CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
ここにないものを想う [2020年11月17日(Tue)]
NHK逆転人生、昨夜(11/16)の放送も色々と考えさせられて良かったですが、
その後に放送の『ストーリーズ』も見入ってしまいました。
◆彼女が水着に着替えた理由/ストーリーズ/NHK

こちらは、10月に夕方のニュース番組で報じられた時のブログですが、
◆彼女が水着に着替えた理由 オストメイト医師の挑戦/NHK
昨夜の番組では、この番組を見た女の子やご家族との交流も報じられて、
色々と深く考えさせられました。

私自身、人工肛門やオストメイトについて言葉では知っていましたし、
多機能トイレのオストメイトのマークにも気づいていましたが、
実のところは何も知らず、知ろうともしていませんでした。

もしかすると、医師である彼女自身も、
ご自身が当事者になって初めて気づいたのかもしれません。
人工肛門を製造して販売している会社の社員たちも、
そして医療従事者たちも、透明が当たり前で、
それで何ら不都合ないと思い込んで、
当事者や家族たちのツラい思いに気づかないのでしょう。
―― 他人事ではないと反省です。

ここにあるものを手がかりにここにないものを想う
この力が、たとえばまだないもの、もうないものへの心のたなびきとして、
希望や祈りを、想い出や咎(とが)の意識、あるいは後悔を、
かたちづくってきた。他人への悲惨や困窮への思いやりを、
あるいはなにがしかの義に身を捧ぐという態度を、かたちづくってきた。
鷲田清一『想像のレッスン』

ジョージ・バーナード・ショーはこう言って人生の生き方を要約したのです。
多くの人は現実を見て「なぜ?」とだけ言う。
私は決して存在しないことを夢見て、そして言うのです
――「なぜそうならないのか?
You see things ; and you say, 'Why?'
But I dream things that never were ; and I say, 'Why not?'

ジョン・F・ケネディ/アイルランド滞在中の演説で
土田宏『ケネディ ―「神話」と実像』

クレイトン・クリステンセン『セグメンテーションという悪弊』より――
マーケティングの泰斗として名高い、
ハーバード・ビジネススクール名誉教授、セオドア・レビットは
消費者は4分の1インチ径のドリルを買いたいのではない。
 彼らが欲しいのは4分の1インチの穴だ
」と学生たちに教えたものだ。
(…)
いみじくもセオドア・レビットが言っているように、
顧客は何らかの「ジョブ」を処理する必要があるだけなのだ。
そこで、ジョブを処理する必要に気づくと、
簡単に言えば、商品を「雇い」、
自分の代わりにそのジョブに当たらせるのだ。
したがって、マーケターの役割は
顧客の実生活において、自社の商品が雇われる可能性
つまり、どのような「ジョブ」が発生するかを理解することに他ならない
マーケターがそのジョブを理解し、
それを肩代わりする商品、それに関連する購入体験や仕様体験を設計し、
意図した使用目的を補強する商品を作ることができれば、
そのジョブを処理する必要性に気づいた顧客は、
お金を支払ってもその商品を雇う。
(…)
言い換えると、購入される商品を開発したいと願うマーケターにとって、
分析に欠かせない基本単位は「顧客」ではなく、「ジョブ」なのだ。

顧客が欲しいのが、ドリルでなく、穴だとしても、
穴なら何でもいいわけではない(自戒)

私にとっての哲学は、
人の心を大切にする、ということに尽きるようだ。
現代は何ごとも事務的に、機械的に処理される風潮が強くなった。
そういう中にあって、心と心を通わせるてだてがますます貴重になる
人の心を知るための哲学は必要とされてくるのである。
経営者もそうであるが、すべての人が、哲学者でなくても、
哲学を使いながら生きる人になってもらいたい
「哲学を使いながら生きる」/本田宗一郎『やりたいことをやれ』

病気で障害のあるお子さんのインナーを商品開発する
女性リーダーの言葉(11/10『ガイアの夜明け』)
お母さんの立場で介護を楽にしてあげたい
手軽に買い替えられる値段ではないので、
そういう価格は私たち(ユニクロ)にしかできないとすごく感じて、
子供の成長に合わせて買い替えられる価格を考えた」
◆正常であれば、必ず成長する/2020.11.11

いまだに昨日のスローガン、約束、問題意識が論議を支配し、
視野を狭めている。それらが、
今日の問題解決を阻む最大の障害となっている

ドラッカー『新しい現実』

私の今年の一文字は「革」
2020革.jpg
◆私の今年の一文字「革」/2020.1.3

大切な一生である。尊い人生である。今からでも決しておそくはない
おたがいに心を新たにして、
真剣勝負のつもりで、日々にのぞみたいものである。
「真剣勝負」/松下幸之助『道をひらく』

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント