CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 感動した演奏»
期待高まる子供三曲演奏 [2010年02月17日(Wed)]





外は寒いが、子供達の熱気が大広間に溢れている。
本番に向けて2月14日は第1回目のリハーサル。
緊張の面持ちで、先生方の調弦を見守っている。
いよいよ講師の先生が登場し、正座をして待つ。
講師は三曲協会企画委員の鶴巻春雲、田村雅楽徽
の両先生。最初の曲は「崖の上のポニョ」。
小学校1年生から中学2年までの10人が1筝と
2筝そして17絃に分かれて演奏する。
さてどうなるか。各師匠や母親が見守る中、開始。
最初はバラつきがあったが、講師の優しい指導で
2回目以降はしっかりと合ってきた。特に17絃
がとても良くリズムを刻んでいる。
1回弾きおわるごとに、周りから拍手が起こる。
途中、休憩がありバレンタインの菓子が配られる。
驚くことに、実質1時間以上、緊張を持続し練習。
とても期待ができる感触が得られ、関係者も安堵。
次は「三段の調」。こちらは小学校の高学年と中学
生ばかり9人。最初のテンポの取り方を会得すると
まとまりが良くなり、田村師が強弱のつけ方を指導
すると、とても良くなり、舞台に出せるくらい。
周りには演奏者を上回る先生や親が見守っていたが
今まで経験したことのない感動を味わった。
急激な少子化の中で、学校の合併や閉校が相次ぎ、
文化・芸術も仕分けされる世の中、子供を取り込む
ことが、生き残りのカギと言っていい。
三曲は中でもマイナーである。こうやって関係者が
協力し合って、後継者を大事に育てることが肝要。
子供たちは緊張しながらも仲間が大勢いる事で気持
の持ち方も変わったと思う。顔の輝きがそれを物語
っていた。3月にもう1度総練習し、いよいよ3月
27日、戦災復興記念ホールで幕開けとなる。
仙台三曲協会の若手会の開幕にこの2曲を演奏する。
今年は明るい話題が出来て、楽しみになってきた。
故村上きみ子さんとの出会い [2009年11月26日(Thu)]



温かい包容力のある笑顔が明るくて、とても「低肺」患者とは思えなかった。
要点を心得た的確なお話しぶりから聡明さがあふれ出ていた。
21年前、河北新報の夕刊に載った記事がきっかけで、チャリテイをすることになり、
東北白鳥会初代会長村上きみ子さんのお宅を訪れた時の第一印象である。
何故か気が合い、何回かチャリテイを重ねることになった。
ある時ふと彼女が笑みを浮かべながら
「三曲は素晴らしい音楽なのに、世間に知られていないことは私たちと同じね」と話した。
私は何度も死線を越えた彼女の直感力に驚いた。
彼女は自分の弱っている身体に鞭打ち、会報作りや、厚生省や県庁、
代議士や医師会、マスコミなどへの陳情に奔走した。
健康な人でもバテるのに、何かに憑かれたように、酸素ボンベを引きながら、
倒れるまでやり通した。低肺で声は小さかったが、潤いある大きな目は迫力十分だった。
今では不十分にしても改善は進み、『低肺』は世間に随分と知られるようになっている。
それに比べ、三曲はどの位普及しただろうか。

私の家内の入院先が彼女の通院先と同じ関係もあり、電話でアドバイスをいただいたり、
わざわざ見舞いにも来てくれた。
本当に姉みたいな感じで、末期がんの家内に接してくれた。
5年前、家内のすぐ後を追うように逝ってしまった。
手痛いダブルパンチに沈みそうになった。
救いは家内が逝った4月から始めた中学での尺八授業であった。
子供達の元気が大きな励みとなった。
生前、彼女からお兄さんの形見と言う一本の尺八をいただいた。
今、授業で大切に使わせてもらっている。

彼女の意思を継いだ東北白鳥会も高齢化が進み、会員も当時の半数近い
170人まで減っている。今回の12月4日のチャリテイ尺八演奏会「寒山竹響」が
少しでも東北白鳥会のお役に立てば、彼女のあの笑顔にまた出会えるような気がする。
尺八道50年記念「寒山竹響」 [2009年10月28日(Wed)]




尺八の魅力に惹かれ、信夫山麓の学寮で、
尺八を吹き始めてから50年の歳月が流れ
ました。信じられないですが、この間、
私はとにかく尺八を吹き続けてきました。
「何故?」と聞かれれば、「好きだから」です。
言い換えれば「吹き続けずに居られない魅力が
ある」ということです。吹けば吹くほど、この単純な
楽器は魅力を増し、深みに誘い込むのです。
「一体何が魅力なのか?」。そう、この音色は吹き込む
に従い、体に融けこみ、琴線を震わせ、陶酔させて
くれるのです。日本人の感性が長年かけて作り上げ
てきた楽器であり、音色なのだからかも知れません。
50年は大きな節目であり、体力的にも最後かと考え、
会を企画しました。共に歩んできた尺八の仲間や
長年お付き合いいただいている三曲の先生方が
一堂に参集され、花を添えてくれます。
尺八本来の魅力もさることながら、尺八のおかげで
沢山の素敵な人たちと知り合うことが出来ました。
これも「竹福」で、私を豊かにする財産になっています。
20年前も同じ趣旨の会を開催しました。
その時と同じ絵と題字です。絵は高倉勝子氏(85)
字は故木下墨東氏です。今回も尺八を吹ける体に
感謝し「低肺」救済のためのチャリテイをいたします。
自ら病に苦しみながら献身的に活動された東北白鳥会
の故村上きみ子会長の笑顔が思い浮かびます。
お寒い中、また師走のお忙しいところですが、
12月4日は会場に足を運んでいただきまして、
小生の節目の音色だけでなく、河西師をはじめ出演いた
だいた方々の三曲の音色に耳を傾けていただき、寒山に
咲く花々をご鑑賞、ご批評を賜りますれば幸いです。


12月4日(金)18時30分開演 イズミテイ21小ホール 前売り2千円。
曲 追い弾き八千代獅子 花咲き山 土声 夕顔 寒月 春の夜 時鳥 尾上の松
「ふるさと浪漫」開幕1カ月に迫る [2009年07月02日(Thu)]

>


はるかな山並みを背景にポコンとした秋の山。
七ツ森を思い浮かべる人は富谷町の人たちだ。
富谷ライオンズクラブがここに根付いて10年。
周年記念に会員による手作りの演奏会を企画。
会員の私が尺八、筝の仲間5人と朗読1名。
それに富谷町に住む泉さんがシンセサイザー。
共通のタイトルは「ふるさと浪漫」である。
「筝・尺八」と「朗読」による民話の世界。
元TBC名アナ小笠原さんの「三枚のお札」と
岩手訛りの田村さんの「花咲き山」が聴き所。
2部はシンセとピアノによる音楽的小宇宙。
高橋泉さんは作曲・演奏もさることながら
映像の構成や照明にもメチャコリである。
ために、舞台監督に百戦錬磨の高橋清博氏、
画面・映像制作の岡島達男氏に依頼、快諾。
1部・2部を通してバックに映像が流れる。
夕焼けの七ツ森から始まり、民話の画面へ。
富谷町の画面から懐かしい軽便鉄道が走る。
「ジュピター」ではシンセと竹の音のコラボ。
昨年暮、県庁ロビコンで斬新さが好評、再演。
最後は会場のみんなと「ふるさと」を合唱。
構想をチョイばらしたが、今からドキドキ。
ばらしついでに、ポスターと1部の画は小生。
題字の揮ごうは威徳寺住職、児玉ライオン。
数年前、首から下が動かぬ病から奇跡の快復。
麻痺の残る右手での揮ごうがまさにピッタリ。
ライオンズの中枢で活躍中の勢いが出ている。
プログラムの広告には、みんなキット驚きだ。
結婚式場、酒造、病院、葬儀屋、お寺、石屋等
まさに人生を一巡する業種となっている。
ライオンの仲間は多種、多様の人の集まり。
目的は1つ。「青少年健全育成のチャリテイ」
富谷町の中学、高校の100名の生徒を招待。
子供らの心に残る「ふるさと」の演奏を祈る。





ドキドキ 「リッちゃん」の初舞台 [2009年05月12日(Tue)]

自分の初舞台は50年ほど昔の話。
大学2年の大学祭での講堂でした。
唇が震えて音が出ず、音を上げた。
今度、孫娘の筝の初舞台を迎える。
まだ始めて2カ月。どんな舞台になるのか。
つい自分の緊張した初舞台を思い出した。
しかし当の本人はいたって平静。
この3月で6才の1年生。怖いもの無し。
目先の変わる入学前に筝の先生についた。
チョイ意地っ張りのリッちゃん。
筝を習わせるのは至難と思われた。
不思議に亡妻の筝をいじって習うと言う。
先生はいきなり5月の演奏会に誘った。
母親はじめ、こちらがビックリ。
本人は他人事のように平静そのもの。
一時は舞台に出ないと言い出す。
ネットで探した衣装を見て出ると言う。
周りがヤキモキしても、練習はしない。
どんな舞台になるのかドキドキである。
舞台を見たいわくわくもある。
小さな主役に振り回され通し。
本番まで1週間を切って心配は募る。
厄介な役を引き受けた橘寿好先生。
私の次男と偶然にも中学の同級生。
お母さんの成子先生とは縁が深い。
大学時代に合奏指導された蕃建先生の
お弟子さんで私を知っていたという。
福島の信夫山は青春時代のシンボル。
あの麓で尺八を吹き、その縁が2代、
3代とつながっている不思議を思う。
5月17日、2時に五橋プラザで開幕。
成子先生のお姉さんも猪苗代から來演。
リッちゃんのフアンも大勢来聴します。
「リッちゃん」頑張れ。



宮城県芸協45周年行事予告 [2009年02月10日(Tue)]

宮城県芸術協会は今年で45周年を迎えます。
記念行事が実行委員会で検討されていますが、日程等を予告しますので、
三曲の会員で芸協メンバーの積極的な参加をお願いします。
開催日は9月27日(日)、前日はリハーサル。
場所はメディアテーク1階フロアがメーン会場です。40回記念の時は
三曲の参加者は生田流の林社中、梅岡友紀子、佐藤佳世子、
山田流の戸部喜久恵社中、村上千寿井、尺八は都山流の皆さんでした。
曲は「みだれ」「本曲紅葉」「美吉野」、茶道部とのコラボ「茶の湯音頭」、
洋舞とのコラボ「光陰」、洋楽とのコラボ「遠野今昔語り」「ものおもう秋に」の7曲。
また体験コーナーでは筝や尺八がを展示し解説と指導をしました。
今回は50周年に向けての中間的な意味合いから、前回ほどの規模では
ありませんが、三曲としてもこの記念事業「芸術ふれあい広場V」に参加して、
県民の皆さんとふれあいの機会を持ちたいものです。
開催日には34名の協会員が有資格者となります。
定期演奏会の2週間前で、下合わせの予定もあろうかと思いますが、
三曲の意気を示しましょう。
三曲の実行委員は三浦韻山、宮澤寒山の2人ですので詳細は
お問い合わせ下さい。