CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
自分に誇りが持てるかどうか [2020年10月13日(Tue)]
今夜(10/13)のNHK『プロフェショナル』は、
「当たり前が当たり前であるために〜路線バス運転手・大森透〜」

ドラマチックな展開は起きない(番組ナレーション)ですが、
自分と同年代の大森さんの「真摯」に働かれる姿に、
晴れ晴れとした気分になり、明日への希望が湧いてきました。

「当たり前の生活を支えていくことに、誇りを持っています」
路線バス運転手・大森透

誇りを持って職場に向かい、バスの点検をしてハンドルを握り、
常にお客様の立場に立って仕事をする。
バスに乗るお客さんから、ういろう屋さんのバス停を尋ねられて、
最寄りのバス停を答えるだけでなく、
今日は定休日でなかったっけ?とガイドブックを確認する姿は、
決して「平凡」や「当たり前」でなく、間違いなく「プロフェショナル」です。
誇りを持って仕事をするから、誠実に、謙虚に、そして熱心にできて、
その日の仕事を終えて「自分で自分をほめる」ことができる。

仕事は人生の一大事です。
やりがいを感じることができるただ一つの方法は、
すばらしい仕事だと心底思えることをやることです。
the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work.
そして偉大なことをやり抜くただ一つの道は、仕事を愛することでしょう。
the only way to do great work is to love what you do.
スティーブ・ジョブズ「ハングリーであれ。愚か者であれ」

社員自らが働くことに価値を見出し、
朝起きて仕事に出かけようとする意欲を持つ
ことが、
唯一生産性を高める方法なのです。
リカルド・セムラー『奇跡の経営(The Seven-Day Weekend)』

ダン・アリエリーのTED Talks(2012.10)
What makes us feel good about our work?


一般的なランナーの多くは「今回はこれくらいのタイムで走ろう」と
あらかじめ個人的目標を決めてレースに挑む。
そのタイム内で走ることができれば彼/彼女は「何かを達成した」ことになるし、
もし走れなければ「何かが達成できなかった」ことになる。
もしタイム内で走れなかったとしても、
やれる限りのことはやったという満足感なり、
次につながっていくポジティブな手応えがあれば、
また何かしらの大きな発見のようなものがあれば、
たぶんそれはひとつの達成になるだろう。言い換えれば、
走り終えて自分に誇り(あるいは誇りに似たもの)が持てるかどうか
それが長距離ランナーにとっての大事な基準になる。
同じことが仕事についても言える。
村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』

どんな仕事でも、それが世の中に必要なればこそ成り立つので、
世の中の人びとが求めているのでなければ、その仕事は成り立つものではない。
人びとが街で手軽に靴を磨きたいと思えばこそ、靴磨きの商売も成り立つので、
さもなければ靴磨きの仕事は生まれもしないであろう。だから、
自分の仕事は、自分がやっている自分の仕事だと思うのはとんでもないことで、
ほんとうは世の中にやらせてもらっている世の中の仕事なのである

ここに仕事の意義がある。自分の仕事をああもしたい、こうもしたいと思うのは、
その人に熱意があればこそで、まことに結構なことだが、
自分の仕事は世の中の仕事であるということを忘れたら、
それはとらわれた野心となり小さな自己満足となる。
仕事が伸びるか伸びないかは、世の中が決めてくれる。
世の中の求めのままに、自然に自分の仕事を伸ばしてゆけばよい。
大切なことは世の中にやらせてもらっているこの仕事を、
誠実に、謙虚に、そして熱心にやる
ことである。
世の中の求めに、精いっぱいこたえることである。
おたがいに、自分の仕事の意義を忘れたくないものである。
「自分の仕事」/松下幸之助『道をひらく』

私の今年の一文字は「革」
2020革.jpg
◆私の今年の一文字「革」/2020.1.3

大切な一生である。尊い人生である。今からでも決しておそくはない
おたがいに心を新たにして、
真剣勝負のつもりで、日々にのぞみたいものである。
「真剣勝負」/松下幸之助『道をひらく』

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。