• もっと見る
宮城県社会保障推進協議会(宮城県社保協)Annex
宮城県社会保障推進協議会(宮城県社保協)のBlogAnnexです。
医療、介護、福祉など社会保障の充実をめざして、宮城県の39団体が手をつないで活動しています。
« 介護の現場から 〜聞きたい!知りたい!話したい!〜介護をしているみんなのつどい 開催のお知らせ | Main | 仙台市子ども医療費助成制度 STOP!利用者一部負担導入!市民の『希望』を奪い暴走し続ける奥山恵美子仙台市政2011高齢者次は子どもにも容赦なく「応益負担」 »
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード

-天気予報コム-
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ
仙台市新年度予算案「『未来』という名の逃避」市民の『希望』を奪い暴走し続ける奥山恵美子仙台市政2011[2011年02月16日(Wed)]


市民の『希望』を奪い暴走し続ける奥山恵美子仙台市政2011
仙台市新年度予算案「『未来』という名の逃避」

希望保育所に入れない通知 約1100件!〜最多は青葉区 390件
仙台市/認可保育所入所第一次結果送付(2/3付)
被害の拡大と悲劇の連鎖
=なくならない待機児童、止めない公立保育所民営化=

保護者に届けられた「保育所入所申し込み結果」
“…、4月1日の保育所入所にお応えできないこととなり…”


 毎年大きな問題になっている待機児童問題。
 仙台市では全国的に極めて多くの待機児童を抱えながら、公立保育所民営化を続けるという政策を続けられています。
 昨年4/1現在で仙台市内の待機児童数は594人と前年比で26人の減少にとどまり、多くの保護者の想いとはかけ離れた状況が生み出されています。そうした中で仙台市は認可保育所に入れなかった場合に備え、今年度から入所できるかどうかの通知を早め、青葉区では2月3日に申し込み結果を保護者へ郵送しています。
 今回の郵送では、“希望に応えできなかった”結果通知は市内約1100件、青葉区が390件と最多という実態が明らかになりました。(青葉区保健福祉センター)
 仙台市は昨年「待機児童対策は待ったなし。市が今できることを進めたい」と報道紙面で説明していますが、それ以後の〆木保育所民営化の動きなど、市民に背を向け暴走し続ける奥山恵美子仙台市政が更に加速されています。

●------------------------------------------------------------------●

【“希望に応えできなかった”結果通知内容】


仙台市青葉福祉事務所長

保育所入所申込みの結果について

 先に申込みのありましたお子さんの保育所入所につきましては、希望者多数等のため、ご希望の4 月1 日の保育所入所にお応えできないこととなりましたのでお知らせいたします。
 今後、内定者の辞退や退所などにより空きが生じた場合は再度選考を行い、入所可能となった際には改めてご連絡いたします。
 なお、下記の場合には、青葉区家庭健康課子供家庭係までご連絡くださいますようお願いいたします。
 
1 .保育所の入所希望を追加・変更する場合。
2 . 申込みを取り下げる場合。
3 .連絡先(住所・電話番号)を変更した場合。
4 .勤務先を変更した場合。新に勤務先が決定・内定した場合。
(勤務証明書の提出が必要となります。)



実際に届けられた通知


●------------------------------------------------------------------●

次世代を担うこどもたちの健やかな成長を願って
保育所の円滑な運営を図るとともに、
多様化する保育需要に積極的に対応し、
保育事業の一層の充実に努めてまいりますので、
みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。


↑認可保育所申し込み結果に同封された 仙台市子供未来局「保護者のみなさまへ」文書より



通知と同封されてきた文書


●------------------------------------------------------------------●
この記事のURL
https://blog.canpan.info/miyagisyahokyo/archive/647