CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«東北経済倶楽部尺八晴れ舞台 | Main | 西山中学校の尺八卒業演奏»
期待高まる子供三曲演奏 [2010年02月17日(Wed)]





外は寒いが、子供達の熱気が大広間に溢れている。
本番に向けて2月14日は第1回目のリハーサル。
緊張の面持ちで、先生方の調弦を見守っている。
いよいよ講師の先生が登場し、正座をして待つ。
講師は三曲協会企画委員の鶴巻春雲、田村雅楽徽
の両先生。最初の曲は「崖の上のポニョ」。
小学校1年生から中学2年までの10人が1筝と
2筝そして17絃に分かれて演奏する。
さてどうなるか。各師匠や母親が見守る中、開始。
最初はバラつきがあったが、講師の優しい指導で
2回目以降はしっかりと合ってきた。特に17絃
がとても良くリズムを刻んでいる。
1回弾きおわるごとに、周りから拍手が起こる。
途中、休憩がありバレンタインの菓子が配られる。
驚くことに、実質1時間以上、緊張を持続し練習。
とても期待ができる感触が得られ、関係者も安堵。
次は「三段の調」。こちらは小学校の高学年と中学
生ばかり9人。最初のテンポの取り方を会得すると
まとまりが良くなり、田村師が強弱のつけ方を指導
すると、とても良くなり、舞台に出せるくらい。
周りには演奏者を上回る先生や親が見守っていたが
今まで経験したことのない感動を味わった。
急激な少子化の中で、学校の合併や閉校が相次ぎ、
文化・芸術も仕分けされる世の中、子供を取り込む
ことが、生き残りのカギと言っていい。
三曲は中でもマイナーである。こうやって関係者が
協力し合って、後継者を大事に育てることが肝要。
子供たちは緊張しながらも仲間が大勢いる事で気持
の持ち方も変わったと思う。顔の輝きがそれを物語
っていた。3月にもう1度総練習し、いよいよ3月
27日、戦災復興記念ホールで幕開けとなる。
仙台三曲協会の若手会の開幕にこの2曲を演奏する。
今年は明るい話題が出来て、楽しみになってきた。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント