CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«東日本巨大地震 @ | Main | やる気を起こす励ましの言葉»
暗闇から抜け出る 電気と水  [2011年03月19日(Sat)]

 震災から3日後の深夜、ついに電気がついた。
暗闇からの開放に思わず「ヤッター」と大声を上げた。
夜は室内を歩くにしても、懐中電灯が手放せなかった。
食卓の真ん中には災害用の四角いローソクを立て食事。
次に息子がどこかで手に入れたランタンの下での夕食。
子供3人、大人5人、計8人の粗食ながら賑やかな宴。
片付けで見つけた古いアルバムなど開き、回し見した。
話しが弾んでは、時間が来ると、息子一家は家に帰る。
災害の最中であることをふと忘れる瞬間があるくらい。
私は戦時中の子供の頃を思い出し、遠い感傷に耽った。
電気がつくまで転寝していたので、睡眠は充分だった。
まずTVをつけてみる。画面には津波でズタズタにさ
れた海岸の街が映し出されていた。新聞やラジオと違
い、その臨場感は生々しく説得力を持って迫ってくる。
繰り返しの画面を避け、震災の日に録画していたもの
が気になり、HDVを入れて見る。間違いなく映った。
早速、居住まいを正し見ることにする。題は「邦楽花
舞台・尺八、三橋貴風の世界」。古典本曲の尺八の音色
が心地よく、震災でささくれだった心に沁みてくる。
これに勢いづいて、借りていたDVD「三国志」を4巻
次々に見てしまった。時計は早や4時半に近かった。
気持ちはすっかり高ぶっていた。3日間、暗くなれば
8時前には就眠していた。うっ積が一気に吹き出た。
「生きている」ことは、こういうことかと実感。

昨日、待望の水が出た。午前中、タイルの剥がれた風呂
場を掃除し、湯を張って一週間ぶりに風呂に入った。
少し黒っぽく濁っていたが、頭や体を洗い、湯に浸って
いると、身体の隅からほぐれてきて、幸せな気分になる。
まだ寒い避難所で生活している人達にはまこと申訳ない。
「人間らしい」生活を一日も早く取り戻したいもの。
行政だけでなく、一人一人、何が出来るのか考えたい。
私の風呂は電気式で深夜にタンクの水を温める。だから
タンクから飲み水を出すことが出来てほんとに助かった。
このお湯を近所の人達に分けてあげて、大層、喜ばれた。
普段、疎遠になっているご近所さんと水が縁で近くなる。
ガス欠で車を動かせず、遠くに持っていけないのは残念。
顔も歯も食器も洗濯もトイレも遠慮なく水が使える幸せ。
やはり人間の生活は水に支えられていると改めて実感。
日本は水が清らか。これはどれだけの宝であり、財産か。
無くなって初めて気がつくものの大きな一つであろう。
願わくばこの大気も放射能で汚染しないでと祈るばかり。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント