CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
暗さを直視する勇気 [2022年05月26日(Thu)]
五木寛之・大塚初重『弱き者の生き方』より――
「あるアサガオの研究者の文章に、
すごく興味をそそられるものがありました。私たちは
アサガオの蕾は朝の光によって開くと思っていますけど
けっしてそれだけでなく、それに先立つ夜の時間の冷たさと
闇の深さが不可欠であるという話なんです。
それと同じように、本当に明るく生きるためには、
暗さを直視する勇気をもたなければいけない。
ほんとうのよろこびというものを知る人間は、
深く悲しむことを知っている人間なのではないかと思うんです。
そう考えますと、やはり私たちも重い過去、辛い経験があってこそ
いまの生き方がある
と思いますね」(五木寛之)

「冷たい夜と闇の濃さのなかにこそ朝顔は咲くのだ」 
というエピソードは、月並みですがたしかな真実もあります。
暗黒のなかで光を探し求めている人間こそが、
ひと筋の光を見て
心がふるえるほどの感動をおぼえることができるのですから。
その光が見えたときの喜びこそが
啓示のようなはたらきをする
のです。
五木寛之『大河の一滴』

「鳥は飛ばねばならぬ」坂村真民
鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ
怒涛の海を
飛びゆく鳥のように
混沌の世を
生きねばならぬ
鳥は本能的に
暗黒を突破すれば
光明の島に着くことを
知っている
そのように人も
一寸先は
闇ではなく
光である
ことを
知らねばならぬ
新しい年を迎えた日の朝
わたしに与えられた命題
鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ
20170430_11.JPG

「闇と苦」坂村真民
闇があるから
光がある
苦があるから
楽がある
闇を生かせ
苦を生かせ

20170903.jpg

太陽は 夜が明けるのを待って 昇るのではない
太陽が昇るから 夜が明けるのだ
(東井義雄)
IMG_1485.jpg

今朝も、ユリが、また一輪、花を咲かせてくれました。
同じ種類でも、花びらの枚数が違います(多様性?)
KIMG1915.JPG
(2022.5.26)
KIMG1917.JPG
次はどのツボミが花を咲かせてくれるか楽しみでするんるん
◆花は無心/2022.5.25

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。