CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
賢治の心 受け継ぎて [2021年11月26日(Fri)]
続いて、花巻駅の駐車場に車を預けて街の中をぶらり散策

まずは、駅から「虔十公園林」の碑がある桜台小学校へ
途中、未来都市銀河地球鉄道の壁画の前を通るも、
日中で白い輪郭しか見えない(夜になると幻想の世界になるらしい)

KIMG0611_2.JPG
宮沢賢治『虔十公園林』より――
「伐らなぃ」虔十が顔をあげて少し怖そうに云いました。
その唇はいまにも泣き出しそうにひきつっていました。
実にこれが虔十の一生の間の
たった一つの人に対する逆らいの言だったのです。
(…)
「その虔十という人は少し足りないと私らは思っていたのです。
いつでもはあはあ笑っている人でした。
毎日丁度この辺に立って私らの遊ぶのを見ていたのです。
この杉もみんなその人が植えたのだそうです。
ああ全くたれがかしこくたれが賢くないかはわかりません。
ただどこまでも十力の作用は不思議です

ここはもういつまでも子供たちの美しい公園地です。
どうでしょう。ここに虔十公園林と名をつけて
いつまでもこの通り保存するようにしては」
(…)
虔十のうちの人たちはほんとうによろこんで泣きました。
全く全くこの公園林の杉の黒い立派な緑、
さわやかな匂、夏のすずしい陰、月光色の芝生が
これから何千人の人たちに
本当のさいわいが何だかを教えるか数えられませんでした。
そして林は虔十の居た時の通り
雨が降ってはすき徹る冷たい雫をみじかい草にポタリポタリと落し
お日さまが輝いては新らしい奇麗な空気をさわやかにはき出すのでした。

いしずえ固く みなともに
賢治の心 受け継ぎて
正しく直くあたたかく

学びの窓に希望あれ
KIMG0612_2.JPG
桜台小学校校歌

タイミングよく、週末運行の「SL銀河」が花巻駅に向かったので見送る。
もしかしてSLの後方に写っている林が「虔十」が植えた林か?
KIMG0620_2.JPG
主役の蒸気機関車は「最後尾で逆走」です。
汽笛一声花巻駅を出発し、
釜石線を走る雄姿を見送りたいところですが、
今回は先があるのでまたの機会に...
(SL銀河について2023年春で運行終了が発表されました)

汽車の逆行は希求の同時な相反性
こんなさびしい幻想から
わたくしははやく浮びあがらなければならない
「青森挽歌」/宮沢賢治『春と修羅』

KIMG0623_2.JPG(求康堂跡)

KIMG0631_2.JPG
(宮沢賢治生家)

KIMG0637_2.JPG
街なかの各所に空き地多し

世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ないひらめき
宮沢賢治『農民芸術概論綱要』


P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

IMG-9307.jpg
「日々是好日」

いつかはゴールに達するというような歩き方ではだめだ。
一歩一歩がゴールであり、
一歩が一歩としての価値をもたなくてはならない。
(坂村真民さんが好きなゲーテの言葉)

松下幸之助『思うまま』より――
「歩一歩の歩み」
人生においてはカメのような、歩一歩のあゆみが大切だと思う。
速度を多少速めるのはよいが、二歩三歩いっぺんに飛ぼうとすれば
往々にして失敗することにもなろう。
P1010032.JPG旧豊郷小学校足跡

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

Thank you very much. この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント