って未来を語れるように日々の努力を惜しまないようにしたいです。
 二つ目は、「志望校」の合格です。僕は志望している高校でやりたいことが沢山あります。ある先生のおっしゃっていた「寸暇を惜しんで勉強しろ!!」という言葉を胸に刻んで目標が達成できるように頑張りたいです。
 三つ目は、「学級委員長としての自覚を持つこと」です。これから来る受験を乗り切るためには、クラス全員の心を一つにすることが大切です。委員長として全員が一丸となって受験に立ち向かう雰囲気を作っていきたいです。
 三年間ともに笑ったり、泣いたりしてきた仲間達と過ごすことができる時間は、そう長くはありません。だから、その限られた時間を大切にしてこの三学期を明るく楽しく過ごしてきたいです。
1-9sigyo3.png
| 次へ