CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宮城県社会保障推進協議会(宮城県社保協)Annex
宮城県社会保障推進協議会(宮城県社保協)のBlogAnnexです。
医療、介護、福祉など社会保障の充実をめざして、宮城県の39団体が手をつないで活動しています。
« ヘルパー介護労働者連絡会 | Main | 2009宮城県知事選挙 »
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード

-天気予報コム-
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
2021年仙台市長選挙 障害福祉の公開質問状−1《障害福祉施策全般・防災関連》[2021年07月27日(Tue)]
スクリーンショット 2021-07-27 092553.jpg

東日本大震災関連/“迷走”奥山恵美子仙台市長・仙台市HPから消されたメッセージ[2011年03月23日(Wed)]
東北関東大震災/“姿なき” 奥山恵美子仙台市長
仙台市HPから消されたメッセージ
被災した100万人仙台市民よりも優先させた
仙台私立学校臨時合同校長会への市長メッセージ


 3 月11 日14 時46 分ごろ発生した地震は、誰もがこれまで経験したことがないマグニチュード9という観測史上最大のものであり、阪神淡路大震災をうわまわる過去最大の規模多数の死者、不明者がでています。
 そうしたかつて経験したことのないまさに「非常事態」の中にありながら、仙台市民へメッセージをいち早く発信するべき奥山恵美子仙台市長は、仙台私立学校臨時合同校長会へのメッセージ(15日付)を優先させ、翌日16日付で仙台市民へのメッセージを発信するという極めて市民感覚を逸脱した異常な実態が明らかになりました。
 恐ろしいことは、現在の仙台市HP「100万市民のみなさまへ」一覧には、仙台私立学校臨時合同校長会へのメッセージ(15日付)が削除されています。

 奥山恵美子仙台市長は、新年の100万人メッセージで「今年もウサギの長い耳で皆様のお声をキャッチし、自慢のフットワークで…」といいながら、これまでの施策で大きな問題になっている全国初の年度途中に行われた公立保育所民間移管現場や住民が反対しているアンパンマンミュージアム建設など現場実態を見ず、市民の声さえも聞かずにきた姿勢は、震災後、今日まで「市長の声を聞かない」「顔が見えない」など、市民からは奥山市長の姿勢を問う声が日増しに高まっています。


仙台市HP/100万市民のみなさまへ(一覧)
http://www.city.sendai.jp/shicho/message_list.html



消された「仙台私立学校臨時合同校長会」へのメッセージ
ストップ 公立保育所民営化!〆木保育所の存続を!奥山仙台市長宛 要請文書を提出![2011年03月02日(Wed)]


ストップ 公立保育所民営化!〆木保育所の存続を!
〆木保育所保護者会有志が2月21日(月)
奥山市長宛 要請文書を提出!


 市立保育所20カ所の民営化方針を打ち出している仙台市は「〆木保育所」(太白区郡山3丁目)が都市計画事業等により建て替えが必要になることを理由に廃止し民営化がすすめられています。
 仙台市は昨年10月から保護者説明会を開かれていますが、保護者からは「〆木保育所を残してほしい」「子どものことを一番に考えてほしい」と切実な声が出されています。しかし、仙台市は「ご理解いただきたい」の一点ばかりというありさまで、保育所選択権をもふみにじるものとなっています。
 今年4月に事業者選定という緊迫した状況もあり、2/21(月)保護者有志代表が奥山仙台市長へ保育所存続を求める要請文を提出しました。

要請事項
 1.〆木保育所を存続させてください。
 2.〆木保育所廃止を前提に民営化の事業所選定を行わないでください。



要請書
仙台市子ども医療費助成制度 STOP!利用者一部負担導入!市民の『希望』を奪い暴走し続ける奥山恵美子仙台市政2011高齢者次は子どもにも容赦なく「応益負担」[2011年02月18日(Fri)]

市民の『希望』を奪い暴走し続ける奥山恵美子仙台市政2011

仙台市新年度予算案/
高齢者の次は子どもにも容赦なく「応益負担」
医療費がかかる世代(3歳〜就学前)へ新たな負担増!

仙台市子ども医療費助成制度 STOP!利用者一部負担導入!

 少子化対策、子育て支援策の一環として、乳幼児医療費助成制度は大きな役割を果たし、昨今の経済状況の中で、子育て世代の経済支援策として改めてその役割が大きなものになっています。
 しかし、1/21河北新報の報道では、来年1月から通院の場合、初診時500円の一部利用者負担。入院の場合、小学生以上1日当たり500円負担と、今まで無料であった乳幼児医療費助成制度に利用者負担を持ち込むなど、制度の大きな後退と受け止め、受診抑制・病状の重度化につながりかねない制度改定について関係団体20名(子ども含む)が参加し要請を実施。仙台市より子供未来局次長他2名が対応し、一部負担中止を求める要請と関連する質問を申し入れました。


《要請事項》

1.来年1月からの乳幼児医療費助成制度利用者一部負担を止めてください。
2.所得制限を撤廃してください。
仙台市新年度予算案「『未来』という名の逃避」市民の『希望』を奪い暴走し続ける奥山恵美子仙台市政2011[2011年02月16日(Wed)]


市民の『希望』を奪い暴走し続ける奥山恵美子仙台市政2011
仙台市新年度予算案「『未来』という名の逃避」

希望保育所に入れない通知 約1100件!〜最多は青葉区 390件
仙台市/認可保育所入所第一次結果送付(2/3付)
被害の拡大と悲劇の連鎖
=なくならない待機児童、止めない公立保育所民営化=

保護者に届けられた「保育所入所申し込み結果」
“…、4月1日の保育所入所にお応えできないこととなり…”


 毎年大きな問題になっている待機児童問題。
 仙台市では全国的に極めて多くの待機児童を抱えながら、公立保育所民営化を続けるという政策を続けられています。
 昨年4/1現在で仙台市内の待機児童数は594人と前年比で26人の減少にとどまり、多くの保護者の想いとはかけ離れた状況が生み出されています。そうした中で仙台市は認可保育所に入れなかった場合に備え、今年度から入所できるかどうかの通知を早め、青葉区では2月3日に申し込み結果を保護者へ郵送しています。
 今回の郵送では、“希望に応えできなかった”結果通知は市内約1100件、青葉区が390件と最多という実態が明らかになりました。(青葉区保健福祉センター)
 仙台市は昨年「待機児童対策は待ったなし。市が今できることを進めたい」と報道紙面で説明していますが、それ以後の〆木保育所民営化の動きなど、市民に背を向け暴走し続ける奥山恵美子仙台市政が更に加速されています。

●------------------------------------------------------------------●

【“希望に応えできなかった”結果通知内容】


仙台市青葉福祉事務所長

保育所入所申込みの結果について

 先に申込みのありましたお子さんの保育所入所につきましては、希望者多数等のため、ご希望の4 月1 日の保育所入所にお応えできないこととなりましたのでお知らせいたします。
 今後、内定者の辞退や退所などにより空きが生じた場合は再度選考を行い、入所可能となった際には改めてご連絡いたします。
 なお、下記の場合には、青葉区家庭健康課子供家庭係までご連絡くださいますようお願いいたします。
 
1 .保育所の入所希望を追加・変更する場合。
2 . 申込みを取り下げる場合。
3 .連絡先(住所・電話番号)を変更した場合。
4 .勤務先を変更した場合。新に勤務先が決定・内定した場合。
(勤務証明書の提出が必要となります。)



実際に届けられた通知


●------------------------------------------------------------------●

次世代を担うこどもたちの健やかな成長を願って
保育所の円滑な運営を図るとともに、
多様化する保育需要に積極的に対応し、
保育事業の一層の充実に努めてまいりますので、
みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。


↑認可保育所申し込み結果に同封された 仙台市子供未来局「保護者のみなさまへ」文書より



通知と同封されてきた文書


●------------------------------------------------------------------●