• もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
要するに、自滅である [2022年10月25日(Tue)]
昨日に続いて、ジョン・ウッデンの『育てる技術』より――

私が大切だと信じている目標は、
自分の能力を最大限に発揮するという目標である。
この目標なら、誰でも実行可能である
反対に、人がなしうる最悪の行為は、
自滅することだと私は考えている。自滅するというのは、
最善の努力をせず、自分の能力を最大限に発揮しないという意味だ

前の晩に夜更かしをした、個人成績を気にしすぎた、
十分な準備をしなくても全力を発揮できると思った、
あせって逆効果になることをやってしまった、などなど。
要するに、自滅である。
他の人間が手をくだすまでもなかった。
これは恥ずべきことだ。


だから、私が人を判断するときも、基準は、
その人がその人なりの100%にどれだけ近づいたかだ。
選手たちには、毎日少しずつ向上し、
ベストの状態に近づく努力をするよう義務づけた。
とはいえ、完全な状態になるというのも不可能であると率直に話した。
そのうえで彼らに、「私は諸君が完全な状態に到達するために
最善を尽くすことを期待している」と言った。
どこまで完全に近づけるかが、われわれの努力目標だった。
120%や110%を達成するのは無理だろう。しかし、
自分の潜在能力を100%出し切るという目標にどれだけ近づけるか
それが私の彼らに与えた課題だった。
人がその課題を真摯に受け止めるとき、驚異的な結果が出る

KIMG2735_2.JPG

Success is peace of mind
which is a direct result of self-satisfaction
in knowing you did your best
to become the best you are capable of becoming.
John Wooden

成功とは、自分がなれるベストの状態になるために
最善を尽くしたと自覚し、満足することによって得られる
心の平和のことである。

「なれる最高の自分になるために質の高い努力をしていたかどうか」
―― 尺度は「努力の量ではなく、質の高さ」


John Wooden:The difference between winning and succeeding
/TED2001

Cervantes said,
"The journey is better than the end."


KIMG2720.JPG
道端に落ちていたツバキの実の殻。
見上げると、枝には新たなつぼみが…

「自分の潜在能力を100%出し切るという目標にどれだけ近づけるか」を
真摯に受け止めて「質の高い努力を自らに課して着実に実行」か、
それとも「自滅」か
――「知行合一で主体的な自己を確立」なら
Success is peace of mind(心の平和)がもたらされ、驚異的な結果が出る。
なのに・・・
要するに、自滅である
 他の人間が手をくだすまでもなかった。
 これは恥ずべきことだ」

おい、主人公、目を覚ましているか、
知行合一で主体的な自己を確立か、
くれぐれも自滅すること勿れ

IMG-9307.jpg
「日々是好日」
「今日是好日」
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
「格致日新」

とかく、わたくしどもは、
結果を求めることばかり焦って、脚下がお留守になり、
今日のつとめを怠りがちでありますが、そこに失敗の原因があります。
その日その日のつとめを堅実に果たしてゆけば、
未来の成功はおのずから席をあけて待っておる
のであります。
「太閤さんの心がけ」/山田無文『愛語』

生きることの最大の障害は期待をもつということであるが、
それは明日に依存して今日を失うことだ。
運命の手中に置かれているものを並べたて、
現に手元にあるものは放棄する。
君はどこを見ているのか。どこに向かって進もうとするのか。
将来のことはすべて不確定のうちに存する。
今直ちに生きなければならぬ

セネカ『人生の短さについて』岩波文庫

もしタイム内で走れなかったとしても、
やれる限りのことはやったという満足感なり、
次につながっていくポジティブな手応えがあれば、
また何かしらの大きな発見のようなものがあれば、
たぶんそれはひとつの達成になるだろう。言い換えれば、
走り終えて自分に誇り(あるいは誇りに似たもの)が持てるかどうか
それが長距離ランナーにとっての大事な基準になる。
同じことが仕事についても言える。
村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』

誰が誰よりどうだとか
誰の仕事がどうしたとか
そんなことを言ってゐるひまがあるか
宮沢賢治『生徒諸君に寄せる』

s-P1010822.jpg
「吾唯足知」(ワレタダタルコトヲシル)/龍安寺


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント