CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
大きな改善を望むならパラダイム転換 [2021年04月25日(Sun)]
岡本太郎『自分の中に毒を持て』より――
「いまはまだ駄目だけれど、いずれ」と絶対に言わないこと
「いずれ」なんていうヤツに限って
現在の自分に責任をもっていないからだ。生きるというのは、
瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて、現在に充実することだ

過去にこだわったり、未来でごまかすなんて根性では
現在を本当に生きることはできない
ところが、とかく「いずれそうします」とか「昔はこうだった」と
人は言う。そして現在の生き方をごまかしている。だから、
ぼくはそういう言葉を聞くたびに、怒鳴りつけてやりたくなる。
「いずれ」なんていうヤツに、ほんとうの将来はありっこないし
懐古趣味も無責任だ。つまり、
現在の自分に責任をとらないから懐古的になっているわけだ。
しかし、人間がいちばん辛い思いをしているのは、「現在」なんだ。
やらなければならない、ベストをつくさなければならないのは、
現在のこの瞬間にある

それを逃れるために「いずれ」とか「懐古趣味」になるんだ。
懐古趣味というのは現実逃避だ。だから、
過去だってそのときは辛くって逃避したんだろうけど、
現在が終わって過去になってしまうと安心だから、懐かしくなるんだ。
だから、そんなものにこだわっていないで、
もっと現実を直視し、絶対感をもって問題にぶつかって、
たくましく生きる
ようにしていかなければならない。

瞬間、瞬間に、生きる。
IMG-9281.jpg
岡本太郎『自分の中に毒を持て』

3度目の緊急事態宣言の発令です。

2度目の緊急事態宣言の全面解除決定後の記者会見(3/18)
「再び緊急事態宣言を出さないよう5つの対策をしっかりやるのが私の責務」
(1)飲食を通じた感染防止
(2)変異株の監視体制の強化
(3)感染拡大の予兆をつかむための戦略的な検査の実施
(4)安全・迅速なワクチン接種
(5)次の感染拡大に備えた医療提供体制の強化
そして
「世界でもコロナとの戦いは続いており、
 できることはすべてやり抜く。自ら先頭に立ち、
 国民の命と暮らしを守り抜く覚悟で全力で取り組む」と決意を表明。

そういえば、今年1月18日に召集された通常国会の施政方針演説では、
「東京オリンピック・パラリンピックは、
人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証として、 
感染対策を万全なものとし、
世界中に希望と勇気をお届けできる大会を実現するとの決意の下、
準備を進めてまいります」と決意を表明。

それなりの根拠というか見通しや手ごたえがあっての演説と思いますが、
あれから100日近くが経ち、逆に、オリンピックまで100日を切って、
コロナとの戦いに打ち勝ってその日を迎えることができるのか。
「コロナに負けるな」とか「欲しがりません勝つまでは」の掛け声だけで
コロナに打ち勝てるほど話は甘くないように思います。

――「いずれ」なんていうヤツに限って、現在の自分に責任をもっていない。
「いずれ」なんていうヤツに、ほんとうの将来はありっこない。
生きるというのは、瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて、
現在に充実することだ。
過去にこだわったり、未来でごまかすなんて根性では、
現在を本当に生きることはできない


大きな改善を望むならパラダイム転換 
日常生活の比較的小さな変化を望んでいるのであれば、
行動や態度に働きかけるのが適当であろう。
しかし、著しい変化を遂げたいのであれば、
パラダイムを変えなければならない

スティーブン・R・コヴィー『七つの習慣』

P1030315.jpg
生死事大、光陰可惜、無常迅速、慎勿放逸

明日がある
あさってがあると
思っている間は
なんにも ありはしない

かんじんの「今」さえないんだから。
(東井義雄)

いつかはゴールに達するというような歩き方ではだめだ
一歩一歩がゴールであり、
一歩が一歩としての価値をもたなくてはならない
(坂村真民さんが好きなゲーテの言葉)

Connecting the Dots.(点と点をつなげる)
将来をあらかじめ見据えて、
点と点をつなぎあわせることなどできません

できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。
だから、我々は、今やっていることが
いずれ人生のどこかでつながって実を結ぶと信じるしかない。
Stay Hungry. Stay Foolish.(Steve Jobs)

明日ありとおもうこころのあだ桜
夜半に嵐の吹かぬものかは
(親鸞聖人が9歳で得度された時に詠まれた歌)

足るを知る「吾唯足知」(龍安寺 2013/11)
P1010817.JPG

不安や焦り、あるいは恐れにとらわれて
自分を見失ってはいないか
一発逆転の妙手妙策ばかりを追いかけて
いまここでなすべきことをおろそかにしてはいないか
困難にあればこそなお勇気をもって、
なすべきことをなすべきときにきっちりとなしていく。
そのたゆみない歩みこそが、
着実に成果を高め、成功にいたる道ではないか

松下幸之助 日々のことば「道をひらく」

西村惠信『坐る ― 白隠禅師坐禅和讃を読む』より――
因果一如の門ひらけ、無二無三の道直し
無相の相を相として、行くも帰るも余所ならず。
意訳しますと、次のようになるでしょうか。
すべては原因をもって存在しているという事実に気がつき、
ただひとすじの道が真っ直ぐに通っていることが分かる。
形なき形こそ真の自己だと分かってみれば、
世界中の隅々まですべて我が家なのだ。

とかく、わたくしどもは、結果を求めることばかり焦って
脚下がお留守になり、今日のつとめを怠りがちでありますが、
そこに失敗の原因があります
その日その日のつとめを堅実に果たしてゆけば
未来の成功はおのずから席をあけて待っておるのであります。
「太閤さんの心がけ」/山田無文『白隠禅師坐禅和讃講話』


食べて飲み、労苦の内に幸せを見いだす。
これ以外に人に幸せはない

それもまた、神の手から与えられるものと分かった。
コヘレトの言葉 2:24/日本聖書協会『共同訳 旧約聖書』
IMG-9219.jpg
咲くも無心
散るも無心
花は嘆かず
今を生きる

「今を生きる」坂村真民

人生においてはカメのような、歩一歩のあゆみが大切だと思う。
速度を多少速めるのはよいが、
二歩三歩いっぺんに飛ぼうとすれば往々にして失敗することにもなろう。
「歩一歩の歩み」/松下幸之助『思うまま』
P1010032.JPG
旧豊郷小学校足跡

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
リボーン、日々是好日 [2021年04月18日(Sun)]
先々週の日曜日(4/4)の朝に放送のNHK「目撃!にっぽん」は、
お好み焼きチェーン店 千房さんの改革の取り組みでした。

コロナ禍の厳しい状況でも社員やアルバイトの雇用を守ると決意。
されど、現実問題として、店の来客は低調で売上は厳しい。
その現実を目の当たりにして店長や店のスタッフも不安に思うが、
今まで創業者のトップダウンで動いてきた幹部社員たちは
厳しい状況の打開策を自分の頭で考えられない。
考えを求めてもその考えに深さがなく、
逆に、創業者のような強いトップダウンを求める始末。

危機が迫る中で、従来とは違う展開で生き残りをかけることになり、
その店の責任者に選ばれたのが入社2年目の社員。
(彼が責任者に抜擢された理由もこの番組「リボーン」の肝かも)
新たな展開の店を任された店長やスタッフは懸命に努力。
その結果、オープン初日の売上は40万円を越えて目標の倍で、
そこそこの店の一番稼ぎ時の正月の売上に相当するレベル。
一方、曽根崎の店は閑散として売上は通常の1割から2割。
逆に、新店の方はその後も売上は順調。
結果の数字の「差」より、
店で働く人の表情や語る言葉の「違い」がとても印象的でした。

憂事に直面しても、
これを恐れてはならない。しりごみしてはならない。
「心配またよし」である。
心配や憂いは新しくものを考え出す一つの転機ではないか、
そう思い直して、正々堂々とこれと取り組む
力をしぼる。知恵をしぼる。するとそこから必ず、
思いもかけぬ新しいものが生み出されてくるのである。
新しい道がひらけてくるのである。
まことに不思議なことだが、この不思議さがあればこそ、
人の世の味わいは限りもなく深いといえよう。
「心配またよし」/松下幸之助『道をひらく』

松下幸之助『道をひらく』より――
「心を通わす」
古人曰く、人生はあざなえる縄の如し
まことにこの世の中、長い人の歩みのなかには、
よいこともあればわるいこともある。
うれしいこともあれば悲しいこともある。
そして、よいと思ったことが実はわるくて、
わるいと思ったことが実はよくて

つまりはあれこれと思いまどうことは何もなくて
はじめから素直に謙虚に歩んでおればそれでよかったと
人の知恵の浅はかさに、いまさらのように胸打たれることがしばしばある

はじめからしまいまで徹底的にわるいということもなければ、
また徹底的によいということもないのである。
それでもなお人は、わるいと思うときには自分で自分の心を閉ざし、
よいと思うときにはまたおごりの心で人をへだてる。
心を閉ざし、人をへだて、心と心とが通い合わぬ姿からは、
おたがいに協力も助け合いも生まれてはこない

心ひらかぬ孤独の人びとばかりになるであろう。

有為転変のこの世の中、よいときにもわるいときにも、
いかなるときにも素直に謙虚に、おたがいに心を通わし
思いを相通じて、協力し合っていきたいものである。。

Good or bad, hard to say.
人間万事塞翁が馬

朝に種を蒔き
夕べに手を休めるな

うまくいくのはあれなのか、これなのか
あるいは、そのいずれもなのか

あなたは知らないからである。
コヘレトの言葉 11:6/日本聖書協会『共同訳 旧約聖書』

20160430-5.jpg
「円窓」東福寺の塔頭、芬陀院(雪舟寺)2016.4.30
――「円相」

「日々是好日」ぴかぴか(新しい)
20160416-3.jpg
―― ありのままに毎日をしっかり生きれば、すべて良い日
「好」とは、美しい、良い、好ましい、正しいという意味があります。
晴れの日も雨の日もあるように、人生には楽しい日も辛い日もあります。
しかし、毎日がその日しかない貴重な一日です。
どんな日も「好日」という想いで日々過ごしたいものです。
全てのことがらに執着しない人の境地といえます。
雲門文偃は、中国禅宗の代表的な五家七宗のうちの一つ、雲門宗の開祖です。
「日々是好日」はこの雲門の言葉で、『碧巌録』という書物にも載っています。
修行僧たちに向かい「これまでの修行については問わない。
これからどのような心境で修行をするのか?」と尋ねました。
これに対して黙ってしまった修行僧たちに、
雲門自ら「日々是好日」と答えたのです。

毎日が新しく、毎日が門出である。
日々是新なれば、すなわち日々是好日
素直で謙虚で
しかも創意に富む人は
毎日が明るく、毎日が元気
さあ、みんな元気で、新しい日々を迎えよう。
「日々是新」/松下幸之助『道をひらく』
img38.jpg
毎日が新しく、毎日が門出、毎日が誕生日ひらめき
Every day is a new beginning.

My third story is about death.
When I was 17, I read a quote that went something like:
"If you live each day as if it was your last,
someday you'll most certainly be right.
"
It made an impression on me, and since then, for the past 33 years,
I have looked in the mirror every morning and asked myself:
"If today were the last day of my life,
would I want to do what I am about to do today?
"
And whenever the answer has been "No" for too many days in a row,
I know I need to change something.
Remembering that I'll be dead soon is the most important tool
I've ever encountered to help me make the big choices in life.
Because(…)
Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.(…)
3つ目の話はについてです。
私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、
その通りになる
」という言葉にどこかで出合ったのです。
それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、
私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。
もし今日が最後の日だとしても、
今からやろうとしていたことをするだろうか
」と。
「違う」という答えが何日も続くようなら、
ちょっと生き方を見直せということです。
自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。
なぜなら(…)
あなた方の時間は限られています
だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。(…)
Steve Jobs ”Stay Hungry. Stay Foolish” June 12, 2005

夢のない人間は、死せる人間である。
大志を抱き、夢をもたなければ、人間、生きる価値はない。
しかし、夢を見て現実を忘れるようなことがあってはならない
やはりその日の仕事を大事にしていこうではないか
あすはあすの風が吹く
きょうを大事にしようではないか
松下幸之助『松翁論語』

You can't connect the dots looking forward;
you can only connect them looking backwards
.
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something ― your gut, destiny, life, karma, whatever.
This approach has never let me down,
and it has made all the difference in my life.
将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなど
できません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです

だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかで
つながって実を結ぶと信じるしかない
。運命、カルマ…、
何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。
私はこのやり方で後悔したことはありません。
むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。
Steve Jobs ”Stay Hungry. Stay Foolish” June 12, 2005

足るを知る「吾唯足知」(龍安寺 2013/11)
P1010817.JPG

不安や焦り、あるいは恐れにとらわれて
自分を見失ってはいないか
一発逆転の妙手妙策ばかりを追いかけて
いまここでなすべきことをおろそかにしてはいないか
困難にあればこそなお勇気をもって、
なすべきことをなすべきときにきっちりとなしていく。
そのたゆみない歩みこそが、
着実に成果を高め、成功にいたる道ではないか

松下幸之助 日々のことば「道をひらく」

西村惠信『坐る ― 白隠禅師坐禅和讃を読む』より――
因果一如の門ひらけ、無二無三の道直し
無相の相を相として、行くも帰るも余所ならず。
意訳しますと、次のようになるでしょうか。
すべては原因をもって存在しているという事実に気がつき、
ただひとすじの道が真っ直ぐに通っていることが分かる。
形なき形こそ真の自己だと分かってみれば、
世界中の隅々まですべて我が家なのだ。

とかく、わたくしどもは、結果を求めることばかり焦って
脚下がお留守になり、今日のつとめを怠りがちでありますが、
そこに失敗の原因があります
その日その日のつとめを堅実に果たしてゆけば
未来の成功はおのずから席をあけて待っておるのであります。
「太閤さんの心がけ」/山田無文『白隠禅師坐禅和讃講話』


食べて飲み、労苦の内に幸せを見いだす。
これ以外に人に幸せはない

それもまた、神の手から与えられるものと分かった。
コヘレトの言葉 2:24/日本聖書協会『共同訳 旧約聖書』
IMG-9219.jpg
咲くも無心
散るも無心
花は嘆かず
今を生きる

「今を生きる」坂村真民

人生においてはカメのような、歩一歩のあゆみが大切だと思う。
速度を多少速めるのはよいが、
二歩三歩いっぺんに飛ぼうとすれば往々にして失敗することにもなろう。
「歩一歩の歩み」/松下幸之助『思うまま』
P1010032.JPG
旧豊郷小学校足跡

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
因果一如、ただ種をまく [2021年04月11日(Sun)]
朝に種を蒔き
夕べに手を休めるな

うまくいくのはあれなのか、これなのか
あるいは、そのいずれもなのか
あなたは知らない
からである。
コヘレトの言葉 11:6/日本聖書協会『共同訳 旧約聖書』

松下幸之助『初めに思いありき』より――
正直なところ、
私はそう遠い計画性を持ってやっておらなかったと思います。
まあ、その日その日を大事に仕事をしてきたということが、
私をして今日を成さしめたように思うのであります。
ひとつ大きな工場を建ててやろうというような遠大な計画は
当時を振り返ってみますと、私は持っておらなかったように思うのです。
創業当時は1日1円の売り上げが
2円になることを望み、2円が3円になるようにと、
その日その日を熱心に努力したにすぎませんでした。
青年にして大志を抱くこと、まことにけっこうですが、
しかしそれを達するには、
その日その日の仕事を大事にすることによって、
そこに一歩一歩の進歩というものが積み上げられていく。
それがついに大きな仕事となってくる

こう平凡に解釈していったらいいんじゃないかと思います。

夢のない人間は、死せる人間である。
大志を抱き、夢をもたなければ、人間、生きる価値はない。
しかし、夢を見て現実を忘れるようなことがあってはならない
やはりその日の仕事を大事にしていこうではないか
あすはあすの風が吹く
きょうを大事にしようではないか
松下幸之助『松翁論語』

明日ありとおもうこころのあだ桜
夜半に嵐の吹かぬものかは
(親鸞聖人が9歳で得度された時に詠まれた歌)

You can't connect the dots looking forward;
you can only connect them looking backwards
.
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something ― your gut, destiny, life, karma, whatever.
This approach has never let me down,
and it has made all the difference in my life.
将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなど
できません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです

だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかで
つながって実を結ぶと信じるしかない
。運命、カルマ…、
何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。
私はこのやり方で後悔したことはありません。
むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。
Steve Jobs ”Stay Hungry. Stay Foolish” June 12, 2005

足るを知る「吾唯足知」(龍安寺 2013/11)
P1010817.JPG

不安や焦り、あるいは恐れにとらわれて
自分を見失ってはいないか
一発逆転の妙手妙策ばかりを追いかけて
いまここでなすべきことをおろそかにしてはいないか
困難にあればこそなお勇気をもって、
なすべきことをなすべきときにきっちりとなしていく。
そのたゆみない歩みこそが、
着実に成果を高め、成功にいたる道ではないか

松下幸之助 日々のことば「道をひらく」

結果を求めず、愚直にただ一つのことをやり続けるぴかぴか(新しい)
◆話題の毛筆フォント 親子3代が執念の開発/NHK逆転人生

たとえ明日、世界が滅びようとも
今日、私はリンゴの木を植える
マルティン・ルター

明日死ぬかのように生きよ
永遠に生きるかのように学べ

マハトマ・ガンジー

西村惠信『坐る ― 白隠禅師坐禅和讃を読む』より――
因果一如の門ひらけ、無二無三の道直し
無相の相を相として、行くも帰るも余所ならず。
意訳しますと、次のようになるでしょうか。
すべては原因をもって存在しているという事実に気がつき、
ただひとすじの道が真っ直ぐに通っていることが分かる。
形なき形こそ真の自己だと分かってみれば、
世界中の隅々まですべて我が家なのだ。

とかく、わたくしどもは、結果を求めることばかり焦って
脚下がお留守になり、今日のつとめを怠りがちでありますが、
そこに失敗の原因があります
その日その日のつとめを堅実に果たしてゆけば
未来の成功はおのずから席をあけて待っておるのであります。
「太閤さんの心がけ」/山田無文『白隠禅師坐禅和讃講話』

いつかはゴールに達するというような歩き方ではだめだ
一歩一歩がゴールであり、
一歩が一歩としての価値をもたなくてはならない
(坂村真民さんが好きなゲーテの言葉)

IMG-9265.jpg

IMG-9270.jpg

IMG-9223.jpg
かたくりの里(丹波市氷上)2021.4.7

一日不作 一日不食(一日作さざれば一日食らわず)
いちにちなさざれば、いちにちくらわず
百丈懐海禅師

食べて飲み、労苦の内に幸せを見いだす。
これ以外に人に幸せはない

それもまた、神の手から与えられるものと分かった。
コヘレトの言葉 2:24/日本聖書協会『共同訳 旧約聖書』
IMG-9219.jpg
咲くも無心
散るも無心
花は嘆かず
今を生きる

「今を生きる」坂村真民

人生においてはカメのような、歩一歩のあゆみが大切だと思う。
速度を多少速めるのはよいが、
二歩三歩いっぺんに飛ぼうとすれば往々にして失敗することにもなろう。
「歩一歩の歩み」/松下幸之助『思うまま』
P1010032.JPG
旧豊郷小学校足跡

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
モグラ叩きで問題は解決しない [2021年04月04日(Sun)]
コロナワクチンの先行接種のクーポンに続いて、
高齢者肺炎予防接種の受診券も届きました。
IMG-9194.jpg

IMG-9203.jpg

実際の高齢者デビューはまだ先の話ですが、
すっかり高齢者で、ピカピカの高齢者一年生ですぴかぴか(新しい)

予防に勝る治療なし」で、
いずれもありがたく接種していただく予定ですが、
肝心のコロナワクチンはクーポンが届いても接種できるのはいつになるやら。

昨日(4/3)の大阪府のコロナ感染者数は過去最多の666人になり、
今月になって3日連続で600人以上(4日前の3/31も599人でほぼ600人)。

日々の感染者「数」もさることながら、「変化率」が気がかりです。

その一方で、コロナ感染者が急増している事実の報道に対して、
大阪は検査数が多いからとか、検査を減らせば感染者数は減るとか、
そんな発言を未だに見聞きします。

母集団から適切にサンプリングして抽出した「標本」なら
全体の推定に資しますが、
感染の疑いある人を検査した結果だからサンプリングでなく、
大阪府や日本全体の感染者数の推定に役立つものではありません。

実のところ、クラスターが発生すれば、
関係者や関係施設の感染者が増えるのは当然だし、
行動を追跡して検査の網を広げなければ、
感染が拡大して多発的なクラスター発生の恐れもある。

数字は事実であり、「現実を直視」して
事実を「謙虚に省察」して「速やかに的確な行動」が肝要
なのに、
目先の数字に囚われたり、勝手な解釈をしたり、
自分の都合の良いように加工したりで、
問題を先送りしたところで問題は解決せず、あげくに「モグラ叩き」。

モグラ叩きを続けている限り、根本的な問題は解決しないので、
一時的に収まっても再び出てきて、問題は複雑化し、一段と深刻化する。

上りマンボウにせよ、下りマンボウにせよ、
「予防に勝る治療」や「根こそぎ元を断つ」ことが求められるのに、
後手に回って右往左往では、収束に向かうのは容易ではないです。

一回目の緊急事態宣言の発令(2020/4/7)から間もなく1年、
「正念場」という言葉もずいぶん耳にしてきましたが、
毎日が正念場と思って日々真剣に生きよということでしょう。
いずれにせよ、一日も早い収束を心から祈ります。

キャッシュフローが悪化すると、
この症状は金欠病だと判断して銀行へ駆け込む。
これは対症療法である。
これを、逆に金欠病を治すために顕現した症状と観ずると、
まずその症状が出る原因を探る。
集金が悪いとか、クレームが増えたとか、経費が増えたとか、
在庫が増えたとか、病気の原因はだいたい決まっている。
そのへんをコントロールすると金欠病は治る。
やみくもに銀行から借金をして対症療法を繰り返していたら
いつまでたっても金欠病は治らないのである。
立石一真『永遠なれベンチャー精神』

金づまりという症状も、経営者の心がけ一つで、
企業の飛躍発展のきっかけになり得るのである。要は、経営者が、
症状即療法と考え、病気を喜ぶ心境になれるかどうかである。
禍を転じて福と為す」という言葉があるが、
西哲学ではその禍を本質的に福と観ずるのだから、
思索的に深いものを持っていると考えるべきである。
立石一真『永遠なれベンチャー精神』

窮境に立つということは、
身をもって知る尊いチャンスではあるまいか。
得難い体得の機会ではあるまいか。
そう考えれば、苦しいなかにも勇気が出る。元気が出る
思い直した心のなかに新しい知恵がわいてくる
そして、禍いを転じて福となす、つまり一陽来復
暗雲に一すじの陽がさしこんで
再び春を迎える力強い再出発への道がひらけてくると思うのである。
「一陽来復」/松下幸之助『道をひらく』

「タンポポ魂」
踏みにじられても
食いちぎられても
死にもしない
枯れもしない
その根強さ
そしてつねに
太陽に向かって咲く
その明るさ
わたしはそれを
わたしの魂とする 坂村真民
IMG-9206.jpg

人生においてはカメのような、歩一歩のあゆみが大切だと思う。
速度を多少速めるのはよいが、
二歩三歩いっぺんに飛ぼうとすれば往々にして失敗することにもなろう。
「歩一歩の歩み」/松下幸之助『思うまま』
P1010032.JPG
旧豊郷小学校足跡

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
立ち止まったっていいじゃないか [2021年04月01日(Thu)]
今日から4月ぴかぴか(新しい)
年度末の昨日(3/31)、夕方5時半から、
Pythonエンジニア認定試験を受けてきました。

受験を申し込んだ会場に向かう道すがら、
満開の桜から舞い散る花吹雪に見とれて立ち止まり、
足元を見ると、水路に落ちた花びらが一面に広がっていたので、
思わずスマホを取り出してパチリ。
IMG-9197.jpg

IMG-9196.jpg

これから試験を受けるというのに、そんなことしている場合か
いえいえ、「立ち止まったっていいじゃないか、にんげんだもの」(みやを)
―― 奈良のとんかつ屋、まるかつさんのトイレの壁に、
相田みつを風のメッセージが貼ってあり、
最後が「かつを」でした(笑)
◆和顔愛語、先意承問、笑門来福/2021.3.21

試験は40問で、合格ラインは7割、1000点満点で700点(28問)です。
昨年10月30日にPythonエンジニア認定の「基礎」に挑みましたが、
合格に1問足らずの27問の675点で不合格でした。

今回は、そのリベンジでなく、「データ分析」に挑みましたが、
再び、1問足らずの27問の675点で不合格でした。
IMG-9200.jpg

結果的にはあと一歩及ばずですが、
択一問題のおかげで1問足らずの結果で済んだというだけのことで、
同じ問題でも記述式なら3割できたかどうかのレベルです。

カテゴリー別にみると、Pythonとその標準ライブラリや
NumPyやPandasなどのデータ分析で利用するライブラリの知識を
問う設問に対しては厳しい結果でしたが、
(機械学習のライブラリ scikit-learnの正解率は25%で8問中2問)
それ以外の分野はすべて100点のパーフェクトぴかぴか(新しい)
自分で自分をほめたいです。

人から評価してもらうということも、
むろんそれによっていろいろ感慨もありますけれども、それよりも
自分で自分をほめるとでも言いますか、
そういうような心境がずっと続いたならば
その人はいわゆる世の成功者であるという感じがいたします。
仕事の量ですとか、そういうものは第二にいたしまして、
どんな仕事でありましても、
私はそういう心境のもてる人は、必ずその仕事に、
小は小なりに大は大なりに立派な成果があがるものだと思います。
松下幸之助「自分で自分をほめられるか

今回挑んだ「データ分析」では、
ベクトルや行列、微分・積分など数学の知識も前提になるのですが、
中学や高校で学んでからすっかりご無沙汰で記憶になく、
本を読んでも頭に入らず、押し込んでもすぐ忘れるで難儀しました。

私自身の仕事に直接の関係なく、関与先のビジネスにも関係なく、
仕事の必要に迫られているわけでもないので、
受験を止めたところで何の問題もなかったのですが、
諦めの悪いのが取り柄で悪あがき。おかげで、
受験勉強を超えて色々と関心を深めることができました。

今から思えば、中学や高校で数学を学んだ頃は、
それが何の役に立つかなんて考えることなく、
ただ覚えて問題を解くって感じでした。
それで点が取れれば評価されるので、
問題を解くためのテクニックが勝負だったように思います。

今回の「学び直しの数学」は、年寄りの冷や水の悪戦苦闘で、
たとえばベクトルと行列や行列同士の演算などの線形代数の問題も
すっかり忘れていましたが、
それがクラスタリングや次元削減でアルゴリズムを支えていたり、
機械学習の最適解の導きに微分や偏微分が活かされていたり、
確率や統計の理論がデータ解析から未来の不確実さの低減を図って
予測の精度向上に役立っていたりで、
単に知識の暗記でなく、興味を持って学ぶことができました。

Python検定を効率的に合格することを目標にするなら、
横道に外れたかもしれません。
そのため、去年10月末に「基礎」の受験した後、
年内に「データ分析」を受けるとブログに宣言したのに、
受験は3ヶ月遅れの昨日になり、
しかも肝心のPythonの理解はあやふやで合格レベルに達しない。
でも、それもまたよしです。

学び直した数学の知識はもとより、Pythonも
私が普通に使う分には使えるでしょう。
分からなければ調べればいいし、
使っていくうちに使いこなして実践力もつくはずです。また、
エクセルも、今までは計算や集計のツールとして使っていましたが、
Pythonを学んだおかげでデータ分析にも活用できそうです。

データを集計して、それを評価するだけでなく、
しっかり解析して予測に資するとともに、
立てた仮説に基づいた新たなプランを策定して実行し、
実行の経過を観察して結果とともに検証する。
―― Pythonの試験勉強で学んだことが、
仕事だけでなく日々の暮らしにも活かせそうです。
まずは自分のために、そしていつの日か、
世の中のお役立ちができれば、なんて夢のまた夢の話ですが…

今日(4/1)から新年度スタート
今週月曜日(3/29)コロナワクチン接種の無料クーポン券が届きました。
IMG-9194.jpg
まだ、先行接種の対象になる「高齢者」ではないのですが、
令和3年度中に65歳に達する方が対象になるとのこと。
コロナのおかげで、早々と高齢者デビューですぴかぴか(新しい)

松下幸之助のもっとも基本的で、潜在的にもっとも力強い思想は、
生涯にわたって学び続ける根源に関するものである。
彼は繰り返し人々に説いた。
謙虚な心と開かれた心を持てば
人はどんな経験からも、どんな年齢でも学べると。
人間的な大きな理想を抱けば、成功も失敗も克服し、
そのどちらからも学び、成長し続けることができると。
彼の驚異的な人生は、これらの主張の力強い証明にほかならない。
ジョン・P・コッター『限りなき魂の成長
s-img454.jpg

走り終えて自分に誇り(あるいは誇りに似たもの)が持てるかどうか
それが長距離ランナーにとっての大事な基準になる。
同じことが仕事についても言える
(…)
僕は日々走りながら、あるいはレースを積み重ねながら、
達成規準(基準でなく規準)のバーを少しずつ高く上げ、
それをクリアすることによって、
自分を高めていった。
少なくとも高めようと志し、そのために日々努めていた。
僕はもちろんたいしたランナーではない。
走り手としてはきわめて平凡な ― むしろ凡庸というべきだろう ― レベルだ。
しかしそれはまったく重要な問題ではない
昨日の自分をわずかにでも乗り越えていくこと
それが何より重要なのだ
長距離走において勝つべき相手がいるとすれば、
それは過去の自分自身
なのだから。
村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』

人生においてはカメのような、歩一歩のあゆみが大切だと思う。
速度を多少速めるのはよいが、
二歩三歩いっぺんに飛ぼうとすれば往々にして失敗することにもなろう。
「歩一歩の歩み」/松下幸之助『思うまま』
P1010032.JPG
旧豊郷小学校足跡

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。