CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ブログ進むと、メガネ屋儲かる | Main | 初夏の北陸路への旅»
「ふるさと浪漫」開幕1カ月に迫る [2009年07月02日(Thu)]

>


はるかな山並みを背景にポコンとした秋の山。
七ツ森を思い浮かべる人は富谷町の人たちだ。
富谷ライオンズクラブがここに根付いて10年。
周年記念に会員による手作りの演奏会を企画。
会員の私が尺八、筝の仲間5人と朗読1名。
それに富谷町に住む泉さんがシンセサイザー。
共通のタイトルは「ふるさと浪漫」である。
「筝・尺八」と「朗読」による民話の世界。
元TBC名アナ小笠原さんの「三枚のお札」と
岩手訛りの田村さんの「花咲き山」が聴き所。
2部はシンセとピアノによる音楽的小宇宙。
高橋泉さんは作曲・演奏もさることながら
映像の構成や照明にもメチャコリである。
ために、舞台監督に百戦錬磨の高橋清博氏、
画面・映像制作の岡島達男氏に依頼、快諾。
1部・2部を通してバックに映像が流れる。
夕焼けの七ツ森から始まり、民話の画面へ。
富谷町の画面から懐かしい軽便鉄道が走る。
「ジュピター」ではシンセと竹の音のコラボ。
昨年暮、県庁ロビコンで斬新さが好評、再演。
最後は会場のみんなと「ふるさと」を合唱。
構想をチョイばらしたが、今からドキドキ。
ばらしついでに、ポスターと1部の画は小生。
題字の揮ごうは威徳寺住職、児玉ライオン。
数年前、首から下が動かぬ病から奇跡の快復。
麻痺の残る右手での揮ごうがまさにピッタリ。
ライオンズの中枢で活躍中の勢いが出ている。
プログラムの広告には、みんなキット驚きだ。
結婚式場、酒造、病院、葬儀屋、お寺、石屋等
まさに人生を一巡する業種となっている。
ライオンの仲間は多種、多様の人の集まり。
目的は1つ。「青少年健全育成のチャリテイ」
富谷町の中学、高校の100名の生徒を招待。
子供らの心に残る「ふるさと」の演奏を祈る。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント