• もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
情けは人のためならず [2022年03月26日(Sat)]
ダライ・ラマ『幸福論』より――
わたしの考える「精神性」とは、
人間の称えるべき心のありようを示しています。
愛情や思いやり、我慢強さ、寛容さ、許す心、
満足する心、責任感、協調性といった、
自分だけでなく他人にも幸せをもたらすものです。
(…)
わたしが「精神性」と称している心のありようの共通点を挙げるとすれば、
多かれ少なかれ他人の幸福を考えるということになります。
(…)
さらに、思いやりのある人、愛情あふれる人、我慢強い人、
寛容な人、他人を赦せる人などは、
ある程度まで自分の行動が他人におよぼす影響を理解していて、
それに応じて自分の行いを調整しています。だとすると、
精神的な行い」というのは、
まず他人の幸福を考えたうえでの行動ということになります。
それと同時に、もっと自然に
そうした行動がとれるよう自分を変えていく
ことも、
精神的な行い」と言えるでしょう。
(※)「精神性」スピリチュアリティ(Spirituality)四つ葉
---------------
ほんとうの幸せとは、愛情や思いやり、忍耐、寛容、謙虚さなど、
精神的な姿勢から生まれるということです。こうした姿勢こそが、
自分と他人の両方に幸せをもたらしてくれるのです。

他者の幸せを大切にすればするほど
私たち自身の幸せへの意識が深まっていきます
他者に対するあたたかい心と親近感が深まれば、
自然に自分の心も安らいでくる
のです。
どんなに恐れや不安を抱いていても、
この気持ちがそれらを取り除く手助けとなり、
障害に直面したとしても、
それに打ち勝つ力を与えてくれます。
これが人生における究極的な成功の源です
◆「慈悲の心」/ダライ・ラマ法王14世公式サイトひらめき

情けは人のためならず

最後に、わたしがたいへん励みにしている短い祈りを紹介しましょう。
これを頭に浮かべると、わたしはいっそう
他人のためになりたい気持ちにかられるのです。

こういうものになれますように、今も、これからもずっと
保護をもたない人の保護役に
道に迷った人の案内役に
海を渡る人の船に
川を渡る人の橋に
危機に瀕している人の避難所に
明かりをもたない人の松明に
逃げ場をもたない人の隠れ家に
そして、困っているすべての人のしもべに

May I help you?


KIMG1330_4.JPG
(2022.3.26)
KIMG1333_2.JPG

KIMG1335_4.JPG

世界がぜんたい幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない

自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する
この方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか
新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある
正しく強く生きるとは
銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである
われらは世界のまことの幸福を索ねよう
求道すでに道である
宮沢賢治『農民芸術概論綱要』

朝に種を蒔き 夕べに手を休めるな。ひらめき
うまくいくのはあれなのか、これなのか あるいは、
そのいずれもなのかあなたは知らないからである。
コヘレトの言葉(11:6)/旧約聖書(日本聖書協会・共同訳)


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

Thank you very much. この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント