CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
真の繁栄への道 [2012年06月17日(Sun)]
michi.jpg
朝起きたら顔を洗う。家の前をはいて水を打つ。しごくあたりまえのこと

ものをもらえばありがとう。お世話になったらすみません。
とりちらかしたら、あとかたづけ。
別にむつかしい理屈も何もない。犬や猫ならいざ知らず、
人間としてなすべき、もっとも平凡な、もっともあたりまえのことである。

ところがこれに理屈がつく。
手前勝手な理屈がつくと、いつのまにやらあとかたづけ不要。
顔も洗わず、水も打たず。
平凡なことが何やらむつかしいことになって、何をなすべきか右往左往
そんなことが、きょうこのごろはあまりにも多すぎはしないか。

それもこれも、つまりは自分なりの都合のよい道を求めてのことであろうけれども、
自他ともの真の繁栄への道は、本当はもっと平凡なところにある
みんなが納得するしごくあたりまえのところにある
別にむつかしく考える必要はないのではないか。

もう一度考え直してみたい。
水が低きに流れるように、夏がすぎたら秋がくるように、
「自然の理」にかえって、もう一度「素直な心」で考え直してみたい
「もっとも平凡な」/松下幸之助著『道をひらく』本

松翁ある人に次のように言われた。
――素直な心は、力強く積極的なものだ
自然の理法に基づいた心が、弱く消極的なものであるはずがない
コメント