CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
決してくりかえしではない [2021年03月01日(Mon)]
今日から3月ぴかぴか(新しい)
昨日(2/28)はオンライン開催の篠山マラソンで長居公園の周回コース、
目標としていたフル完走は果たせませんでしたが、
次の目標に向かって取り組むべき課題が明確になり、収穫の多い一日でした。

5周14キロを3セット(セットごとに羊羹でリフレッシュ)、
最後までイーブンペースの走りを目指してスタート。
走り込めていない現状に、走る前はキロ6分半のイーブンの予定でしたが、
走り出した時の気温は6.6度、そして身体も軽かったので
キロ6分ペースで走ることにし、結果、1セット目は1時間22分28秒。

トイレ休憩と羊羹でリフレッシュして2セット目スタート、
身体もマインドもきつくなかったのですが、
集中力が途切れだすとペースも乱れだし、
それでもペース練習のランナーに抜かれると追走を試みるなど、
足の痛みもなく呼吸も上がっていなかったのですが、
集中力が切れた状態で根性で頑張って走り続けても意味ないと判断し、
最後の1セット「遠慮のかたまり」を残して終了。

2個目の羊羹を食べながら自分の走りを振り返っていると、
ほどなくブラインドランナーのKさんが戻ってこられて
7周19.6キロを走ったのでハーフまで行くと言われ、
私もお付き合いで30キロを目指して昨日は30.2キロでゴールです。
154765718_821765431708294_5984709057746903921_o.jpg
ハーフを走り切った達成感で大満足のKさん、ガイドのEさんと三人で
私のクツは税込980円のワークマンの軽量ランシュー

昨日、多くの方から「やせたね」とお声がけいただきましたが、
この写真を見ても、身体がずいぶん絞られた感じです。
体重は60キロ台前半で止まっているのですが、
お腹のぽっこりとか脇腹の余分なお肉とかが消えてきたかな。

こんな性分ですから筋トレとか試みても続かず、
在宅ワークの息抜きに、フロントブリッジを1分するのと
ドローイングを心がけるだけですが、
やはり何といっても、一人で走るのと違って伴走練習では
しんどくなっても下を向いて走るわけにいかないのがいいのかも。
体幹が鍛えられ、お腹周りの余分なお肉が落ちているのでしょうか、
ありがたい限りです。

身体のキレもよくなり、呼吸も上らないで30キロの壁は感じず、
実際には30キロで止めてしまいましたが、
集中力も本番になれば途切れることないから問題なし。
次なる目標は9月19日、200日後の「丹後ウルトラ」です。

制限時間ギリギリの完走で最後まであきらめない自分をほめるのは卒業して、
余裕ある走りでゴールを果たしたいもの。
そのためには限られた時間の中で練習の質を高めること、
そして身体のケアをしっかり行うことが肝要。
ようやく、「走り」の身体ができた感じで、
師匠から授かった秘伝の走りの極意を生かす「時が来た」かな。

今日から3月
IMG-9119.jpg

松下幸之助『続・道をひらく』より――
「春がきた」
春がきた。夏がきて秋がきて、冬がきてまた春がきた。
同じことのくりかえしのようにも見えるけれど、
樹々は一まわり大きくなった。それぞれに、それだけ生長している。
決して同じではない。くりかえしではない
山にのぼる道が、ぐるりぐるりと山をまわっている。
東に行ったら西に行って、また同じ東の景が見えてきて、
同じところをぐるぐる回っているように思えるけれど、
ぐるりとまわったら、一段も二段も高くなっている。
決して同じ道のくりかえしではない
毎日が同じことのくりかえしのように思えることがある。しかし、
きのうよりはきょうの方が、それだけの体験を深め、
それだけ賢くなっているのである。
人生には、日とともに高まりはあっても、くりかえしはない
世界の動きが、また同じくりかえしのように見えることがある。しかし
決してくりかえしではない。さまざまの歴史の体験を経て、
人類は一段一段、賢くなっているのである。
くりかえしと思ったとき、進歩への道をみずから閉ざす
くりかえしはないのである。

何事でも感謝の心を持つことが大切だということだと思います。
感謝の心を持てば、それはいろいろな形になって自分に返ってきます。
その自分に返ってくることを期待して
感謝の心を持つというのではいけませんが、
自分の置かれた立場なり他人からの恩恵なりに素直に感謝できる人、
言いかえれば喜びを知る人というのは、非常にしあわせな人だと思います

これは、商売に限らず、私たちの人生すべての面にもあてはまる、
人間としての大事な基本と言えるのではないでしょうか。
松下幸之助『縁、この不思議なるもの』

人生においてはカメのような、歩一歩のあゆみが大切だと思う。
速度を多少速めるのはよいが、
二歩三歩いっぺんに飛ぼうとすれば往々にして失敗することにもなろう。
「歩一歩の歩み」/松下幸之助『思うまま』
P1010032.JPG
旧豊郷小学校足跡

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント