CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
これでは死骸も同然だ [2021年05月28日(Fri)]
レッドスーパームーンの天体ショー(5/26)から一日が過ぎても、
月は変わらずそこにある
「月々に月見る月は多けれど 今見る月はここのこの月」詠み人知らず
IMG-9463.jpg
夜明け前の4時半、自宅マンションのベランダから

「われらはここ 死の領域(さかい)にあり」
道を異(こと)にする人々は このことわりを知らず
このことわりを知る人々にこそ かくていさかいは止まん
「ダンマパダ」6/友松圓諦『法句経』

映画『生きる』より――
これがこの物語の主人公である
しかし 今この男について語るのは退屈なだけだ
なぜなら 彼は時間を潰しているだけだから
彼には生きた時間がない
つまり彼は生きているとは言えないからである
(…)
駄目だ これでは話にならない
これでは死骸も同然だ
いや 実際この男は20年ほど前から死んでしまったのである
IMG-9461.jpg

「もう… 遅い」
「いや 遅くはない」「いや 無理じゃない
「あすこでも やればできる ただやる気になれば
「 わしにも何かできる わしにも何か…」
 ♪ ハッピーバースデー アワ・グッドフレンド
 ♪ ハッピーバースデー トゥ・ユー

映画『生きる』予告編/YouTubeムービー


いのちとは時間であること。
その時間に限りがあること。
その事実を知っている人間だけが
いのちの使いかたを自分で考え、変えることができます
日野原重明『与命』

「浜までは 海女も蓑着る 時雨かな」滝瓢水

――「どうせ濡れる」「いずれ死ぬ」、だからどうする?

My third story is about death.
When I was 17, I read a quote that went something like:
"If you live each day as if it was your last,
someday you'll most certainly be right
."
It made an impression on me, and since then, for the past 33 years,
I have looked in the mirror every morning and asked myself:
"If today were the last day of my life,
would I want to do what I am about to do today?
"
And whenever the answer has been "No" for too many days in a row,
I know I need to change something.
3つ目の話は死についてです。
私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、
その通りになる」という言葉にどこかで出合ったのです。
それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、
私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。
もし今日が最後の日だとしても、
今からやろうとしていたことをするだろうか」と。
「違う」という答えが何日も続くようなら、
ちょっと生き方を見直せということです。
Steve Jobs ”Stay Hungry. Stay Foolish” June 12, 2005

毎日死を心に当てることは、
毎日生を心に当てることと、いわば同じことだ
ということを「葉隠」は主張している。
われわれはきょう死ぬと思って仕事をするとき
その仕事が急にいきいきとした光を放ち出すのを認めざるをえない。
現代に生きる「葉隠」/三島由紀夫『葉隠入門』

P1030315.jpg
生死事大、光陰可惜、無常迅速、慎勿放逸

人間としての存在や人生の充実ということに関して言えば、
老いにつけ若きにつけ、
今、自分がおのれの命といかにかかわり
どのような姿勢で生きているかを問い続けるか否かが問題なのであり、
言い換えれば、毎日毎日が人生の一大事の連続なのであろう。
大西良慶、平櫛田中『人間ざかりは百五歳』

足るを知る「吾唯足知」/龍安寺
P1010817.JPG

松下幸之助のもっとも基本的で、潜在的にもっとも力強い思想は、
生涯にわたって学び続ける根源に関するものである。
重要なことは、確かな習慣と、その習慣を支える理想なのだ
彼は繰り返し人々に説いた。
謙虚な心と開かれた心を持てば
人はどんな経験からも、どんな年齢でも学べると。
人間的な大きな理想を抱けば、成功も失敗も克服し、
そのどちらからも学び、成長し続けることができると。
彼の驚異的な人生は、これらの主張の力強い証明にほかならない。
ジョン・P・コッター『限りなき魂の成長
s-img454.jpg

人生とは、ひとことで言えば習慣です
習慣とは繰り返すことにほかなりませんから、
強い意志をもって臨めば、
やがて習い性となって大いに人生の助けとなります。
それは、生活に限らず、生きかた、目標のもちかた、
仕事への向かいかた、言葉の使いかたから、ふるまいまで、
行為のすべてです。その意味で、
私の人生は、まさしく習慣のたまものです。
日野原重明『与命』

行動を繰り返すと、それは習慣になります。
毎日の仕事や生活の中で、こうしてみようかな、と思ったり、
あのときこうすればよかったのではないか、と気がついたりすることが
だれにでもあるでしょう。
気づいたら、どんな小さなことでも、それをそのままにしておかない
よくないと思った悪い癖はやめる
いいと思ったことは続けてみて、それを習慣にしてしまう
毎日が「思いついたらすぐ実行」の積み重ねというわけです。
やろうと思うだけでは、やらないことと同じです。行動こそが勝負です。
日野原重明『いのちの使いかた』

IMG-9307.jpg
「日々是好日」


mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント