CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
朝夕、油断することなかれ [2021年08月19日(Thu)]
かつて山登りをしていた頃、
「山の事故は下山の時に多い」と教えられました。
体力的に弱っていることもあるでしょうが、
それ以上に、安心感から気が緩んで緊張感や集中力が欠けることに
問題があるのでしょう。

このことは山登りに限る話ではなく、たとえば経営や商売でも、
危機的状況の真っ只中より、むしろ危機を脱した後とか、
目標を目指して頑張っている時より、目標を達成した後とか、
気が緩んだり、慢心した時の方が危ないものです。
その意味で、失敗は成功の基というより「成功は失敗の基」です。

高名の木登りといひしをのこ、
人を掟てて、高き木に登せて梢を切らせしに、
いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、
降るるときに、軒たけばかりになりて
「過ちすな。心して降りよ」と言葉をかけはべりしを、
「かばかりになりては、飛び降るとも降りなん。いかにかく言ふぞ」
と申しはべりしかば、
「そのことに候ふ。
 目くるめき、枝危ふきほどは、己が恐れはべれば申さず。
 過ちは、やすき所になりて、必ずつかまつることに候ふ」と言ふ。
あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。
鞠も、難きところを蹴いだして後、
やすく思へば、必ず落つとはべるやらん。
――『徒然草』第109段

油断大敵、一瞬の気の緩みが事故のもとです。

金銀は儲けがたくて減りやすし。
朝夕、十露盤に油断する事なかれ
井原西鶴『日本永代蔵』

各地でコロナ感染者が過去最多を更新し、
「試算を超える感染拡大」が続いています。

コロナは避けがたくてうつり易し。
重症化しても手当してもらえず。
朝夕、コロナに油断することなかれ


P1010050.JPG
旧豊郷小学校/近江商人発祥の地
P1010027.JPG
「慢心」「油断」は禁物爆弾
s-P1010038.jpg

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

Thank you very much. この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント