CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
今を生きる [2020年11月20日(Fri)]
明日(11/21)は、私にとって今シーズンの初戦、
昨年暮れの加古川マラソン以来11カ月ぶりのフルです。
篠山が中止になり、丹後ウルトラも中止で走る目標を見失っていましたが、
このままでは1月生まれの私にとって63歳の公式記録が残せない……
そんな危機感から、準備不足は承知で急遽エントリー。9月末のことでした。

コロナ感染が再び急拡大する中ですが、予定通り開催されるとのこと。
どんなことがあってもゴールして記録を残すのみです。
レース後に振り返りをすると言い訳テンコ盛りが見え見えなので、
以下、走る前に振り返りです。

6月末で監査法人を退職して独立30周年になるのを機に、
長年借りていた事務所を仕舞い、自宅に移しました。
その絶妙なタイミングに、
伴走練習会でご縁をいただいたブラインドランナーのNさんからご連絡いただき、
早朝の伴走練習が始まりました。

もし、その時に声をかけていただいていなかったら、
おそらく、たまにゆるゆる走って満足し、気づいたら太って走れない、
そんな悪循環に陥っていたでしょう。
在宅ワークで走る時間はたっぷりあるのに不思議な話ですが、
自分に甘くなって自らを律せないと、そんなものかもしれません。

早朝の伴走練習、初回は6月27日の土曜日でした。
久しぶりのランにたっぷり汗をかき、身体はへとへでしたが、
気分は清々しかったです。
そして翌日曜日は、業者の方に来ていただいて事務所のもろもろ撤去し、
新たなステージが始まりました。

早朝の伴走練習は初回で終わらずにその後も続いて、
2時間たっぷり走って汗をかき、家に戻ってシャワーを浴びて朝ご飯を食べ、
9時から仕事と、在宅ワークの生活にリズムができました。

それだけでもありがたいのに余禄あり。
一つには、走力のない私がエネルギー切れで集中力が欠けだすと、
ブラインドランナーのNさんは色々と話しかけてくださり、
それが私の知的好奇心を刺激して元気は復活するし、
仕事の面でも多くの気づきをいただきました。
―― その気づきがビジネスになるかは今後の私の努力次第です。

もう一つの余禄は、ランや身体に対する意識や行動の変化。
たとえば、ギリシャヨーグルト。

早朝からの伴走練習を終えて家に帰る途中、
まるで部活を終えた中高生のように、
コンビニに立ち寄ってお茶とパンを買っていたのですが、
ある日、以前に読んだ文藝春秋6月号に
「筋肉は裏切らない」でお馴染みの谷本先生の記事があったのを思い出し、
あらためて読み直すと、谷本先生がギリシャヨーグルトをおススメ。

それからは、早朝練習の後のコンビニお立ち寄りは、
プレーンタイプのギリシャヨーグルトがお目当てに変わり、
そして今までなら出張先でコンビニに立ち寄ると
缶ビールと柿の種が定番だったのが、
先日の北海道出張ではギリシャヨーグルトに変わり、
身体にもお財布にもやさしくなりました。

変われば変わるもので、ギリシャヨーグルトだけでなく、
記事の本題の谷本先生ご指導「2分間ストレッチ」も
朝ランに出かける前に続いています。
裏切られるほどの筋肉はまだありませんが、
以前ならレース本番前のカーボローディングで太っていたのが、
今回は食べても体重にさほど変化なく、太りにくい体質になっているのかも。

そんなこんなで、在宅ワークの生活にリズムができ、
仕事のヒントも得られて、身体と心が変わって体質は改善。
早朝の伴走練習は、私にとって一粒で二度おいしいどころか、三度おいしいぴかぴか(新しい)
これで結果が出れば、四度おいしいぴかぴか(新しい)ということで、
明日はめでたく完走を果たして63歳の公式記録を残し、
ボージョレ・ヌーヴォーで乾杯です。めでたし、めでたし。

人間は何度も何度もこの世の中に生まれてくることはできない。
人間がこの世の中に生まれてくるのはただ一度です。
たまたま人間として生まれてきた、
この大切な一生を、
何の願も立てずに空しく過ごしてしまうということは、
まことに勿体ないことである。
高い願を立て、その願を成就しようと努力してゆく、
そこにこの世に生きて行くはげみがある
のです。

願に生きる。そこに生き甲斐があるのです。
願成就ということのために、自分の身心を投げ入れる。
この場合、その願が人類永遠の福祉のためのものであれば
願が成就する、せぬはすでに問題でなく、その願に生きて行くところに、
永遠の生命を感得することができる
のです。
澤木興道『禅談』

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!
今を生きる ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで

P1030081.jpg
やなせたかしさんを訪ねて(高知・香美)/2014.10.14

いつかはゴールに達するというような歩き方ではだめだ
一歩一歩がゴールであり、
一歩が一歩としての「価値」をもたなくてはならない

――坂村真民さんが好きなゲーテの言葉――

いまだに昨日のスローガン、約束、問題意識が論議を支配し、
視野を狭めている。それらが、
今日の問題解決を阻む最大の障害となっている

ドラッカー『新しい現実』

私の今年の一文字は「革」
2020革.jpg
◆私の今年の一文字「革」/2020.1.3

大切な一生である。尊い人生である。今からでも決しておそくはない
おたがいに心を新たにして、
真剣勝負のつもりで、日々にのぞみたいものである。
「真剣勝負」/松下幸之助『道をひらく』

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント