• もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
優しい心とは「感じる」こと [2022年04月10日(Sun)]
昨日(4/9)、箕面メイプルホールで開催された上映会で
映画『HOKUSAI』を見ました(日本語字幕)。
KIMG1465_2.JPG

北斎をはじめ、画商の蔦屋重三郎や、
武士でありなら戯作を書き続ける種彦など、
彼らの生き様に魂を揺さぶられ、
映画の最初から最後まで見入ってしまいました。

新しい千円札の表面は北里柴三郎で、
裏面は北斎の「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」です。
new-japanese-1000yen.jpg
千円券には、日本を代表し国民にも馴染みの深い「富士山」を
モチーフとした富嶽三十六景・神奈川沖浪裏としています。
本図は、江戸時代の浮世絵師葛飾北斎の代表作で知名度も高く、
世界の芸術家に影響を与えた作品でもあります。
◆紙幣の裏面の図柄の選定理由/財務省

◆Hokusai's 'Great Wave' to feature on new Japanese banknotes
/CNN(9th April 2019)


あの北斎の代表作『富嶽三十六景』が70歳を過ぎて発表されたとは知らず、
また、『富嶽百景』が74歳の発表とは驚きです。

70歳を過ぎて脳卒中に倒れ、
筆を持つ右手が障害が残っても立ち止まることなく、
旅に出て「富嶽三十六景」を描き上げる。
そして、88歳で亡くなる最後の最後まで描き続けた。

ガツンと一撃くらわされました。

何のために描くのか、
何のために働くのか、
何のために生きるのか、
―― 食べるためではなく、他者との競争でもない

あらためて、百丈禅師の「働かずして食わず」を考えさせられました。

高見沢潤子『兄 小林秀雄』より――
「ああきれいだと心に感じて、じいっとみつめて
 花と時を費すところに愛がある
と兄はいっていたし、また、
人間は、いくら知識があっても、学問があっても、
 優しい心がなければ、立派な人間とはいえない、
 優しい心とは感じることである

ともいった。
兄は感じる人であった。人間の心を、美を、真実をよく感じた
だから優しい、愛情の深い人だった

小林秀雄『美を求める心』より――
例えば、諸君が野原を歩いていて
一輪の美しい花の咲いているのを見たとする。
見ると、それは菫(すみれ)の花だとわかる。
何だ、菫の花か、と思った瞬間に
諸君はもう花の形も色も見るのを止めるでしょう。
諸君は心の中でお喋りをしたのです。
菫の花という言葉が、諸君の心のうちに這入って来れば、
諸君は、もう眼を閉じるのです。
それほど、黙って物を見るという事は難しいことです。
菫の花だと解るという事は、
花の姿や色の美しい感じを言葉で置き換えて了うことです。
言葉の邪魔の這入らぬ花の美しい感じを、
そのまま、持ち続け、花を黙って見続けていれば、
花は諸君に、かつて見た事もなかった様な美しさを、
それこそ限りなく明かすでしょう。
画家は、皆そういう風に花を見ているのです。
何年も何年も同じ花を見て描いているのです。
そうして出来上がった花の絵は、やはり
画家が花を見たような見方で見なければ何にもならない
絵は、画家が、黙って見た美しい花の感じを現しているのです。
花の名前なぞを現しているのではありません。
(…)
画家が花を見るのは好奇心からではない。花への愛情です
愛情ですから、
平凡な菫の花だと解りきっている花を見て、見厭きないのです。

KIMG1430_2.JPG

KIMG1424_2.JPG

KIMG1423_2.JPG

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな。ひらめき
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

Thank you very much. この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント