CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

四季折々の雑記

 30年以上在籍したメディアでは「公」の動きを、その後10年以上は「民」の活動を中心に世の中を見てきた。先行き不透明な縮小社会に中にも、時に「民の活力」という、かすかな光明が見えてきた気もする。そんな思いを記したく思います。


<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
buy website traffic
インド体験記(下) 美の基準 (12/09) TNF広報ファン
音禅法要 (05/31) D.G. Internacional, S.A.
インド体験記(下) 美の基準 (04/17) ヒメ
日本文化、色濃く残すパラオ  (01/27) Bios Agriculture
ニュースから(4) (01/20) ラックバック
「凌霜隊」の街を訪れて (12/29) 早川理恵子
日本文化、色濃く残すパラオ  (10/18) 麻生英明
映画「蟻の兵隊」の試写会に参加して (03/08) 麻生英明
インド体験記(下) 美の基準 (03/08) kemukemu
映画「蟻の兵隊」の試写会に参加して (09/14)
最新トラックバック
インド体験記(下) 美の基準 [2006年02月16日(Thu)]
インド体験記(下) 美の基準

スリム志向


 IT部門を中心に経済が活況を呈し、外資系企業の参入が相次ぐインド。車がひしめき合うデリー、コルカタの幹線道路脇には欧米企業の看板広告が並び、スリムな金髪女性が通行人に微笑み掛ける。
 「ふっくらとした体型こそインド美人」と、素朴に信ずる身にはいささかの違和感も。
価値観は時代とともに変化し、女性の美しさに対する基準も例外ではない。欧米文化の流入でインドの伝統美も変わりつつあるのかー。わずかな体験を基に予断を持って言えば、その兆しはあるものの、大勢は依然、インドの伝統美の中にある。

デリーに住むNGO関係者によると、経済自由化に伴い欧米文化の流入が進むに連れ、若者を中心に太った女性より痩せた女性を美しいとする美意識が台頭。デリー市内ではフィットネスクラブやエステが大盛況という。そう言えば、日本でも、ダイエット効果が高いといわれる「ホットヨガ」が女性に好評と聞く。

伝統美

ガイドブックや資料によると、同じインドでも北と南では民族、風土が違う。美人の定義も、アーリア人が多く住む北インドでは、南に比べ色白を良しとする美白信仰が強いというが、日本流に言えばやや小太りのふっくら型に美の基準を置く点では大きな違いはないようだ。

 ヒンズー教の女神も、ふっくらとした体型をしており、日本の吉祥天女に当たる「ラクシュミー神」、さらに世界遺産であるカジュラホの寺院外壁に彫られた天女象やミトゥナ像(男女交合像)も太目の官能的な体型をしている。

それでは大衆文化の象徴でもある映画はどうか。インドは年間1000本近い製作本数、30億人近くに上る観客数とも世界1。最大の娯楽であり、影響も大きい。日本でも時々,BSなどで放映され、見る限り女優は長い黒髪、くっきりとした目鼻立ちとともに、どちらかと言えば、ふっくら系である。

実際に街を歩いてみた。ガイドブックが「ふくよかで人懐っこい」と記す南部、コルカタの都心。女性の大半は、ゆったりしたワンピースにズボン、ドゥパタと呼ばれる長いスカーフからなるパンジャビスーツかサリー姿。サリーを辞書を引くと「ヒンズー教徒の女性が着る巻き布。幅1メートル、長さ5〜11メートル。ペティコート、チョリと呼ぶ半そでブラウスを着た上、腰から肩に巻き、余りを肩から後ろにまわしたり、頭にかぶる」とある。余りを頭にかぶるのは、年上の男性の前で顔を隠すのが本来の目的とも。

ノーマルサイズ

コルカタでハンセン病の式典が開かれた1月30日。会場近くの広場で談笑するサリー姿の2人の女性が目に付いた。ともに30歳前後でぽっちゃりとした体型。上質のサリーなのか、全体にカラフルな刺繍が施され裾には金色の縁取りがある。柔らかなサリーの布地が体に沿って柔らかなラインを描く。笑顔で話す姿は「これぞインド美人」といった趣き。

一緒にいたWHOの地元関係者は両脇の腹部にのぞく素肌を指した上、「ここがふっくらしているのが美人の条件」と解説した。解説に従えば、やや肥満型の腹部が好ましい、ということになる。確かに腹線が透けて見えるようなスリムな体型とサリーはマッチしないような気もする。

 ホテルに戻り茶店で、現地を案内してくれたコルカタ在住30年の日本婦人にこの話題を持ち掛けた。インド人のウエイター2人も話しに加わり、やはり「痩せすぎの女性は駄目だ」と言う。そこに、インド訪問メンバーのうちの女性が一人、パンジャビスーツ姿で帰着した。日本流に言えばやや太め。本人に失礼を承知でホテルマンに感想を求めると、そろって「何の問題もない。かわいい」との返事。同席した日本婦人も「インドでは彼女こそノーマルサイズ」と言い切った。
                                   (了)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
ありがとうございます。!!!
Posted by:buy website traffic  at 2011年12月09日(Fri) 16:41
なるほど・・
Posted by:D.G. Internacional, S.A.  at 2009年04月17日(Fri) 16:38
井内さん
 ご無沙汰です。インド紀行、楽しく読ませて頂きました。大先輩にこんな一面が、と驚きながら。元気の源がここにあったのかも。今度はオキナワを旅してください。(那覇在住 麻生拝)
Posted by:麻生英明  at 2007年03月08日(Thu) 12:39
宮崎さん
2,3本読みました。堀江メールなんかには追撃が欲しいねえ。日銀総裁なんかも読みたい。期待しています。
火、水、木の昼間はこのメールです。
井内康文
Posted by:井内康文  at 2006年07月13日(Thu) 13:52
「インド訪問メンバーのうちの女性」のことを「やや太め」という表現に留めていただき、ありがとうございます笑いちなみに、アメリカでもノーマルサイズでございました。

それにしても、まさか、現地の通訳さんと店の男の子達も一緒になってお話されていたとは!!脇腹の見えるサリーを着ていなくて、本当に良かったと思いました・・・困った
Posted by:森 啓子  at 2006年02月16日(Thu) 14:45
検索
検索語句
プロフィール

日本財団 宮崎さんの画像
日本財団 宮崎
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/miyazaki/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miyazaki/index2_0.xml