CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年11月 | Main | 2008年01月 »
プロフィール

ぼっけもんさんの画像
ぼっけもん
プロフィール
ブログ
最新記事
最新トラックバック
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/miyako_hiro/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miyako_hiro/index2_0.xml
環境問題[2007年12月11日(Tue)]
先日、このブログに環境問題の書き込みがありました。
よくよく見ると娘からで、内容は先進国と途上国で環境問題についてのとらえ方が違う。
途上国では、環境問題の前に貧困問題(が優先する)というものでした。

以前、8ヶ月ほどタイで生活し、日本とは異なる劣悪な生活環境で地元の人達が生活しているのを目にして、帰国直後にもこうしたことを言っていたのを思い出しました。

確かに現在の地球環境は、経済的に発展したいわゆる先進国が悪化させたと言ってもよいかもしれない。だから、これから経済的に発展しようとする国は、環境に投資することは先進国の尻拭いをさせられる事と考えるかもしれない。
 どの国も国民の生活を豊かにしようとします。でも、その豊かさとはどんな豊かさなのか、そこが重要だと思います。国家のレベルでは、環境問題の前に貧困問題ではなく、環境問題の中で貧困問題を考えていかないと「貧困」は地球全体に拡大していくだろうと思います。
どこかの国ではないけれど、一つの国だけが単独で繁栄し続けることなんてできないですよね。

 それに、今日を生きることに汲々としている人は、何も途上国の人たちだけではありませんよね。経済的に余裕のある人でも同じです。個人のレベルでは、現在の生活スタイルをできるだけ環境負荷の少ないものにしていく。極端な話、「殺人や盗みは悪」と同じように、「環境に負荷をかけることは悪」ということを「思想の遺伝子」として人に定着させ、引き継いでかせるためには、国家の役割が大きいと思うのですが、いかがでしょう。
| 次へ
リンク集
最新コメント
セフ レ
動き始めるか 地域組織 (09/10)
メル 友
動き始めるか 地域組織 (09/10)
ぼっけもん
ブログ開設から (05/23)
こがちゃん
ブログ開設から (05/18)
ぼっけもん
ブログ開設から (05/17)
へんこつ侍
ブログ開設から (05/15)
ぼっけもん
『購う』ものの対象は? (05/15)
へんこつ侍
『購う』ものの対象は? (05/15)
ぼっけもん
第2回笛水ウォークU (05/14)