CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«我が家に勃発 子猫騒動 | Main | 震災から半年 我が家にも風呂»
老筝曲家1800キロを運転、筝寄贈 [2011年09月14日(Wed)]


仙台三曲協会のホームページに問合せが見つかった。
問合せは私のメールに接続していたが、番号の変更
があったのに、更新を忘れていたため2ヶ月も遅れ
て気が付いた。メールの内容は筝を被災した人に寄
贈したいので誰か紹介して欲しいとのことだった。
お詫びのメールを入れたところ、自分で探して筝を
すでに運んだと返事が来た。その内容を見て驚いた。
ご自宅の柏市から石巻の北上中学校まで往復900
`を筝2面を積んで運んだ。お歳を聞いてまた驚く。
運転したのは73才の女性筝曲家。同乗の旦那さん
は83才という。しかも日帰りしたそうだ。
運転時間はせいぜい1時間位しか持たない私には
とても想像が付かない。最初は名前を伏せていたが
何回かメールの交換をしている内にこの方は高名な
山田流の宗家で高野和之師であることが判明した。
私は何度か東京で三曲演奏会を聴くが、このお方は
大のファンである。背筋をピンと伸ばし、腹から搾
り出すようにして高音から低音まで実に味のある歌
い方である。筝も音が弾け飛んで来るような弾き方。
とてもピンと張り詰めた空気を感じる。

被災地の小野こう子先生を紹介したところ、また筝
を運んで来るという。その日は私が近所の小学校で
三曲の鑑賞と体験授業をすると言ったら是非、覗か
せてくれとメールが来る。そこでつい調子の乗った。
それでは来られたついでに演奏の一節でもお願いで
きないかとメールを送る。結果は真に汗顔の至り。
どんな演奏もお引き受けしますが、いい演奏を弾く
ために徹底的に練習をする。とくに子供たちに聴か
せる時は真剣になる。「ちょこっとやる」ということ
は性格上できない。この日はへとへとになっている
ので勘弁して欲しいと断られた。
真摯な返事はあの演奏振りからも充分に納得できる。
さあ、緊張感が走る。これまで楽しく子供と接して
いたが大先生の見守る中で果たして上手くいくのか。
2回の計、1800キロをかけて、ご自分の愛着あ
る筝を被災地の子供たちのために自ら運ばれる情熱。
このご夫婦の熱い眼が見守る授業やいかに。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント