CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
ありがとう、まっちゃん!(東京パラ2020) [2021年08月30日(Mon)]
熱戦が続く東京パラリンピック2020、
昨日(8/29)の武道館の「柔道100キロ級」に
われらがまっちゃん、松本義和さん(59)が出場されました。

本来なら、武道館で応援するのを楽しみにしていましたが、
諸事情あって無観客での開催となり、
NHKのネット配信によるライブ観戦で応援です。

あらためて、世界レベルの高さを知る一方で、
年齢差も半端ないのにB1(全盲)で世界と戦う超人まっちゃん、
その凄さを知りました。
コロナで試合もできず、練習環境もままならなかったのに、
最後の最後まで見事に頑張り抜いて、
さすが、まっちゃん、われらが誇りですぴかぴか(新しい)


というわけで、私にとって東京パラ2020は昨日で終わりましたが、
終わりがあれば始まりあり。
そう、あれは3年前、2018年3月の篠山マラソン。
関門不通過で失格のお粗末な結果に、
会場をさっさと立ち去ろうと駐車場からクルマを出そうとしたら、
レースを完走したまっちゃんのガイドのムックさんから電話があり、
「宮さん、どこにいるの?」
「今からクルマで帰るところ」
「一緒に帰ろうよ、バス停で待っているから」ということで、
篠山から大阪まで一緒に戻って私の自宅に車を置いて、
千里中央の王将で打ち上げ(私だけ反省会)。

その席で、まっちゃんの東京パラ挑戦が話題になり、
東京パラの出場権を勝ち取るための条件とか、
東京パラを目指すためのスポンサー探しやサポートの話題になりました。

あれから3年半か、物語には始まりがあれば終わりあり、
そして続きがあっていいかも。
あれから3年なら、これから3年ということで2024年はパリですぴかぴか(新しい)

本人は終わったばかりで先のことを考える余裕ないやろし、
そして、今回出場するだけでもどれだけ大変やったか分かっているのに
勝手なことを言わんといてとまた叱られるやろなぁと案じていたら、
いやいや、すでに答えは出ていました。

本日15時27分に配信された時事通信の記事によると、
大会前には「次のパリで全盲だけのクラスができたら」と
62歳での挑戦に意欲を見せていた松本選手。
試合後「先のことは明日から考える」といたずらっぽく笑った。

よっしゃ!
パリに向かって、まっちゃんの挑戦、これからもみんなで応援です。
matsumoto_2020.jpg
―― 去年の8月30日、本来なら武道館で試合のあった日に、
武道館から場所を変えて開催した「まっちゃんを応援する会」の
エンディングで使用したスライドショーの表紙

力を尽くして戦い終えた後のまっちゃんの笑顔はいつも最高で、
昨日も素晴らしい最高の笑顔を見せてくれました。
ありがとう、まっちゃん。われらが誇りですぴかぴか(新しい)

去年の応援する会で用意した寄せ書き用の日の丸も、マジックインキも、
まっさらのままで、次の出番を楽しみに大切に箱に入れて保管です。

1630272647707.jpg
今朝も、朝ランの締めに千里の氏神様にお参りすると、
拝殿に置かれている言葉が福沢諭吉に変わっていました。
今日も生涯の一日なり

勝手な解釈ですが、その言葉の説くところは
「日に新た」や「一期一会」「日々是好日」などと同じく、
今日という一日は二度と来ないのだから、
先のことをとやかく言わんと、
今日一日をしっかり気張って精一杯生き抜き、
「今日を生涯で最高の一日にする」ということでしょう。

そしてお賽銭にポケットから取り出した1円玉を見ると
「昭和37年」
私の生まれ年より5年遅いから59年前です。ということは、
59歳のまっちゃんの生まれ年か。(^.^)
神さまお導きのありがたきご縁に感謝し、お供えして合掌。

P1010817.JPG
足るを知る「吾唯足知」/龍安寺

IMG-9307.jpg
「日々是好日」

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

Thank you very much. この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント