• もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
一人の百歩より百人の一歩 [2022年11月01日(Tue)]
先週の土曜日(10/29)、日本シリーズの第6戦に
先発して勝利投手になったオリックスバファローズの山崎福也さん。
そういえばと思い出したのですが、
元タイガースの横田慎太郎さんが脳腫瘍で闘病していた頃、
オリックスのピッチャーで中学生の時に脳腫瘍の手術をした人がいると
教えていただき、それが山崎福也さんでした。

山崎福也さん、今シーズンは5勝で、
ホークスとのクライマックスシリーズも投げていないのに、
日本シリーズの第2戦(10/23)の先発を任されて結果を残し、
神宮球場に戻って第6戦(10/29)の先発を任されて勝利投手になり、
そして日本シリーズの優秀選手(あと2人は吉田正尚とヤクルトの塩見泰隆)。

山崎福也さんのインタビュー記事が朝日新聞に掲載されていましたが、
朝日新聞デジタルにはインタビュー全文が掲載されていて、
日大三高にスポーツ推薦で入学する前の健康診断で脳腫瘍が見つかって
手術を受けて闘病したことへの感謝の思いとか、
コーチ兼任の能見さんから色々と的確なアドバイスを受けていたこととか、
新たな気づきや学びを得られました。

そのインタビュー記事で、私が一番インパクトを受けたのが、
中嶋監督が監督代行になった2020年。
最下位が札幌ドームで決まって、珍しく全体ミーティングがあったんです。
これで最下位が決まったけど、
 来年は何としてもAクラスじゃなく、優勝を狙うから。
 どういうふうにやっていけばいいか俺も分かんないけど

と監督は言いました。その翌年に優勝。すごいなとしか言えない。

監督代行としてシーズン最下位が決まった日の全体ミーティングで、
「これで最下位が決まったけど、
 来年は何としてもAクラスじゃなく、優勝を狙うから」
「どういうふうにやっていけばいいか俺も分かんないけど」
そして翌2021年はリーグ制覇で優勝、2022年は日本一。
FAや外国人選手に頼ることなく、
全員で戦って、全員で勝ち、全員で頂点に立つ
見事です。――「一人の百歩より百人の一歩」ひらめき

日本一という最高の結果を出したから「有言実行」ということでなく、
試合中のベンチで熱心にノートに書き込んで采配すする中嶋監督に興味津々。
おそらく、試合中だけでなく、
練習」でも独自の信念を持って取り組んでおられるのでしょう。

KIMG2755.JPG
練りきりの和菓子でHappy Halloween!

ダグ・レモフほか『成功する練習の法則』(原題:Practice Perfect)より――
組織やそのなかの個人を並はずれてよくするには、
たんに「よい」練習や能力開発では足りない。また、
「よい」練習の質を少し上げたところで、並はずれてすぐれた組織にはならない。
1分1秒の生産性をいまよりはるかに高めた「すばらしい」練習をする必要があるのだ。
幸い「すばらしい」は「よい」からさほど離れていないことが多いし
ほんの小さな変更が人々を急激に成長させることもある
---------------------
私たちはよく「練習で完璧なる」と言う。本書の原題『Practice Perfect』も、
練習と完璧のつながりをもじったものだが、
じつのところ、練習で完璧(perfect)になるというより、
練習で永遠(permanent)になる、のほうが正確だ。(略)
まちがった動きを練習すれば、チームは本番でまちがった動きをする。
漠然と練習をすれば、本番でも漠然と動くことになる。つまり、
練習のきわめて重要な目標は、内容が何であろうと
参加者が正しくおこない、成功をしっかりと組みこむことだ。
当たりまえに思えるかもしれない。
しかし、まちがった練習のほうがむしろ多いのだ。
原因はたくさんあるが、とりわけ目につくのは次のふたつだろう。
第一に、練習をじっくりと戦略的に観察して
参加者が正しくやっているかどうかを確認していない。
第二に、学習曲線を急上昇させるためにまちがった努力をして、
失敗の可能性を高めている。

いまの経済は相変わらず無駄が多い。
無駄の原因は組織の効率が悪いからでなく、
まちがった仕事をしているからだ
――しかも産業規模で。
ピーター・ドラッカーが指摘しているように
やってはいけないことをすばらしい効率で行うほど無駄なことはない」のだ。
であるにもかかわらず、我々はまちがったことを効率的にしつづけている。
エリック・リース 『リーンスタートアップ』

KIMG2743.JPG

KIMG2749.JPG

KIMG2751.JPG

今日から11月、心も新たにぴかぴか(新しい)

「練習で完璧になるのではなく、永遠になる」
ただ繰り返すだけでは上達しないひらめき
 ―― ならば、練習で完璧になるには?
  
IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
「格致日新」

s-P1010822.jpg
「吾唯足知」(ワレタダタルコトヲシル)/龍安寺


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント