CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«三曲をネットで映像化 | Main | 古巣は灰色 新屋は何色か»
あなたの心に、読む絵本 [2012年06月18日(Mon)]


 絵本は子供達の夢を膨らませ、心を通わすツール。
その絵本の語りのべテラン二人が大人を相手に企画。

小笠原節子、鈴木優子の両氏はTBCと宮城TVの
元アナウンサー。伊勢英子さんの絵本に惚れ込み、
その作品をぜひ大人の人に知ってもらいたいとの思
いから今回のディナーショウを思い立った。

そこに和楽器の筝と尺八の音を織り交ぜて、効果を
出したいということで、私と筝の橘寿好さんに声が
かかった。私のコンサートにいつもアナウンスでお
世話になっている彼女から逆に依頼されて大変嬉し
かった。詩の朗読とのコラボは以前にもやっており
興味のある分野で即、下合わせを何回かやってみた。
前に筝をやっていた彼女は久し振りに、その腕前を
披露することになった。

絵本は「雲のてんらん会」(映写入り)「むぎわらぼ
うし」「木のあかちゃんズ」「はくちょう」「1000
のチェロ」の5話。合間に筝と尺八の演奏が入る。
曲は「夏のうた」「浜辺の歌」「鳥のように」「アメー
ジンググレース」「千の風になって」の5曲。

場所は長町遊楽庵「びすた〜り」。大きな民家をレス
トランに改造した建物。コンサートがよく開かれる。
6月30日本番。50名定員の席は全席予約された
とのこと。期待に応えて、会場一杯に夢の世界が広
がり、夕食が和やかに盛り上がることを祈りたい。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント