CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
静かに時を待ち、自分を磨く [2022年01月07日(Fri)]
松下幸之助『道をひらく』より――
「時を待つ心」
何ごとをなすにも時というものがある。
時 ―― それは人間の力を超えた、目に見えない大自然の力である。
いかに望もうと、春が来なければ桜は咲かぬ。
いかにあせろうと、時期が来なければ事は成就せぬ。
冬が来れば春はま近い。桜は静かにその春を待つ。
それはまさに、大自然の恵みを心から信じきった姿といえよう。 
わるい時がすぎれば、よい時は必ず来る。
おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るのを待つ
あせらずあわてず、静かに時の来るのを待つ。
時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。
だが何もせずに待つことは僥倖を待つに等しい
静かに春を待つ姿は、一瞬の休みもなく力をたくわえている
たくわえられた力がなければ、時が来ても事は成就しないであろう。
時を得ぬ人は静かに待つがよい。
大自然の恵みを心から信じ、時の来るを信じて、
着々とわが力をたくわえるがよい

着々とわが力をたくわえる人には、時は必ず来る。時期は必ず来る
待てといわれればなおあせるのが人情である。
だが、自然の理はわがままな人情には流されない。
冷たいのではない。静かに時を待つ人には、暖かい光を注ぐのである。
おたがいに時を待つ心を養いたい。

世の中には成るものと成らないものがある。
いくら時を待っても人間の力ではどうしようもないこともある。
しかし、たとえ成るものであっても
時が来ないために成らないという場合が少なからずある
ですから、つらく、苦しいというときにも、
いたずらにあせることなく、静かに時を待ち、自分を磨いてゆく
そうした姿が人間として尊く、大切なことではないか。
そして、そうした人たちには、必ずや春の陽光が暖かくふりそそぐ。
「春を待つ心」/松下幸之助『人生談義』

唐木順三『詩とデカダンス』より――
「考え、待つということ」
「待つ」ということにはかなりの緊張と心の修練が必要である。
たえず自分の問題を考えつづけているという状態が必要なのだが、
今日来るか、明日来るかという待ち方は、実は
ほんとうに待つのではない

むずかしく言えば、待たないように待つことが、待つことの極意である。
緊張して待機するというのと違って、いわば等閑に待つのである。
時が熟し、時節到来するのを、待たないように待つというのが、
修行というものであろう。
訪れるもの、よびかけ来るものは、いつ来るかわからない
そのいつ訪れるかわからないものが、いざ来たという場合
それに心を開き、手を開いて迎え応ずることのできるような姿勢が
待つということ
であろう。
邂逅という言葉には、偶然に、不図出会うということが含まれていると
同時に、その偶然に出会ったものが、実は会うべくして会ったもの
運命的に出会ったものということをも含んでいる
そういう出会いのよろこびは、それを自身で味わったひとでないと
解しがたく、伝えがたいであろう

とかく、わたくしどもは、
結果を求めることばかり焦って、脚下がお留守になり、
今日のつとめを怠りがちでありますが、そこに失敗の原因があります。
その日その日のつとめを堅実に果たしてゆけば
未来の成功はおのずから席をあけて待っておるのであります。
「太閤さんの心がけ」/山田無文『白隠禅師坐禅和讃講話』

松下幸之助『道をひらく』より――
「道」
自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。
どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。
自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。
広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。
坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。
この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。
なぐさめを求めたくなる時もあろう。
しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
あきらめろと言うのではない。
いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、
ともかくもこの道を休まず歩むことである。
自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられているかけがいのないこの道ではないか。
他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、
道はすこしもひらけない。
道をひらくためには、まず歩まねばならぬ
心を定め、懸命に歩まねばならぬ
それがたとえ遠い道のように思えても、
休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる
深い喜びも生まれてくる。

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)

涙と共に種を蒔く人は 
喜びの歌と共に刈り入れる。
種の袋を背負い、泣きながら出て行く人も 
穂の束を背負い、喜びの歌と共に帰って来る。
詩編(126:5〜6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)

――「時を待つ」ときの姿勢が問われる
人は時間の中に住んでいるのではなく、時の中に住んでいる(岡潔)
時(時機、偶然、運命)は「いつ来るかわからない」が「待っている」
いつ来るかわからない時を「待たないようにして待つ」期待しないで待つ
夜明けはまだか、ゴールはまだか、今日か明日か、と待つのではなく
時が来る(時が待っている)のを心から信じて「静かに待つ」
今なすべきことに集注(夢中、無心、無欲)して今日のつとめを果たし
着々と力をたくわえて自分を磨き、高めていく
その結果として「喜びの歌」が待っているぴかぴか(新しい)


世界がぜんたい幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない

自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する
この方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか
新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある
正しく強く生きるとは
銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである

われらは世界のまことの幸福を索ねよう
求道すでに道である
宮沢賢治『農民芸術概論綱要』



mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

Thank you very much. この続きはまた明日四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。