CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宮城県社会保障推進協議会(宮城県社保協)Annex
宮城県社会保障推進協議会(宮城県社保協)のBlogAnnexです。
医療、介護、福祉など社会保障の充実をめざして、宮城県の39団体が手をつないで活動しています。
« 後期高齢者医療 | Main | 介護 »
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード

-天気予報コム-
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
“震災から10年〜私たちのいのちと生活をどう守るのか” みやぎアピール大行動2021開催に向け 県政記者クラブで記者会見行ってきました![2021年09月19日(Sun)]
スクリーンショット 2021-09-18 204158.png

村井県知事へアピール文提出・要請懇談/コロナ禍・災害で感じた差別や生きづらさ “それでも地域で 私たちは生きていく” みやぎアピール大行動実行委員会[2021年08月21日(Sat)]
スクリーンショット 2021-08-21 163917.jpg

障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領@ 〈宮城県職及び仙台市職員の対応要領〉[2021年08月17日(Tue)]
スクリーンショット 2021-08-17 114856.jpg

「天海訴訟」千葉地裁が障害福祉サービスの打ち切りを適法とした判決に法的論拠はありません 東京高裁での憲法と法律に基づく公正な判決を求める署名の協力を![2021年08月14日(Sat)]
みやぎアピール大行動2011 NEWS No12/誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜[2011年03月12日(Sat)]


みやぎアピール大行動2011 NEWS No12




誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!
〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜
みやぎアピール大行動 2011


2011.3/20.SUN 12:30〜
仙台市民会館 B1F 展示室
みやぎアピール大行動2011 NEWS No11/誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜みやぎアピール大行動 2011[2011年03月06日(Sun)]


みやぎアピール大行動2011 NEWS No11




誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!
〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜
みやぎアピール大行動 2011


2011.3/20.SUN 12:30〜
仙台市民会館 B1F 展示室
みやぎアピール大行動2011 NEWS No10〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜[2011年02月26日(Sat)]


みやぎアピール大行動2011 NEWS No10




誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!
〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜
みやぎアピール大行動 2011


2011.3/20.SUN 12:30〜
仙台市民会館 B1F 展示室

誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜みやぎアピール大行動2011 NEWS No9[2011年02月20日(Sun)]


みやぎアピール大行動2011 NEWS No9




誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!
〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜
みやぎアピール大行動 2011


2011.3/20.SUN 12:30〜
仙台市民会館 B1F 展示室

誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜みやぎアピール大行動2011 NEWS No8[2011年02月12日(Sat)]


みやぎアピール大行動2011 NEWS No8




誰もが暮らしやすい社会をみんなでつくろう!
〜目指すは障害者自立支援法廃止と新制度!〜
みやぎアピール大行動 2011


2011.3/20.SUN 12:30〜
仙台市民会館 B1F 展示室

きょうされん宮城支部市民公開セミナー 104名参加!『「共働」をどのように実現してきたか』[2011年02月06日(Sun)]


きょうされん宮城支部市民公開セミナー 104名参加!
『「共働」をどのように実現してきたか』
〜仕事の価値はみな同じ、その報酬に差をつけない〜

 1/30(日)きょうされん宮城支部・社保協共催で、市民公開セミナーが開催され104名が参加しました。
 講演では『「共働」の理念と有機農業』と題し、障がいを持つ人と社会の中で不利な立場にある人たちが、他の人たちと対等に働き生活しながら、地域の中で、自然や人との関わりを通じて、経済的・社会的自立をどう進めているかを実践から学びました。講師に高野律雄氏を迎え、北海道で有機農業を通し、「共働」の理念を実践してきた中で、「仕事の価値はみな同じ、その報酬に差をつけない」と述べ、参加者からはその実践について多くの質問が寄せられました。
| 次へ