• もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
一切衆生を両手に抱け [2022年08月05日(Fri)]
6月末の夏越大祓の神事にご加護を祈願した上新田天神社から、
夏越守護「茅之輪」が届きました。
4BB284C1-3ECA-43E4-871F-596616043BA9.jpeg
――「無病息災」「延命長寿」ということで
実家の玄関に吊るしてお祀りさせていただきました。

KIMG2159.JPG
夏越の大祓/千里の氏神様・上新田天神社
(2022.6.30)
松下幸之助『道をひらく』より――
「手を合わす」
うどんの値段は同じであっても、
客を大事にしてくれる店、まごころこもった親切な店には、
人は自然に寄りついてゆく。
その反対に、客をぞんざいにし、礼儀もなければ作法もない、
そんな店には、人の足は自然と遠ざかる。

客が食べ終わって出て行く後ろ姿に、
しんそこ、ありがたく手を合わせて拝むような心持ち
そんな心持ちのうどん屋さんは、必ず成功するのである。

こんな心がけに徹したならば、もちろん、うどんの味もよくなってくる。
一人ひとりに親切で、一ぱい一ぱいに慎重で、
湯かげん、ダシかげんにも、親身のくふうがはらわれる。
そのうえ、客を待たせない。
たとえ親切で、うまくても、しびれが切れるほど待たされたら、
今日の時代では、客の好意もつづかない。
客の後ろ姿に手を合わす心がけには、
早く早くという客の気持ちがつたわってくるはずである。

親切で、うまくて、早くて、そして客の後ろ姿に手を合わす――
この心がけの大切さは、何もうどん屋さんだけに限らないであろう。
おたがいによく考えたい。

身に受けた喜びを素直に謝しつつ、
みずからもまた喜びを他に与える働きを重ねてゆきたい
ものである。
「感謝する」/松下幸之助『続・道をひらく』

坂村真民『両手の詩』
両手を合わせる
両手で握る
両手で支える
両手で受ける
両手の愛
両手の情
両手合わしたら
喧嘩もできまい
両手に持ったら
壊れもしまい
一切衆生を
両手に抱け


サリンジャーの短編集『ナイン・ストーリーズ』の扉
IMG-9560.jpg
「両手の鳴る音は知る。片手の鳴る音はいかに?」― 禅の公案 ―

――隻手の公案に、信州伊那の那須野さん女、
「白隠の片手の声を聞くよりも、両手たたいて商ひをせよ」
これに対して、白隠、
商ひが両手たたいてできるなら、隻手の声は聞くに及ばす

昼間の星は見えなくとも、
だからといって存在しないわけではなく、確かにそこにある。
経済活動においても、見えない存在があることを、
つねに念頭に置いていることが大切ではないだろうか

数字やデータに表れない情報、世界の本質に、
私たちは、もっと目を向けるべきなのだ。
みんなはデータにできるいくつかの指標を後生大事に
忙しい中それだけを見ている。しかし
世の中には、データにできない大切なことがいっぱいある
のだ。
福原義春『美 ―「見えないものをみる」ということ』

厳しい暑さが続きます。ご自愛専一に。
IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
s-P1040558.jpg
日新、日日新」/土光敏夫先生記念苑

P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。