CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
リボーン、日々是好日 [2021年04月18日(Sun)]
先々週の日曜日(4/4)の朝に放送のNHK「目撃!にっぽん」は、
お好み焼きチェーン店 千房さんの改革の取り組みでした。

コロナ禍の厳しい状況でも社員やアルバイトの雇用を守ると決意。
されど、現実問題として、店の来客は低調で売上は厳しい。
その現実を目の当たりにして店長や店のスタッフも不安に思うが、
今まで創業者のトップダウンで動いてきた幹部社員たちは
厳しい状況の打開策を自分の頭で考えられない。
考えを求めてもその考えに深さがなく、
逆に、創業者のような強いトップダウンを求める始末。

危機が迫る中で、従来とは違う展開で生き残りをかけることになり、
その店の責任者に選ばれたのが入社2年目の社員。
(彼が責任者に抜擢された理由もこの番組「リボーン」の肝かも)
新たな展開の店を任された店長やスタッフは懸命に努力。
その結果、オープン初日の売上は40万円を越えて目標の倍で、
そこそこの店の一番稼ぎ時の正月の売上に相当するレベル。
一方、曽根崎の店は閑散として売上は通常の1割から2割。
逆に、新店の方はその後も売上は順調。
結果の数字の「差」より、
店で働く人の表情や語る言葉の「違い」がとても印象的でした。

憂事に直面しても、
これを恐れてはならない。しりごみしてはならない。
「心配またよし」である。
心配や憂いは新しくものを考え出す一つの転機ではないか、
そう思い直して、正々堂々とこれと取り組む
力をしぼる。知恵をしぼる。するとそこから必ず、
思いもかけぬ新しいものが生み出されてくるのである。
新しい道がひらけてくるのである。
まことに不思議なことだが、この不思議さがあればこそ、
人の世の味わいは限りもなく深いといえよう。
「心配またよし」/松下幸之助『道をひらく』

松下幸之助『道をひらく』より――
「心を通わす」
古人曰く、人生はあざなえる縄の如し
まことにこの世の中、長い人の歩みのなかには、
よいこともあればわるいこともある。
うれしいこともあれば悲しいこともある。
そして、よいと思ったことが実はわるくて、
わるいと思ったことが実はよくて

つまりはあれこれと思いまどうことは何もなくて
はじめから素直に謙虚に歩んでおればそれでよかったと
人の知恵の浅はかさに、いまさらのように胸打たれることがしばしばある

はじめからしまいまで徹底的にわるいということもなければ、
また徹底的によいということもないのである。
それでもなお人は、わるいと思うときには自分で自分の心を閉ざし、
よいと思うときにはまたおごりの心で人をへだてる。
心を閉ざし、人をへだて、心と心とが通い合わぬ姿からは、
おたがいに協力も助け合いも生まれてはこない

心ひらかぬ孤独の人びとばかりになるであろう。

有為転変のこの世の中、よいときにもわるいときにも、
いかなるときにも素直に謙虚に、おたがいに心を通わし
思いを相通じて、協力し合っていきたいものである。。

Good or bad, hard to say.
人間万事塞翁が馬

朝に種を蒔き
夕べに手を休めるな

うまくいくのはあれなのか、これなのか
あるいは、そのいずれもなのか

あなたは知らないからである。
コヘレトの言葉 11:6/日本聖書協会『共同訳 旧約聖書』

20160430-5.jpg
「円窓」東福寺の塔頭、芬陀院(雪舟寺)2016.4.30
――「円相」

「日々是好日」ぴかぴか(新しい)
20160416-3.jpg
―― ありのままに毎日をしっかり生きれば、すべて良い日
「好」とは、美しい、良い、好ましい、正しいという意味があります。
晴れの日も雨の日もあるように、人生には楽しい日も辛い日もあります。
しかし、毎日がその日しかない貴重な一日です。
どんな日も「好日」という想いで日々過ごしたいものです。
全てのことがらに執着しない人の境地といえます。
雲門文偃は、中国禅宗の代表的な五家七宗のうちの一つ、雲門宗の開祖です。
「日々是好日」はこの雲門の言葉で、『碧巌録』という書物にも載っています。
修行僧たちに向かい「これまでの修行については問わない。
これからどのような心境で修行をするのか?」と尋ねました。
これに対して黙ってしまった修行僧たちに、
雲門自ら「日々是好日」と答えたのです。

毎日が新しく、毎日が門出である。
日々是新なれば、すなわち日々是好日
素直で謙虚で
しかも創意に富む人は
毎日が明るく、毎日が元気
さあ、みんな元気で、新しい日々を迎えよう。
「日々是新」/松下幸之助『道をひらく』
img38.jpg
毎日が新しく、毎日が門出、毎日が誕生日ひらめき
Every day is a new beginning.

My third story is about death.
When I was 17, I read a quote that went something like:
"If you live each day as if it was your last,
someday you'll most certainly be right.
"
It made an impression on me, and since then, for the past 33 years,
I have looked in the mirror every morning and asked myself:
"If today were the last day of my life,
would I want to do what I am about to do today?
"
And whenever the answer has been "No" for too many days in a row,
I know I need to change something.
Remembering that I'll be dead soon is the most important tool
I've ever encountered to help me make the big choices in life.
Because(…)
Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.(…)
3つ目の話はについてです。
私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、
その通りになる
」という言葉にどこかで出合ったのです。
それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、
私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。
もし今日が最後の日だとしても、
今からやろうとしていたことをするだろうか
」と。
「違う」という答えが何日も続くようなら、
ちょっと生き方を見直せということです。
自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つのです。
なぜなら(…)
あなた方の時間は限られています
だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。(…)
Steve Jobs ”Stay Hungry. Stay Foolish” June 12, 2005

夢のない人間は、死せる人間である。
大志を抱き、夢をもたなければ、人間、生きる価値はない。
しかし、夢を見て現実を忘れるようなことがあってはならない
やはりその日の仕事を大事にしていこうではないか
あすはあすの風が吹く
きょうを大事にしようではないか
松下幸之助『松翁論語』

You can't connect the dots looking forward;
you can only connect them looking backwards
.
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something ― your gut, destiny, life, karma, whatever.
This approach has never let me down,
and it has made all the difference in my life.
将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなど
できません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです

だから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかで
つながって実を結ぶと信じるしかない
。運命、カルマ…、
何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。
私はこのやり方で後悔したことはありません。
むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。
Steve Jobs ”Stay Hungry. Stay Foolish” June 12, 2005

足るを知る「吾唯足知」(龍安寺 2013/11)
P1010817.JPG

不安や焦り、あるいは恐れにとらわれて
自分を見失ってはいないか
一発逆転の妙手妙策ばかりを追いかけて
いまここでなすべきことをおろそかにしてはいないか
困難にあればこそなお勇気をもって、
なすべきことをなすべきときにきっちりとなしていく。
そのたゆみない歩みこそが、
着実に成果を高め、成功にいたる道ではないか

松下幸之助 日々のことば「道をひらく」

西村惠信『坐る ― 白隠禅師坐禅和讃を読む』より――
因果一如の門ひらけ、無二無三の道直し
無相の相を相として、行くも帰るも余所ならず。
意訳しますと、次のようになるでしょうか。
すべては原因をもって存在しているという事実に気がつき、
ただひとすじの道が真っ直ぐに通っていることが分かる。
形なき形こそ真の自己だと分かってみれば、
世界中の隅々まですべて我が家なのだ。

とかく、わたくしどもは、結果を求めることばかり焦って
脚下がお留守になり、今日のつとめを怠りがちでありますが、
そこに失敗の原因があります
その日その日のつとめを堅実に果たしてゆけば
未来の成功はおのずから席をあけて待っておるのであります。
「太閤さんの心がけ」/山田無文『白隠禅師坐禅和讃講話』


食べて飲み、労苦の内に幸せを見いだす。
これ以外に人に幸せはない

それもまた、神の手から与えられるものと分かった。
コヘレトの言葉 2:24/日本聖書協会『共同訳 旧約聖書』
IMG-9219.jpg
咲くも無心
散るも無心
花は嘆かず
今を生きる

「今を生きる」坂村真民

人生においてはカメのような、歩一歩のあゆみが大切だと思う。
速度を多少速めるのはよいが、
二歩三歩いっぺんに飛ぼうとすれば往々にして失敗することにもなろう。
「歩一歩の歩み」/松下幸之助『思うまま』
P1010032.JPG
旧豊郷小学校足跡

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント