• もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
極小同大、積小為大 [2022年08月29日(Mon)]
実家のお風呂をリフォーム。
Image (0).jpeg
昔のままの古い風呂ですが、
きれいに使っているし、浴室暖房を設置するなど、
母なりに色々と気を付けて暮らしてまだまだ使えますが、
如何せん、浴槽が深いので洗い場と浴槽の出入りが難儀ですし、
タイル張りだから冬は寒いし、こけたら大怪我なんてことに・・・

ならば、「いつまで生きてるか分からないのに・・・」ではなく、
「今を生きる」ために
ユニットバスにリフォームです。
Image (1).jpeg

壁や洗い場のタイルをはがして古い浴槽を撤去し、
ユニットバス設置のための整地、そして給排水や電気設備など、
屋内とはいえ、夏の盛りに狭い浴室での作業はもろもろ大変です。

工事中にお話をお伺いして初めて知ったのですが、
最近は解体なら解体業者にという形で分業化が進んでいるので、
家庭のこんな工事でも複数の業者が出入りすることになり、
その分、段取りを要して時間はかかるし、値段も高くなるとのこと。
一つの業者にお任せできるワンストップの有り難味を再確認です。
もとより、任せた業者が下請けに丸投げでは
ワンストップでお任せする「意味」も「メリット」もないですが・・・

image (2).jpeg

脱衣場から浴室の出入りに段差はなくなり、
フロアは滑らないよう工夫されているし、
浴槽の出入り部分は低くなって背の低い母も楽チンだし、
浴槽の中も滑らないようになっているし、手すりも随所にあり、
「安心」して「安全」にお風呂に入れるのは何よりです。

「いつまで生きているか分からないのにもったいない」、
「迷惑かけて申し訳ない」と頻りに言っていた母も、
新しくなったお風呂に「もったいないなぁ」と言いながらも
心から喜んでくれ、リフォームしてよかったです。

KIMG2531.JPG

上の写真は脱衣場から洗濯機置き場(右側がお風呂)ですが、
以前は、水回りの関係で、手前の脱衣場と洗濯機置き場に段差があり、
さらに浴室は一段下がっていましたが、
すべてフラットになって段差がなくなりました。

フロアのシートは、見本帳から母が自ら選んだのですが、
大胆な図柄にどうかと案じましたが良かったです。
それにしても、見事な仕事ぶりです。
ただシートを貼るだけなら一方の壁に合わせて貼れば楽だし、
シートも無駄がないのに、きちんとセンターを合わせて貼っています。

極小同大」というか、そんな些細なことも手を抜かない丁寧な仕事が、
結果として「積小為大」に導くのでしょう。

また、浴室の出入口も、在宅酸素療法で酸素チューブの世話になる母が
入浴時にはチューブで扉を閉めきることができないことが分かると、
その場で工夫を施してしてくださいました。

顧客のちょっとした困りごとも、
「顧客の立場」に立って「誠意」と「知恵」で対応
する。素晴らしいです。

母が喜んでくれて何よりでしたが、あらためて思ったのが、
「母のため」というのはリフォームのきっかけになりましたが、
その一方で、私の自己満足の押し付けや見返りの期待になりかねない

「誰かのため」に頑張るとか、
「誰かが見ている」から手を抜かないとかではなく、
結局のところ、何事も(仕事であれ、勉強や練習であれ)、
「自分のため」でもなく、「誰かのため」でもなく、
自分に恥じないよう今なすべきことに力を尽くす
そのために鍛錬を積み重ね、日々反省し
昨日より今日、今日より明日と、日一日と自らを高めていく

「結果」として、誰かのためになって喜んでもらえたら自分も嬉しいし、
そして、それは自分のためになる。
自利利他円満」や「三方良し」もそういう結果の話で、
自分に恥じないよう力を尽くすために努力を積み重ねることが肝要なのかも…

ご縁に恵まれ、ええ勉強させてもらいました。感謝です!

他の者が行うことについては満足もありうる。
しかし、自らが行うことについては、
常に不満がなければならず、
常によりよく行おうとする欲求がなければならない

ドラッカー『現代の経営』

ドラッカー『プロフェショナルの条件』より――
紀元前440年ころ、彼(ギリシャの彫刻家フェイディアス)
アテネのパンテオンの屋根に建つ彫刻群を完成させた。
それらは今日でも西洋最高の彫刻とされている。
だが、彫像の完成後、フェイディアスの請求に対し、
アテネの会計官は支払いを拒んだ。
「彫像の背中は見えない。誰にも見えない部分まで彫って、
 請求してくるとは何ごとか」といった。
それに対して、フェイディアスは次のように答えた。
「そんなことはない。神々が見ている」
(…)
今日に至るも、私は到底そのような域には達していない。
むしろ、神々に気づかれたくないことをたくさんしてきた
しかし私は、
神々しか見ていなくとも、完全を求めていかなければならない
ということを、その時以来、肝に銘じている。

成功している小売業は、
細部に並々ならぬ注意を払っている

創業当時はとりわけそうだろう。
1日ごとに良い結果を出していかなければ、
閉店のリスクをおかすことになる。
スターバックスのパートナー(従業員)の多くは
細部への配慮を失ってしまった。
ハワード・シュルツ『スターバックス再生物語』

何万もの店で、何百万杯ものコーヒーを提供しているのだから、
一杯くらいコーヒーがちゃんとしていなくても、
一人くらい不適格な店長がいても、
一軒くらい立地の悪い店舗があっても、
大したことがないと思うようになる。
そうした“ひとつ”は蓄積されていくことを忘れていたのだ。
ハワード・シュルツ『スターバックス再生物語』

IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
s-P1040558.jpg
日新、日日新」/土光敏夫先生記念苑

P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
言難行易(言うは難く、行うは易し) [2022年08月17日(Wed)]
先日(8/14)、和泉市の久保惣美術館へ。
KIMG2439.JPG

KIMG2451.JPG

KIMG2437.JPG

先月(7/3)に続いての再訪。
KIMG2181.JPG
お目当ての北斎の富嶽三十六景、
「神奈川沖浪裏」は会期の前期(7/24)に展示、
そして「凱風快晴」は後期(7/26〜8/21)の展示です。

版画摺り体験もさせていただきました。
歌川国芳の猫の当て字で「うなぎ」をアクリル板の5色刷り。
KIMG2457.JPG

なかなかの出来映えに、
美術館からの帰りに100均に立ち寄り、フレームを買いました。

久保惣美術館から和泉府中駅に戻る道すがら……
KIMG2461.JPG

KIMG2464.JPG


そして、昨日(8/16)は京都の南座で「東海道四谷怪談」を鑑賞
8749s.jpg(北斎のお岩さん)


江上剛『組織再生』の「あとがき」より――
彼は、もう一つの言葉を私にプレゼントしてくれた。
それは「『言難行易』(言うは難く、行うは易し)」だ。
誰もが知っている「『言易行難』(言うは易く、行うは難し)」の逆だ。
「『言う』はプランであり理想です。
これが決まれば『行う』の実行は簡単です。
『言う』に従えばいいのですから。
多くの日本の経営者は『言う』を他人任せ、部下任せにするので
どんな経営をしたいのか見えず、また自己責任も貫けないのです」
彼の言葉は、私の座右になった。

松下幸之助『道をひらく』より――
「志を立てよう」
志を立てよう。
本気になって、真剣に志を立てよう。
生命(いのち)をかけるほどの思いで志を立てよう。
志を立てれば、事はもはや半ばは達せられたといってよい

志を立てるのに、老いも若きもない。そして
志あるところ、老いも若きも道は必ずひらけるのである。

今までのさまざまの道程において、いくたびか志を立て、
いくたびか道を見失い、また挫折したこともあったであろう。
しかし道がない、道がひらけぬというのは、
その志になお弱きものがあったからではなかろうか

つまり、何か事をなしたいというその思いに、
いま一つ欠けるところがあったからではなかろうか。

過ぎ去ったことは、もはや言うまい。かえらぬ月日にグチはもらすまい。
そして、今まで他に頼り、他をアテにする心があったとしたならば、
いさぎよくこれを払拭しよう。
大事なことは、みずからの志である。みずからの態度である。
千万人といえども我ゆかんの烈々たる勇気である。実行力である


志を立てよう。自分のためにも、他人(ひと)のためにも、
そしておたがいの国、日本のためにも。

大事なことは、
みずからの「志」である。みずからの「態度」である。
千万人といえども我ゆかんの 
烈々たる「勇気」である。「実行力」である。
★★★「マインドセット」「勇気」「実行力」★★★

松下幸之助「一日一話」より――
「成功するまで続ける」
何事によらず、志を立てて事を始めたら、
少々うまくいかないとか、失敗したというようなことで
簡単に諦めてしまってはいけないと思う。
一度や二度の失敗でくじけたり諦めるというような心弱いことでは、
ほんとうに物事を成し遂げていくことはできない。
世の中は常に変化し、流動しているものである。
一度は失敗し、志を得なくても、
それにめげず、辛抱強く地道な努力を重ねていくうちに、
周囲の情勢が有利に転換して、新たな道が開けてくるということもあろう。
世に言う失敗の多くは、
成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。
最後の最後まで諦めてはいけないのである。

課題を一つ一つ明確にすることが大切です。
課題が明確になれば、人はそれを克服しようと努力します。
そこから可能性が広がっていく
のです。
逆に、課題がはっきりしないのに頑張っても、何ら成果は表れません。
それは努力のマンネリ化、相手に対する漠然とした恐怖、
「どうせ勝てるわけがない」という負け犬根性を生むだけです。
エディー・ジョーンズ『ハードワーク・勝つためのマインド・セッティング』

成功は準備がすべて、
準備とは努力のことです。
努力は100%のものでないと意味がありません。
100%で行うからこそ、何かを吸収できる

何かを成し遂げるには100%の努力をしなければならない
エディー・ジョーンズ『ハードワーク・勝つためのマインド・セッティング』

勝利や成功のためには、
準備として練習を重ねるしかありません

しかし、やみくもに努力すればいいというわけではありません。
無駄な努力は、できる限り避けるべきです。
印象や主観だけで、どような練習をすればいいかを判断すると、
見当違いのものが多くなります。
印象や主観ほど、不正確なものはないからです。
有効な準備をするためには、根拠が必要です
その点、データは非常に明確な根拠を与えてくれます。
しかし、データは万能ではありません。
数字だけではわからないこともある
ため、そこは注意を要します。
エディー・ジョーンズ『ハードワーク・勝つためのマインド・セッティング』

天は自ら助くる者を助く
Heaven helps those who help themselves.

新しき計画の成就は、ただ不屈不撓の一心にあり
さらば、ひたむきにただ想え、
気高く、強く、一筋に

中村天風

まだまだ厳しい暑さが続きます。ご自愛専一に。
IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
s-P1040558.jpg
日新、日日新」/土光敏夫先生記念苑

P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
大きい人と小さい人 [2022年08月13日(Sat)]
先日(8/10)、メダカの赤ちゃんをいただきました。
そこで、「メダカにやさしい土が入った水草」を
「土で水を浄化する」なんて半信半疑で買い求めましたが、効果ありです。
43D022F6-ABBE-42A2-8565-30DE7B28B72E.jpeg

479B3447-3ED9-44FA-9574-A023FE0CEC38.jpeg

朝や夕方にメダカの赤ちゃんの様子を伺うと、
お腹が空いたのかエサをねだって近寄ってきます。
メダカだって懸命に生きてるって感じで可愛いものです。
41B92D67-73A5-452C-86CE-182C59409F08.jpeg

本日(8/13)、朝ランの道すがら、白鷺の親子連れと遭遇。
A56F56AF-1E07-490E-B72F-0EE4E2313CC8.jpeg
箕面川(まもなく猪名川との合流)

05125215-BCC1-4712-9FEE-65DB37748D4D.jpeg

737ADE8A-0B27-49C7-AAF6-9F41844907B8.jpeg

子どもの白鷺を見守るのはお母さん白鷺か?
ならば、お父さん白鷺はいずこと思いきや、少し離れて見守っていました。
54D531C6-74EE-4D65-BD6A-8392A7CB22F2.jpeg
昇る朝日に向かって上空を飛ぶのはお父さん白鷺で
川面に沿って飛ぶのはお母さんと子どもの白鷺か(根拠なき勝手な憶測)

箕面川、猪名川との合流ポイントでは水がなくなっています。
E4494344-21D1-4A5B-980B-8CD100332952.jpeg

自分のために一生けんめい生きるというだけなら
毛虫だって一生けんめい生きている
(東井義雄)

人間には大きい人と、小さい人がある。
自分のことしか考えない、これを小さい人間という。
自分のことしか考えないような、
ケチなことが恥ずかしいことだと考えていただきたい。
「大きい人と小さい人」/東井義雄『私を私に育てる責任者は私』

自分のことさえも他人ごとになる、これを小さいという。
どうかそういう小さいことが、
恥ずかしいことだと考えていただきたいですね。
大きさを求めてほしい。
「大きい人と小さい人」/東井義雄『私を私に育てる責任者は私』

厳しい暑さが続きます。ご自愛専一に。
IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
s-P1040558.jpg
日新、日日新」/土光敏夫先生記念苑

P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
いつまでもにこにこペースで [2022年08月07日(Sun)]
子どもの頃から走るのが苦手で、自分は走れないと思い込んでいたのが、
今では朝ランが日課とすっかり人生が変わったのは、
2013年8月末に服部緑地で開催されたスロージョギングのイベントに
参加したのがきっかけです。
689CB7E6-052B-44FB-A622-6A87ECB84292.jpeg

田中宏暁先生との出会いが、私に走る世界を開き、
先生の本を読んでは先生の講習会に参加してサインをお願いしました。
06F0CB90-C093-4192-AFF1-BF281E79C88B.jpeg
「いつまでもにこにこペースで」2013.8.30
田中宏暁『スロージョギングで人生が変わる』

CCC6F42E-4792-4932-89BF-1EB220A5C0B0.jpeg
「いつまでもにこにこペースで」2013.11.16
田中宏暁『スロージョギング入門』

23C69B1E-74DC-48E6-9855-AC518D9ED2C9.jpeg
「いつまでもにこにこペースで」2014.10.19
田中宏暁『賢く走るフルマラソン、マラソンは「知恵」のスポーツ』

丹後ウルトラ(9/18)まで42日(6w)
そして篠山(3/5)まで210日(6w×5)
―― 私のランの原点「スロージョギング」に回帰ですひらめき
◆スロージョギングの3S
 (smile、smart、simple)
  いつまでもにこにこペースで、賢く、ただ只管走り続ける
◆スロージョギングの3non-S
 (non-speed、non-stop、non-strain)
  急がず、立ち止まらず、力まず、リラックスして走り続ける


朝ランの道すがら、古い道標に掘られた「三十七度」に目がテン!
9967B545-B5A2-4CA8-8C8B-F5E941579DD5.jpeg
左に記された「すぐ(まっすぐ)みの(箕面)かつを寺(勝尾寺)」は
分かるのですが、まさか「37℃」ってことはないはず。
熊野田村(豊中)の與左衛門さんが大峯山上に「37回」お参りした自慢かな?

厳しい暑さが続きます。ご自愛専一に。
IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
s-P1040558.jpg
日新、日日新」/土光敏夫先生記念苑

P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
一切衆生を両手に抱け [2022年08月05日(Fri)]
6月末の夏越大祓の神事にご加護を祈願した上新田天神社から、
夏越守護「茅之輪」が届きました。
4BB284C1-3ECA-43E4-871F-596616043BA9.jpeg
――「無病息災」「延命長寿」ということで
実家の玄関に吊るしてお祀りさせていただきました。

KIMG2159.JPG
夏越の大祓/千里の氏神様・上新田天神社
(2022.6.30)
松下幸之助『道をひらく』より――
「手を合わす」
うどんの値段は同じであっても、
客を大事にしてくれる店、まごころこもった親切な店には、
人は自然に寄りついてゆく。
その反対に、客をぞんざいにし、礼儀もなければ作法もない、
そんな店には、人の足は自然と遠ざかる。

客が食べ終わって出て行く後ろ姿に、
しんそこ、ありがたく手を合わせて拝むような心持ち
そんな心持ちのうどん屋さんは、必ず成功するのである。

こんな心がけに徹したならば、もちろん、うどんの味もよくなってくる。
一人ひとりに親切で、一ぱい一ぱいに慎重で、
湯かげん、ダシかげんにも、親身のくふうがはらわれる。
そのうえ、客を待たせない。
たとえ親切で、うまくても、しびれが切れるほど待たされたら、
今日の時代では、客の好意もつづかない。
客の後ろ姿に手を合わす心がけには、
早く早くという客の気持ちがつたわってくるはずである。

親切で、うまくて、早くて、そして客の後ろ姿に手を合わす――
この心がけの大切さは、何もうどん屋さんだけに限らないであろう。
おたがいによく考えたい。

身に受けた喜びを素直に謝しつつ、
みずからもまた喜びを他に与える働きを重ねてゆきたい
ものである。
「感謝する」/松下幸之助『続・道をひらく』

坂村真民『両手の詩』
両手を合わせる
両手で握る
両手で支える
両手で受ける
両手の愛
両手の情
両手合わしたら
喧嘩もできまい
両手に持ったら
壊れもしまい
一切衆生を
両手に抱け


サリンジャーの短編集『ナイン・ストーリーズ』の扉
IMG-9560.jpg
「両手の鳴る音は知る。片手の鳴る音はいかに?」― 禅の公案 ―

――隻手の公案に、信州伊那の那須野さん女、
「白隠の片手の声を聞くよりも、両手たたいて商ひをせよ」
これに対して、白隠、
商ひが両手たたいてできるなら、隻手の声は聞くに及ばす

昼間の星は見えなくとも、
だからといって存在しないわけではなく、確かにそこにある。
経済活動においても、見えない存在があることを、
つねに念頭に置いていることが大切ではないだろうか

数字やデータに表れない情報、世界の本質に、
私たちは、もっと目を向けるべきなのだ。
みんなはデータにできるいくつかの指標を後生大事に
忙しい中それだけを見ている。しかし
世の中には、データにできない大切なことがいっぱいある
のだ。
福原義春『美 ―「見えないものをみる」ということ』

厳しい暑さが続きます。ご自愛専一に。
IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
s-P1040558.jpg
日新、日日新」/土光敏夫先生記念苑

P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
まことの幸福に生きる [2022年08月01日(Mon)]
厳しい暑さが続きます。ご自愛専一に。
ED9E33F8-6A0C-4EA7-A975-511810476BFA.jpeg
本日猛暑のため臨時休業?

お茶を売ってお金を儲けるだけなら、
自分の都合でいつ休んでもいいようなものですよ。
しかし、このおばあさんは 
そんな味けない考えは少しもなかった
自分の茶店は自分一人のものではない。
この茶店をアテにして 
上り下りする山越えの旅人たちのためのものだ。
その世話をするのが自分の役割なのだ

きっとおばあさんは 
無意識のうちにもそう考えていたのではないでしょうか。
「無言の契約」/松下幸之助『人生談義』

49D7BEDC-0CA5-4594-8695-6796316DF81E.jpeg
完全に自分を忘れ、自分は何もないとわかれば、
そこに、すべてから解放された自由な自分が発見されます。
何ものからも解放された、いわゆる無心の境地です。
その時その時、その場その場に全力を注いで、あとに何も残さない
そういう自由な心境というものがわかるならば、
結局それが人生の最高のものではないかと思いますね。
山田無文・中内功『あきないと禅』

AE84182B-06E6-49DC-9524-27F1866A517E.jpeg
花は無心、蟻も無心「今ここに生きる
「花無心招蟻 蟻無心尋花」

なにがしあわせかわからないです。
ほんとうにどんなつらいことでも
それがただしいみちを進む中でのできごとなら、
峠の上りも下りもみんな
ほんとうの幸福に近づく一あしずつですから

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』

世界がぜんたい幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない

自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する
この方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか
新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある
正しく強く生きるとは
銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである
われらは世界のまことの幸福を索ねよう
求道すでに道である

宮沢賢治『農民芸術概論綱要』
KIMG0772_3.JPG

世界に対する大なる「希願」をまづ起せ
強く正しく生活せよ 苦難を避けず直進せよ
宮沢賢治『農民芸術概論綱要』
KIMG0463_2.JPG

まづもろともにかがやく宇宙の微塵となりて
無方の空にちらばらう

宮沢賢治『農民芸術概論綱要』
KIMG0470_2.JPG

ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ クニモサレズ

サウイフモノニ ワタシハナリタイ
宮沢賢治「雨ニモマケズ」


巨きな人生劇場は
時間の軸を移動して不滅の四次の芸術をなす
おお朋だちよ 君は行くべく やがてはすべて行くであらう
……われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である……
われらの前途は輝きながら嶮峻である
嶮峻のその度ごとに四次芸術は巨大と深さとを加へる
詩人は苦痛をも享楽する
永久の未完成これ完成である
宮沢賢治『農民芸術概論綱要』
KIMG0376_2.JPG



IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
s-P1040558.jpg
日新、日日新」/土光敏夫先生記念苑

P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。