CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«福田栄香「三曲の魅力」を見事に発揮 | Main | 一音成仏 巨竹横山勝也師逝く»
世界に誇る巨人「北斎」の足跡 [2010年07月14日(Wed)]

江戸浮世絵師北斎は桁外れの絵の天才である。
近代西洋美術にも多大なる影響を及ぼしている。
巨人北斎の足跡をたどり、信州は小布施までの旅へ。
7月3日、長野新幹線で長野。さらに長野電鉄乗換。
この電車が田舎の電車と思いきや、展望付きの電車。
全国の電車の寄せ集めらしい。急行で小布施に到着。
目的の「北斎館」まで徒歩。街はこじんまりと綺麗。
木を埋め込んだような気持ちの良い歩道を行く。



「北斎館」は土曜日であったが、中は空いていた。
まずスライドで「北斎の肉筆画」と「小布施の北斎」
を30分位見る。次に版画展示室と肉筆を見る。
包丁の上に半分に切った西瓜があり、半紙が掛けら
れている。その半紙の水を吸った透け具合が見事。
絶筆に近い「富士越龍」もじっくりと堪能。
屋台展示室では二基の祭屋台が置かれ、一つは「龍・
鳳凰」図。鮮やかな赤が印象的。もう一つは「男浪・
女浪」。渦を巻く浪がすべてを呑み込んでしまう迫力。
北斎の直筆の絵が天井に描かれた屋台を牽くお祭り。
なんて豪華な祭かと思う。これを描いたのは85・
86才。しかも晩年、4回もこの小布施に逗留。
江戸から220キロを何日もかけ、歩いて往復。
絵の執念。体力の強靭さ。画狂巨人の面目躍如。
何故こんな田舎に、老いた画狂が通ってきたのか?







その答えが近くに建つ「高井鴻山記念館」にあった。
幕末維新の豪農商で文化人であり先覚者であった彼
は江戸で北斎に会い、知己の間となった。
天保の改革で厳しい取締りを避け、身を寄せた。
彼は北斎のために、家を提供しアトリエとした。
ここから数々の傑作が生み出されたのである。
彼は学問思想にも情熱を傾け、佐久間象山と親交が
あり、大きな木の火鉢を囲んで激論に及び、その度
に火鉢が動かされ、下の畳が擦り切れたそうだ。
二階の押入れには母屋に通じる抜け穴があった。
竜馬の時代。幕末の緊迫感が感じられる。
日本の行く末を憂い、財力を惜しみなく使い、飢饉
には窮民を救い、東京や長野に私塾を開き教育にも
力を注いだ。小布施は文化の香りが高いとの評判は
代々の高井家の家風のおかげかも知れない。
北斎と高井鴻山の間柄。幕末の世情など考えながら
栗林の下を栗ソフトを舐め、舐め、帰路へついた。
長野駅で旅行中、耐えてきた天から大粒の雨が降る
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
ご連絡します。これから暇になりましたから、折々ご連絡します。徳雄
Posted by: 宮沢徳雄  at 2010年07月20日(Tue) 10:28