CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
波田純
助けてカード (05/17) ミトタク
宮城県自閉症協会*講演会*のご案内 (11/09) ばっけ
中国映画【海洋天堂】 (08/09) qima
中国映画【海洋天堂】 (08/03) ばっけ
生活支援ニュース&報告 (04/24) 遠藤
生活支援ニュース&報告 (04/14) ばっけ
再度 安否のご連絡を! (03/30) 安田優子
再度 安否のご連絡を! (03/25) もりんが
自閉症啓発デーについて (03/18) 森川久美子
自閉症啓発デーについて (03/16)
最新トラックバック
全日本自閉症支援者協会「発達障害支援スーパーバイザー養成研修」についての情報提供[2022年06月24日(Fri)]
【日本自閉症協会からの情報提供】

全日本自閉症支援者協会 主催
発達障害支援スーパーバイザー養成研修
                 (SV研修)

SV研修は、発達障害支援の現場で待望されるスーパーバイザーの育成のための稀有な研修です。

◆受講形式:全てオンラインで。
 講義はオンデマンドで何度でも視聴できます。
◆申し込み締切:
 ベーシック・アドバンスコース:7/25(火)

詳細は、全自者協のHP、チラシをご覧ください。

チラシダウンロード→SV研修チラシ(2022).pdf

日本自閉症協会からの情報提供[2022年06月03日(Fri)]
【日本自閉症協会からの情報提供】

   日本自閉症協会がFacebook・ホームページ等で
   発信した情報を共有させていただきます。

子どもの心に目を向けるポジティブ行動支援―Asd指導事例集―】(山口県教育委員会)

 山口県教育委員会が、上記事例集を作成、公開されております。
 この事例集は、自閉症の特性や基本的な対応について理解を深めたり、担当する子どもへの指導方針の検討のヒントにしたり、事例検討における指導の評価・改善の参考にしたりすることを目的として作成されたそうです。
 作成にあたり、山口県自閉症協会も全国の自閉症協会に働きかけて、事例を集める取り組みをしてこられました。

「子どもの心に目を向けるポジティブ行動支援-Asⅾ指導事例集-」こちらからダウンロードできます。https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/soshiki/181/149546.html

★山口県自閉症協会ホームページ https://www.autymg.xyz


【「強度行動障害児者の実態把握等に関する調査研究」事業報告書】


【「発達障害の支援を考える議員連盟」の総会について】


【障害者の雇用止めに関する裁判について】


【「描くことは生きる力、楽しい時間」アートギャラリー】


【三角頭蓋の手術に関して(再掲)】


【加盟団体シェア】
◆静岡県自閉症協会◆
「合理的な配慮のチラシ」がFacebookにて掲載されています。

 グループホーム制度の再編について(シェア)

◆東京都自閉症協会◆
 ウクライナ南部の都市ヘルソンでの自閉症啓発イベント


横浜市自閉症協会◆
  第3回地域支援マネジャー報告会


【関係団体関連】
 日本ダウン症協会の会報誌 JDSニュースにて
 世界自閉症啓発デーについてご掲載いただきました。

発達支援ひろがりネット第14回情報交換会「さまざまな個性や困り感をもつ生徒を支えるために」のご案内[2022年06月01日(Wed)]
【ご案内】 発達支援ひろがりネット 第14回支援情報交換会

 さまざまな個性や困り感を
 もつ生徒を支えるために
高等学校・高等専門学校の取り組みを紹介します

 発達障害のある、またはそれが疑われるお子さまをお持ちの保護者のみなさん、わが子の高等学校への進学で悩んでいませんか?  
 宮城県の全日制・定時制・通信制の高等学校でも、特別支援教育が行われています。しかし、その実情を知る機会はあまりありませんでした。「発達支援ひろがりネット」は、宮城県教育委員会にご協力をお願いし、2021年に8つの県立高等学校と仙台高等専門学校を訪問して、さまざまな個性や困り感をもつ生徒を支える取り組みをおうかがいしました。そして2022年の2月と6月に、2回に分けて、各学校の取り組みを紹介する機会をつくることにいたしました。このご案内は、6月の第2回目のお知らせです。
 高等学校や高等専門学校で学びたいという願いをもつ生徒のみなさまを励まし、高校進学に向けての学校選びに役立てば幸いです。
 また、各関係機関のみなさんに情報を提供する機会となり、高校教育と特別支援教育の発展に資することを願っています。

日時:令和4年6月5日(日)
    13時30分〜15時45分
 オンライン開催です。参加費は無料です。
内容
◎全日制・定時制・通信制の高校、高等専門学校のヒアリング調査の報告
  発表:発達支援ひろがりネット
◎学校づくりの取り組み、特別支援教育と教育相談の実践
  発表:宮城県立東松島高等学校
  発表:仙台高等専門学校 
◎質疑 
 コーディネーター:阿部芳久(東北福祉大学名誉教授)

◆参加方法 ZOOMにアクセスしてください。
URLをクリックするか、ミーティングIDとパスコードを入力して下さい。
ミーティングID: 829 5948 7626 パスコード: 527052

※定員(100人)を超えると参加できなくなることがあるので、早めのアクセスをお願いします。
当日の資料は、6月上旬に発達支援ひろがりネットのブログにアップする予定です。

★こちらからチラシをダウンロードできます。→220510 第14回支援情報交換会のチラシ.doc..pdf

【後援】宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、日本発達障害ネットワーク

【主催】発達支援ひろがりネット(発達障害に関わる宮城県の団体によるネットワークです)

問い合わせは以下の構成団体まで=シエルの会(メールciel.aspe@gmail.com)認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネット(メール mddsnet@yahoo.co.jp)、株式会社グッジョブ(メールinfo@gj-lab.co.jp)、宮城県自閉症協会、認定NPO法人グループゆう、NPO法人燈の会。 



プロフィール

宮城県自閉症協会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/miyagi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miyagi/index2_0.xml