CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
汝自身を知れ [2022年06月16日(Thu)]
千里の氏神さま、上新田天神社にて
KIMG2091.JPG
「鏡は人の心を映すものである」新渡戸稲造

新渡戸稲造『武士道』より――
神社に詣ずる者は誰でも観るごとく、
その礼拝の対象および道具は甚だ少なく、
奥殿に掲げられたる素鏡がその備えつけの主要部分を成すのである。
鏡の存在は容易に説明ができる。それは人の心を表わすものであって、
心が完全に平静かつ明澄なる時は神の御像を映す
この故に人もし神前に立ちて拝礼する時は、
鏡の輝く面に自己の像の映れるを見るであろう。
かくてその礼拝の行為は、
汝自身を知れ」という旧きデルフィの神託と同一に帰するのである。

心だに誠の道にかないなば 祈らずとても神や守らん
(菅原道真)
心だに誠の道にそむくなば 祈ったところで神は守らず
(詠み人知らず)

天知る、地知る、我知る、人知る

神様(お天道様)はすべてお見通し

商売繁昌の秘訣は、信用にあり、
信用を得る道は誠実に御客本位に行う事である。
「信用の三条件」/小林一三『私の行き方』

信用というものは、
正直さがあくまで土台になっている。
それともう一つ大事なことは、
信用には長い時間と忍耐が必要だということだ。
どんなに正直にやっても三日坊主ではだめだ
3日くらいでできるほ甘いものではない。
やはり長時間かけて世間が下してくれた勤務評定なのである。
人生は信用とカネの天びん棒」/本田宗一郎『俺の考え』

松下幸之助『道をひらく』より――
「心の鏡」
自分の身なりを正すためには、人はまず鏡の前に立つ。
鏡は正直である
ありのままの姿を、ありのままにそこに映し出す。
自分のネクタイは曲がっていないと、がんこに言い張る人でも
鏡の前に立てば、その曲直は一目りょうぜんである。
だから人は、その誤ちをみとめ、これを直す
身なりは鏡で正せるとしても、
心のゆがみまでも映し出しはしない。
だから、人はとかく、自分の考えやふるまいの誤りが自覚しにくい。
心の鏡がないのだから、ムリもないといえばそれまでだが
けれど求める心、謙虚な心さえあれば、心の鏡は随処にある
自分の周囲にある物、いる人、
これすべて、わが心の反映である。わが心の鏡である。
すべての物がわが心を映し、
すべての人が、わが心につながっている
のである。
古えの聖賢は「まず自分の目から梁を取りのけよ」と教えた。
もうすこし、周囲をよく見たい。
もうすこし、周囲の人の声に耳を傾けたい

この謙虚な心、素直な心があれば、人も物もみなわが心の鏡として
自分の考え、自分のふるまいの正邪が
そこにありのままに映し出されてくるであろう。

「偽善者よ、まず自分の目から梁を取り除け
(マタイ 7:4)

「月来れば月映じ、鳥来れば鳥映ず。
波静まった水面の如く、
万物明らかに映ずる心の状態
を落ち着きという」
心身統一合氣道/誦句集

「万物万象はわが心に帰す」
「だから心をつねに曇らさずに保っておくと、物事がよくみえる
学問とはなにか。
心を澄ませ感応力を鋭敏にする道である」
司馬遼太郎『峠』

私は17歳のときに
「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる」
という言葉にどこかで出合ったのです。
それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、
私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。
もし今日が最後の日だとしても、
 今からやろうとしていたことをするだろうか
」と。
「違う」という答えが何日も続くようなら、
ちょっと生き方を見直せということです。
自分はまもなく死ぬという認識が、
重大な決断を下すときに一番役立つのです。
Stay Hungry. Stay Foolish.
Steve Jobs, CEO of Apple Computer, on June 12, 2005

P1030315.jpg
生死事大、光陰可惜、無常迅速、慎勿放逸
「一日一生」
「生死事大」
「一期一会」
「脚下照顧」
「日々是好日」
「今日是好日」
「日々是新」
朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント